ピクシブ百科事典

超時空のアドベンチャー

ちょうじくうのあどべんちゃー

『ティガ・ダイナ&ウルトラマンガイア 超時空のアドベンチャー』とは、「ウルトラマンガイア」を題材にした小説。

概要

2018年11月30日講談社キャラクター文庫から発売した『ウルトラマンガイア』を題材にした小説。著者は長谷川圭一
ウルトラマンフェスティバルで行われた、ガイア20周年記念イベントで告知された続編小説になると思われる。

劇場映画『超時空の大決戦』の続編となる。
前作が元々がウルトラシリーズがフィクションの作品とされている世界を題材にしていることもあり、ある種のメタ要素も強い作品となっている。

あらすじ

大人になった勉たちは、平和な日々を送っていた。
ある日偶然にも勉、優、浩、耕平、亘の5人は同じ夢を見た。それは、「赤い球の復活によって再び世界崩壊の危機が来る!」というものだった。
世界が滅びる?赤い球はすでに消滅した筈では?もしかしてあの怪獣が……?
不安の中で勉は叫んだ。「我夢、この世界を守って!」

コメント