2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

超時空のアドベンチャー

ちょうじくうのあどべんちゃー

『ティガ・ダイナ&ウルトラマンガイア 超時空のアドベンチャー』とは、「ウルトラマンガイア」を題材にした小説。
目次[非表示]

概要

2018年11月30日講談社キャラクター文庫から発売した『ウルトラマンガイア』を題材にした小説。著者は長谷川圭一
ウルトラマンフェスティバルで行われた、ガイア20周年記念イベントで告知された続編小説となる。

劇場映画『超時空の大決戦』の続編となる。
前作が元々がウルトラシリーズがフィクションの作品とされている世界を題材にしていることもあり、ある種のメタ要素も強い作品となっている。

あらすじ

大人になった勉たちは、平和な日々を送っていた。
ある日偶然にも勉、優、浩、耕平、亘の5人は同じ夢を見た。それは、「赤い球の復活によって再び世界崩壊の危機が来る!」というものだった。
世界が滅びる?赤い球はすでに消滅した筈では?もしかしてあの怪獣が……?
不安の中で勉は叫んだ。「我夢、この世界を守って!」

登場人物(本作オリジナルのみ記載)

『超時空の大決戦』の世界において、1998~99年に『ウルトラマンガイア』の主人公高山我夢を演じていた俳優。しかしヒーローとしてのイメージが定着したことで仕事に恵まれず、ガイアを重荷に感じるようになってしまう。

かつて鹿島田浩と同じガレキメーカー「宇宙堂」で働いていたデザイナー。しかしとある一件で仕事をやめ、行方不明になってしまう。
浩同様怪獣好きだが、その愛は歪んだもの。

  • 八光ミユ
教師となった七瀬リサのクラスに転校してきた謎の少女。クラスの男子が騒ぐほどの美少女だが、リサ曰く古いホラー映画の少年を連想するほど不気味な雰囲気を持つ。
なぜか両親と連絡が取れない。

  • クレア・ガートランド、サミュエル・ガートランド
我夢が世界を去ってから世界各地で誕生した天才児たちの組織を支援する「ガートランド財団」の兄妹。平間優の仕事仲間で、優の話を信じた同志たちとあるものを作っている

登場怪獣

カイザーギラレス13世
デーモンギラレス14世

ウルトラマンガイアより
最強合体獣キングオブモンス
超空間波動怪獣サイコメザード

ウルトラマンダイナより
超合成獣ネオジオモス
宇宙海獣レイキュバス

ウルトラマンティガより
宇宙魔人チャリジャ
超古代怪獣ガルラ
超古代尖兵怪獣ゾイガー※言及のみ
愛憎戦士カミーラ

ウルトラマンコスモスより
精神寄生獣カオスジラーク

ウルトラマンネクサスより
フィンディッシュタイプビーストノスフェル

余談

『ガイア』の小説は、放送当時『ウルトラマンガイア超人伝説』というタイトルで発売が告知されていたが、結局発売されず今作が最初の小説作品となった。

なお、ウルトラマンダイナのタイプチェンジは一度の変身では3タイプ全てに変身できないという設定があるが、本作では3タイプ全てにチェンジしている。設定を忘れていた可能性も否定できないが、長谷川氏はダイナのメインライターであるため、あえてお祭り作品のノリで設定を無視した可能性も考えられる。

何気にチャリジャの出自が明かされているが、原作のチャリジャ登場回は長谷川氏の担当ではない(「ウルトラの星」の担当は上原正三氏)。

作品冒頭で、勉たちの住む街が神奈川県藤沢市であることが判明した。藤沢市はアスカ・シン役のつるの剛士氏が観光親善大使を務めているほか、モロボシ・ダン役の森次晃嗣氏が経営するカフェテリアがあるなど、ウルトラシリーズとは縁が深い。


関連項目

ウルトラマンティガ ウルトラマンダイナ ウルトラマンガイア

関連記事

親記事

超時空の大決戦 ちょうじくうのだいけっせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5597

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました