ピクシブ百科事典

赤い球

あかいたま

劇場映画「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」に登場するアイテム。
目次[非表示]

「望みが、叶う」
「何でも、願えばいい」
「願えばすべて、現え実になる」
CV:山口ナナ来宮良子

概要

超時空の大決戦の事件の発端となったアイテム。
ウルトラマンガイアがテレビ番組として放送されているパラレルワールドに暮らしている少年、新星勉のクラスに謎の転校生七瀬リサが転校してきた日に、彼が遊び場にしている廃工場の中に出現。勉の願いを受け、高山我夢を召喚した。

外見は小さくて綺麗な水晶玉のような形で、手にしたものの願いを叶えることが出来る。だが一度実体化させたものを消すことは出来ない。願いを叶えていくうちに形がどんどん大きくなっていき、最終的にはが生えたいびつな形になってしまう。

当初は勉が持っていたが、いじめっ子の鹿島田浩に奪われ怪獣キングオブモンスを誕生させてしまう。

正体

※以下ネタバレ

















































その正体は、新星勉の世界とも高山我夢の世界とも異なる別のパラレルワールドで生み出された存在。別名、人の作り出した究極のマシン
「物質文明の最終到達地点」の名のもとに、「心に思い描いたものを全て現実のものとする」という目的で制作され、自身もそのために作られたことを自覚している。
だがそれと同時に、人々の果てしない欲望の結果多くの世界を滅ぼしてしまった事に罪悪感を感じており、「自分は作られるべき存在ではなかった」とも語っている。

人間の欲望を内部に蓄積し、エネルギーにするという特質を持っており、人間を負の感情で支配することで操ってしまう(劇中を見るに、手にした者の願いを叶える手段として、『破壊衝動』を増大させているようにも見える)。登場した当初はエネルギーの蓄積が少なかったため我夢もすぐに消えてしまったが、浩や勉の友人である平間優の欲望を吸収する事で世界を滅びへと進めていく。

「無限の増殖」と呼ばれる現象を発生させることで勉の世界を滅ぼそうとしたが、最後まで諦めない勉の願いを受けてウルトラマンティガウルトラマンダイナが登場。怪獣軍団を倒し勉の世界を救った。
赤い球本体は七瀬リサ(正式に言うと彼女の姿をした少女)のインターフェースで、球の消滅は彼女の消滅を意味する。しかし彼女自身が消滅することを願ったため、勉の「球よ、消えろ!!」という叫びと共に消滅した。(勉が最初に球の消滅を決意したときは青い色になった)

後日、赤い球とは無関係な普通の人間としての七瀬リサが勉のクラスに転校してきた。

関連タグ

ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
コウガネ…人工的に作り出されて、物語が始まる前には別の世界を滅ぼしてしまったという点では似ている。ただし、彼の場合は赤い球とは違い罪悪感は持っていない。


































『超時空の大決戦』から20年後の世界を描く小説『超時空のアドベンチャー』では何と赤い球にスペアが存在していた事が発覚した。
今回は八光ミユと言う新たなインターフェイスを用意し、「超時空の大決戦」の世界へやってきた。
実は赤い球を作った科学者は、赤い球の消滅という「間違った願い」をするものが現れることを想定し、念のために製作していた。(皮肉なことにその赤い球を生み出した世界も赤い球で生み出された怪獣によって滅ぼされた)

オリジナルの赤い球はスペアが存在している事は知らないが、スペアはオリジナルの知識と経験を記録したまま眠りについており、オリジナルが消滅してから20年後に起動し、オリジナルが消滅した世界に転送されるようプログラムされていた。
しかし当初は新星勉の世界と限りなく近い別の世界へと送り込まれてしまい、その世界を滅ぼしてから改めてやってきた。

また新たに発覚した特性が二つあり、一つは持ち主の欲望をどんどん肥大化させ最終的には怪獣として出現させる事。持ち主が怪獣に興味がなかったとしても最終的には怪獣が出現する事になる。事実映画でも怪獣に興味がない勉の友人、平間優がスキューラとバジリスを出現させている。
二つ目は一度叶えた願いを取り消すことはできないが、持ち主が死亡すると願いはキャンセルとなり怪獣は消滅。そして球が消える時にその世界で球が発生させた事象と記憶は全てリセットされる。
このリセットに巻き込まれないのは赤い球と接触した人間のみとなる。

コメント