ピクシブ百科事典

長谷川圭一

はせがわけいいち

長谷川圭一とは、日本の脚本家である。
目次[非表示]

概要

1962年2月1日生まれ、静岡県熱海市出身の脚本家。座右の銘は「諦めるな!」
日本大学卒業後、助監督・装飾小道具として働いた後ウルトラマンティガ第22話「霧が来る」で脚本家デビュー。それ以来円谷プロ作品を中心に特撮作品を中心に脚本を手がける。

ハードかつシリアスな作風を得意とし、「光と闇」「正義感の暴走」「復讐」といったテーマや女性がらみのエピソードを執筆することが多い。怪獣怪人の出現理由を、人間の悪さ、心の闇、怨念が生んだという設定にすることもある。
登場人物の心情を丁寧に追っていく事にも定評があるものの、所謂「ご都合主義」展開を嫌っており、ストーリーに説得力を持たせるため主人公に何かしらの欠点を与える事で完全無欠の超人にはせず、悩み苦しみながらの成長物語にすることが多い。

ウルトラマンダイナではハッピーエンドともバッドエンドとも取れない最終回を執筆したり、ウルトラマンネクサスでは主人公に(やりすぎとクレームが出るレベルで)過酷な試練を与える構成にしたりと賛否両論を招いた。

伏線の回収能力に長けており、ウルトラマンティガでは別のライターが書いた話と自分が書いた話の要素を組み合わせて後日談を作ったり、ウルトラマンネクサスでは放送期間短縮があったにも関わらず物語の構成を組み替えつつ、四話使う予定だった最終章を一話に纏めながら全ての謎を説明しきった。

映画監督小中和哉と組んだ作品が多く、『ぼくが処刑される未来』では長谷川氏が行き詰ったという理由で小中監督が呼ばれたという逸話もある。
最近は三条陸がメインライターを務める作品への参加という形でコンビを組むことが多く、公私共に仲が良い。
またガイキングLODで脚本を書いた井上敏樹とは出会ってすぐ仲良くなったという。

参加作品

アニメ

デビルマンレディー』-1998年
THEビッグオー』-1999年
ゾイド-ZOIDS-』-1999年
ゾイド新世紀/0』-2001年
奇鋼仙女ロウラン』-2002年
ロックマンエグゼ』-2002年
アストロボーイ・鉄腕アトム』-2003年(メインライターとして参加、メインディレクターは小中監督)
火の鳥』-2004年
ガイキングLOD』-2005年
ゲゲゲの鬼太郎』-2007年(26話までのメインライター)
神撃のバハムートGENESIS』-2014年(シリーズ構成兼任のメインライター)

特撮

ウルトラマンティガ』-1996年-1997年
ウルトラマンダイナ』-1997年-1998年(メインライターとして参加、メインディレクターは小中監督)
ウルトラマンガイア』-1998年-1999年
ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ光の星の戦士たち』-1998年(小中監督)
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア超時空の大決戦』-1999年(小中監督)
劇場版ウルトラマンティガTHE FINAL ODYSSEY』-2001年
ウルトラマンコスモス』-2001年-2002年(劇場版三作の内二作品も担当)
ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃-2001年
ウルトラマンネクサス』-2004年-2005年(シリーズ構成兼任のメインライターとして参加、メインディレクターは小中監督)
ULTRAMAN』-2004年(小中監督)
ウルトラマンメビウス』-2006年-2007年
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』-2006年(小中監督)
ULTRASEVENX』-2007年(担当回の監督は小中監督)
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』-2007年
大決戦!超ウルトラ8兄弟』-2007年
『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY』-2008年
仮面ライダーW』-2009年-2010年(メインライターは三条陸)
仮面ライダーフォーゼ』-2011年-2012年(三条陸と共に参加)
ウルトラマンサーガ』-2012年
ウルトラマンギンガ』-2013年(シリーズ構成)
仮面ライダードライブ』-2014年-2015年(メインライターは三条陸)
仮面ライダーゴースト』-2015年-2016年(メインライターは福田卓郎)

その他実写ドラマ

『マジすか学園3』-2012年
『ぼくが処刑される未来』-2012年(小中監督)

外部リンク

ツイッター

関連項目

脚本家 人間ナメたらアカンでー!! 平成ウルトラマン 平成ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「長谷川圭一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2318

コメント