ピクシブ百科事典

ゾグ

ぞぐ

ゾグとは特撮番組「ウルトラマンガイア」のラスボスである。
目次[非表示]

概要

特撮テレビドラマ『ウルトラマンガイア』第49話「天使降臨」、第50話「地球の叫び」、第51話「地球はウルトラマンの星」に登場する最後の敵であり、ラスボス
巨大な純白の女神の姿をしており、ガイアとアグルの2人がかりでもまるで相手にならないほどの実力を持つ。地球の怪獣たちからエネルギーを分けてもらった2人の合体攻撃によりようやく倒された。

しかし、実はゾグは根源的破滅招来体という団体の中では最強の存在ではない。根源的破滅招来体自体が実態不明の組織であり、その立ち位置は判明していない。
一応、彼女の進撃失敗と共にここからガクゾム出現までの間の活動は停止しているので、相応の戦力ないし地位を担うことは想像できるが、ガタノゾーアダークザギエンペラ星人などのような絶対的な君主などではないのである。
故に、根源的破滅将来体の恐怖は、まだ終わっていないのである。

根源破滅天使ゾグ第1形態

降臨—根源破滅天使 ゾグ


身長127m
体重9万t
武器波動弾、念力光線
最初の姿。地球全土をドビシとカイザードビシで攻撃、TV回線以外の通信回線をダウンさせて、さらに自らがカイザードビシを駆逐すると共に2人のウルトラマンのエネルギーを回復させるという自作自演で人類を信頼させ、エネルギーが万全な状態のウルトラマンを自らが倒す姿を見せつけることで自らの強さをアピール、全面降伏を迫る。

ウルトラマン(注:地球全土を焦土に変えるディグローブ自爆に耐えられるような連中)を簡単に倒し、光を完全に吸収するが、アルケミスターズのキャサリン・ライアンの閃きで怪獣たちのエネルギーを推進システムであるリパルサーリフトによる照射の元気玉方式で分けてもらった高山我夢藤宮博也不死鳥のように復活、見事ゾグを退ける。
だが……。

根源破滅天使ゾグ第2形態

根源破滅天使 ゾグ


身長666m
体重66万t
武器体当たり、波動球
ウルトラマン2人の攻撃を受け、露わになった最終形態にしてゾグの真の姿。グリフォンに似た姿をした4本の脚と強靭な両腕を持つ化け物。その大きさは50数mのウルトラマンが虫か豆粒のようにしか見えないほど。
武器は口や両手から放つ波動球とのような巨体による体当たり。動き回るだけで大地を揺らし、街を粉砕し、ウルトラマンを軽く弾き、高層ビルすら踏み潰してしまう。

ガイアとアグルのダブルライダーキックじみた飛び蹴りでを破壊されるも、その圧倒的な巨体と、口や両手から放つ波動球でガイアとアグルを苦戦させる。
しかし苦戦するガイアとアグルを援護するために現れたミズノエノリュウに攻撃を仕掛けられ、波動球で応戦。共に戦う「仲間」であるミズノエノリュウを攻撃され奮起したガイアとアグルの猛攻によってに風穴を開けられ、それに怒って翼を広げて突進するも、最期はフォトンストリームとアグルストリームの合体技「ストリーム・エクスブロージョン」を首の穴に撃ち込まれ爆発四散した。

スパークドールズ劇場

Web版に第2形態が登場。
サンダーダランビアケムール人ブラックキングに挨拶をするも、「どう見ても天使に見えない外見」とツッコまれてしまう。
第1形態のスパークドールズが存在していれば……。

ウルトラマンジード

ゾグ自身は登場しないが、怪獣カプセルの1つにゾグ第2形態のカプセルが存在しており、ファイブキングのカプセルと融合させることで、ベリアル融合獣キメラベロスへとフュージョンライズする。劇中では、ウルトラマンベリアルが直接使用していた。

なお、カプセルをライザーでリードした際には、律儀にも「ゾグ第2形態!!」と形態名までアナウンスしてくれる(ただし、リードした際に発せられる鳴き声は何故か第1形態のものである)。

余談

第2形態の体重となっている、666の数字は聖書においては獣の数字として扱われている。

脚本では降臨してすぐに攻撃を行うという流れだったが、佐川和夫の提案によりガイアとアグルが味方と誤認するような展開が加えられた。

関連項目

ウルトラ怪獣 ウルトラマンガイア 根源的破滅招来体 キメラベロス
ラスボス 天使
白い悪魔
ワルプルギスの夜 - 魔法少女まどか☆マギカに登場する魔女。こちらも巨大な女性の姿をした、物語のラスボス的存在である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23509

コメント