ピクシブ百科事典

プライマルメザード

ぷらいまるめざーど

プライマルメザードとは、メザード一族の別位相空間時に存在する際の初期の形態。
目次[非表示]

データ

『ウルトラマンガイア』第4、13、19、37話登場

別名身長体重出身地
波動生命体計測不能計測不能空間の狭間

概要

超空間波動怪獣メザード一族の第一形態ともいえる半透明クラゲのような姿の根源的破滅招来体の一種である異次元生命体。

その姿を肉眼で確認することは出来るが、存在する空間が異なり、更に存在そのものが量子で構成された“波”のような生命体である為、プライマルメザードからは干渉できても人間側からはプライマルメザードに干渉することは出来ない。
要するにプライマルメザードは人間に攻撃出来ても人間はプライマルメザードを攻撃することが出来ないという非常に厄介な特徴を持つ。

振動によって物体を崩壊させることができ、人間に興味を持ち人々のの中を片っ端から覗いていた。

また、13話で登場した個体は『ファイターEX』の『エンタシア砲』を高速飛行して回避するという芸当を身に付けていた。

高い知性を持っているようで、最初はただ暴れるだけの存在であったが、後の個体は電話回線を通して人間を操ろうとしたり、幻覚を見せて支配下におこうとしたり、最終的には人間同士を同士討ちさせて滅ぼそうとしたりと段々とその手段も悪辣かつ巧妙化して行き、最終形態であるクインメザードに実体化した個体は人間態の姿に擬態できるどころか、言葉まで話せるようにまでなっていた。

なお、各個体が斃されていくたびに実体化した際の姿が禍々しくなり、それに伴って前回倒された個体よりも強力になっていっている事から、スペースビーストたちと同じく何だかの方法を用いて仲間同士で情報を共有しあって進化していっていた可能性があるが詳細は不明。

関連項目

ウルトラマンガイア メザード クラゲ 根源的破滅招来体 スペースビースト

コメント