ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鹿島田浩

かしまだひろし

鹿島田浩とは『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』に登場する本作の登場人物。
目次 [非表示]

演:佐藤雄太

概要編集

『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』に登場する本作の登場人物。


人物編集

常に腰巾着の中原耕平、小杉亘を引き連れて常に上から目線かつネチネチと言いたてては他人の物を横取りしていく典型的なジャイアンとスネ夫の悪いところを凝縮したタイプの小学4年生で、今作のトラブルメーカー。将来の夢は「日本一のモデラーになること」

新星勉をいじめのターゲットにしており、彼の母同様「ウルトラ」を卒業するよう催促しているほか、勉が赤い球の力で高山我夢を呼び出した際には激しい口調で攻め立てるなど、どこか勉を憎んでいるかのような描写もある。

実は耕平と亘には内緒にしているが、実は彼自身も『ウルトラマンガイア』の、特に怪獣の大ファンであり、赤い球の力でサタンビゾーを呼び出した際には、名前がすぐに思い出せなかった勉とは違い、身長体重、能力などをスラスラと言ってのけた。

勉をいじめるのは自分の怪獣好きを周囲に理解されないのに「ウルトラ」好きを大っぴらにしていることへの嫉妬という実にしょうもない理由から。

サタンビゾーが倒された後、どさくさに紛れて赤い球を盗み出し、学校の図工室で「さらに強い怪獣」を呼び出すべく粘土を使って怪獣の雛型を作り、さらに耕平と亘のバジリススキューラのコンセプトを取り入れ、キングオブモンスを作り出すが、同時に赤い球に操られてしまいキングオブモンスを現実世界に呼び出す。

勉の捨て身のタックルで赤い球から手を離したことで洗脳が解け、キングオブモンスのクレイメイトビームが直撃したことで崩壊した校舎の宙吊りになってしまうが、諦めかけていた勉に声援を送り、勉が光を願うきっかけとなった。



超時空のアドベンチャー編集

超時空のアドベンチャー」では夢をかなえてモデラーとなり、東京にあるガレキメーカー「宇宙堂」に就職し地元を離れている。

同じ会社のライバルにして親友だった久地俊介を救えなかったことに後悔を抱いている。

との関係は良好になっており、とリサの結婚式のスピーチを任せられるほど。



余談編集

名前の由来は神奈川県川崎市にあるJR鹿島田駅から。


演者の佐藤雄太は前作『ウルトラマンダイナ』にもナルチス星人によって頭がよくなってしまった不良少年を演じている。

関連記事

親記事

超時空の大決戦 ちょうじくうのだいけっせん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました