ピクシブ百科事典

チャリジャ

ちゃりじゃ

チャリジャとは。『ウルトラマンティガ』に登場する“怪獣バイヤー”の宇宙魔人の名称である。
目次[非表示]

「やや!あれはウルトラマン‼懐かしいなぁ~」

データ

登場作品『ウルトラマンティガ』
第49話「ウルトラの星」登場

別名身長体重出身地CV,人間態
宇宙魔人2m 120kg不明町田剛

概要

“怪獣バイヤー”を生業としている異次元から地球へとやって来た謎の怪人。

宇宙魔人  チャリジャ (人間体?)


普段は白塗りのチャップリンのような風貌の太っちょ紳士の姿で活動している。

劇中でウルトラマンを「懐かしい」と称していることから面識があり、動揺した素振りが無い所を見ると顔馴染である模様。そのことから手に入れた怪獣を使って様々な悪さをしていると思われるが詳細は不明であるが、後述の小説版からある程度素性は判明している(後述の次元を渡り歩く能力や先述の発言から、このウルトラマンはマルチバースをパトロールしていたM78スペースのウルトラマンとも解釈できる。実際に小説版でもいく先々でウルトラ戦士にコテンパンにされている事がわかっている)。

常にタイムトラベル装置が入ったカバンを持ち歩いており、手品が得意で花を出して子供たちを喜ばせたりすることもある(情報収集の為だが……)。
物質等化能力を使って壁から顔だけを出して屋内の様子を確かめたりすることが出来る。蝙蝠傘を使って空中を飛行し、手から青い破壊光弾を発射して敵を攻撃することも可能。スチールでは奇妙な形の杖を持っているが、恐らくコウモリ傘が変化したものだろう。

また、後述の小説版では時間旅行だけでなく、パラレルワールドを行き来する能力がある事が判明している。彼曰く、カラスやイルカといった動物が知的生命体に進化した世界、恐竜が絶滅しなかった世界に足を運んだこともあるというが、人間が支配権を握っている世界は格別に好きらしく、自然の摂理を超えて繁殖しては独特な文化や感性で潰し合うところが気に入っているという。彼の見識ではどの世界でも「ウルトラマン」の生みの親は円谷英二監督らしい。チャリジャはテレビ番組の「ウルトラマン」と実際に存在する「ウルトラマン」との関係性に着目し、我々がウルトラシリーズを視聴する事が、怪獣やウルトラマンの実在を証明する条件であるという仮説に辿り着いている…と完全にメタ領域に突っ込んだ存在となっている。コミカルながら怪獣を暴れさせるといった悪辣さや、登場した回がやたらメタ要素満載だったのも納得である(上記の理論をわからない人の為にわかりやすく説明すると…「現実世界で新作のウルトラマンが製作・放送される」「我々がそれを視聴=存在するものとして認識する」「その物語と全く同じ出来事が起こった並行世界が誕生する」というわけで、ウルトラマンのいない世界を舞台にした作品すらも例外では無い…という話である)。
この他、数々の次元や時代を渡り歩いただけはあり、怪獣だけでなく防衛チームウルトラヒーローに対しても造詣が深く、特にM78スペースやネオフロンティアスペースの怪獣に詳しい。一方でそれ以降の平成ウルトラマンに関しては若干知識が怪しい所があるが、概要はほぼ完璧に抑えてある。

活躍

ヤナカーギーと逸れて困りヤナカーギーを探しに地球に出現。

情報収集の為に公園で遊んでいた子供たちに近付いて上記の手品を披露し、手品で出した花と怪獣のぬいぐるみを交換しようとするがあっさり断られる(ぬいぐるみなんてどうしようと考えたんだろう?)。

途方に暮れているとその代わりとして子供たちから「怪獣の事なら円谷プロを作った円谷英二に聞けば分かる」と教えてもらったため、円谷プロに直行。
円谷プロの受付で「怪獣を買いたいのだが、何処へ行けば円谷英二に会えるのか?」と聞いた所、今度は「本物の円谷英二に会いたいなら1965年の円谷プロに行くしかない」と言われたために、タイムトラベル装置を使って“本当に1965年までタイムスリップ”していった(ある意味物凄いバイタリティーである)。

その後、密かに1965年の『円谷プロ』に潜入して『ウルトラQ』の後番組作りを行っているスタッフたちの様子を探ってた際、円谷英二氏が金城哲夫氏に怪獣を湖に沈めたというウルトラマンと名乗る宇宙人と出会った」と盗み聞ぎして情報を掴み、意気揚々と『竜ヶ森湖』へと赴き、ウルトラマンに封じられていたヤナカーギーを解き放ち、暴れさせる。

結局ご自慢のヤナカーギーはウルトラマンティガとウルトラマンのタッグの前に敗れ去ってしまうものの、気を取り直してウルトラマンへの再戦を決意。彼に向かって「ウルトラマン、また会おう!」と再戦の宣戦布告を告げると煙と共に何処かへと去って行くのだった。  

怪獣バイヤーとは無論、怪獣を買う人という意味でもあるのだが、チャリジャの場合、怪獣を捕獲して怪獣を売りさばいているらしい。

ウルトラヒーローバトル劇場2010

久方ぶりに登場。クライアントであるベリアルの要請でレイネオバトルナイザーをあの手この手を使って手に入れようとする。レイにびっくり箱を仕掛けてレイの一番なりたくない姿であるレイモン(バーストモード)…それもキャラ崩壊が天元突破したギャグキャラに変化させ、まんまとネオバトルナイザーを入手する事に成功するが、自宅から漂う多量のマイナスエネルギーを感知して訪問して来たウルトラマン80ガルベロスゴルザを差し向けて逃走する。
続く第二部では幻覚を見せる空間にレイやウルトラマンゼロを閉じ込め、にせウルトラセブンダークロプスゼロメカゴモラを使って彼らの精神を疲弊させようとしたが、ウルトラマンナイスには通じず、バトルナイザーを奪い返され、置き土産とばかりにゼットンを残して撤退した。
クライアントのベリアルを含め、怪獣軍団はウルトラヒーローによって撃破された。

怪獣以外にもたまごっち少年ジャンプなど気に入ったものはなんでも収集しているらしい。

超時空のアドベンチャー

小説『ティガ ダイナ&ウルトラマンガイア 超時空のアドベンチャー』ではその後も様々な世界を渡り歩き怪獣を捕獲している事が発覚した。
滅亡を向かえたある世界に立ち寄った際に異質な怪獣を捕獲した事で赤い球の存在を知り、球を手に入れるべくネオフロンティアスペース、ガイアの宇宙、コスモススペース、ネクサスの宇宙を渡り歩き、それぞれの宇宙からガルラネオジオモスサイコメザードカオスジラークノスフェルを捕獲。超時空の大決戦の地球に出現すると赤い球を手に入れるためにカイザーギラレス13世を倒した直後のウルトラマンガイアに怪獣たちを差し向け危機に陥れるが、時空を越えた新星勉が連れてきたティガとウルトラマンダイナGUTSスーパーGUTSによって怪獣は全滅。残存細胞とカイザーギラレス13世の死体を融合させてデーモンギラレス14世を生み出した。
デーモンギラレス14世がガイアたちに倒されるといつか必ず赤い球を手に入れる事を宣言して消えていった。


余談

名前の由来は、俳優の「チャーリー・チャップリン」から。

デザインは脚本の上原正三の要望によりケムール人がイメージされている。また、デザインソースはピエロだが、派手な色味だとそのまんまになるため、色味を少し抑えている。

チャリジャを演じた町田は『ウルトラセブン』第16話で子役としてゲスト出演しており、本編第9話や次々回『ウルトラマンガイア』第29話でも別人としてゲスト出演している。

子供たちに近付いて上記の手品を披露したロケ地はお台場である。

関連項目

ヤナカーギー ウルトラマンティガ ケムール人
ティード/クォーツァー:目的は違うが、メタに片足突っ込んでる人達。

関連記事

親記事

ヤナカーギー やなかーぎー

pixivに投稿された作品 pixivで「チャリジャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3381

コメント