ピクシブ百科事典

メザード

めざーど

メザードとは、ウルトラマンガイアに複数登場した怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長66m
体重3万3千t
別名超空間波動怪獣
出身地超空間

概要

第4話「天空の我夢」に登場。
超空間、つまり異次元に住んでいる怪獣。
量子飛躍の理論によって、一匹でも複数の場所に存在することができる。
プライマルメザードと呼ばれる白いクラゲのような姿で登場し、高層ビルを特殊な振動で粒子化してお台場を瞬く間に砂漠に変えた。外敵を察知すると、クラゲの傘のてっぺんから発射する時空波弾や触手からの電撃で対抗する。人間の思考精神に興味を持っているらしく、お台場を襲撃したときは多くの人間の頭の中を覗いていた。最終的には地球全体を砂漠化することが目的だったらしい。
XIGファイターEXのパイロットウェーブとファイターSGのミサイルを浴びて実体化し、口を使用した噛みつき攻撃も披露した。
お台場の臨海副都心ウルトラマンガイアと戦い、フォトンエッジを浴びて炎上した。(着ぐるみは本当に燃えてしまったため頭を後述のサイコメザードに流用した)


超空間波動怪獣サイコメザード

超空間波動怪獣 サイコメザード


身長66m
体重3万6千t
第13話「マリオネットの夜」に登場。
以前出現したメザードの同族で、今度は2足歩行の怪獣となった。
山梨県にある城岩温泉町上空に潜伏し、電話回線を通じて人々を洗脳して支配下に置く実験をしていた。1ヶ月前にもアメリカリゾート地に出現し、人々を暴れさせて閉鎖に追い込んだという。
人々を操っている時は笑っているかのように目をゆがめ、操っている人間を盾にするなど卑怯な戦法でガイアを苦戦させた。
唯一洗脳を免れたたかし少年と、取材にやってきたKCBクルーを操っている人々に襲わせるが、再びEXのパイロットウェーブとサイドワインダーを受けて実体化した。
最期はウルトラマンアグルのフォトンクラッシャーによって粉砕され、それによって人々の洗脳も解けた。

超空間波動怪獣サイコメザードⅡ

超空間波動怪獣 サイコメザードⅡ


第19話「迷宮のリリア」に登場。
身長体重はサイコメザードと同じ。サイコメザードとの違いは腹部に第二の顔面があること。
胸のシナプスを刺激して幻覚を見せる幻覚誘発粒子を放出することによって人間を操ることができる。
XIGの基地であるエリアルベース上空のワームホールから幻覚誘発粒子をばらまいて、オペレーターの佐々木敦子に接触。都市部の交通網を襲撃しながら彼女が幼いころに大切にしていた人形「リリア」の幻覚を見せて彼女を異空間に引きずり込もうとした。
世界中を大混乱に陥れ、最終的には人間の精神世界を現実化することが目的だったと思われる。
夜の遊園地でガイアと戦い、両手からの電撃でガイアを苦しめるが敦子にかけられていた粒子で見せられていたリリアの幻覚が、彼女の姉である律子の発言によって架空の記憶であることを思い出したため、その影響が解放されたことによって一気に弱体化した所をクァンタムストリームを受けて炎上、大爆発した。

リリア

敦子の前に現れた少女で、彼女が幼いころに無くしてしまった人形をモデルとしている。
その実体は敦子の悲しみで、病気で遠足運動会に参加できなかった悔しさが生み出した存在である。

超空間波動怪獣クインメザード

超空間波動怪獣 クインメザード


身長66m
体重3万9千t
第37話「悪夢の第四楽章」に登場。
メザードの最終形態。
形態はサイコメザードに似ているが、複眼を持つ頭部と状の腕を持ち、腹部だけでなく背後の襟巻にも人の顔のようなものが浮かび上がっており、さらにそこから4本の触手が生えている。
以前サイコメザードが使用した手口を利用し、電波回線でKCBの本社ビルと本社の人間を軒並み支配下に置いた。
藤宮博也を再び破滅招来体の手駒とするべく、稲森京子の姿に変身して彼の手で吉井玲子を殺害するように差し向けたが失敗。KCB本社ビルの上空のワームホール内に作り上げた超空間の中で正体を現し、駆けつけたガイアと対決する。
触手から電撃を放ち、幻影を作り出すことによって幻影ウルトラマンアグルを生み出しガイアを苦戦に追い込む。
だが、XIGの特殊弾によって超空間の構成を乱されて怯んだところをガイアのリキデイターを受けて爆死した。(この時のリキデイターのエフェクトは微妙に違った)

幻影ウルトラマンアグル

身長50m
体重4万6千t

クインメザードが超空間の中で誕生させた、ウルトラマンアグル実体ある幻影。外見はアグルV1に似ている。
アグルと同じ能力を持っており、本家にも劣らない実力でガイアを苦戦させたがXIGファイターが超空間に打ち込んだ特殊弾(本編中では語られていないが以前稲森博士が開発した怪獣をコントロールする装置パーセルだったという)のエネルギーを浴びて消滅した。

余談

  • メザード登場回の脚本を担当した長谷川圭一は、波動生命体の存在を『根源的破滅招来体諜報部門』と位置づけることで、『身近に存在していながら理解する事ができない恐怖感』を表現したとのこと。
  • 操演では自然な動きが出せないという理由で、第4話における波動生命体の撮影は水中で行われたという。
  • 第17話の初期稿では、メザード系怪獣の登場が予定されていた。
  • 第19話に登場したサイコメザードⅡに関しては、長谷川によると「脚本執筆時点ではメザード系怪獣の予定ではなかった」という。
  • クインメザードや幻影ウルトラマンアグルが登場する第37話は、長谷川によれば、当初は「波動生命体が世界中に出現し、それがきっかけで暴動が起きる」というストーリーを考えていたものの、規模的に撮影が困難になると考え、舞台をKCBに絞ったとのこと。


関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラマンアグル 根源的破滅招来体 クラゲ ホラー

pixivに投稿された作品 pixivで「メザード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3214

コメント