ピクシブ百科事典

ヒマラ

ひまら

特撮番組『ウルトラマンダイナ』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

曖昧さ回避


「私は気に入ったものは手に入れることに決めている。つまり……私が美しいと感じたものは、もはや全て私のものなんだ」

概要

別名:怪宇宙人
身長:2~57m
体重:100kg~4万3千t
出身地:不明
CV:青野武


第12話「怪盗ヒマラ」に登場。

人間大時巨大時
怪宇宙人  ヒマラ (等身大)
怪宇宙人  ヒマラ (巨大化)

宇宙を放浪しながら自分の美意識に適ったものを蒐集するのが趣味の怪盗宇宙人。
あくまでも「美しいものを手に入れる」ことが目的であるため、星を侵略したりする気は一切なく、そういった暴力や侵略行為は野蛮だとして嫌悪する怪盗らしい美学を持つ。
地球では狸の置物やモアイ像などを盗んでいたが、最後には夕日に映える街の美しさに惚れ込み街を丸ごと盗み出すことを画策する。

言動や立ち振る舞いはよくある怪盗キャラに準じた優雅かつ紳士的なもので、自らの犯行をあえて誇示する自信家であるところも同じ。
一方で、盗んだ街の中にいる人間たちは「余計なもの」「見苦しい」と断じ、後で宇宙空間に捨ててしまおうとするなど、自分にとって価値のないものには冷酷な一面も見せる。

街を盗む際はわざわざスーパーGUTSに堂々と予告状を送りつけ、受験生が使う暗記用下敷きのような赤いシートを空に放り投げ、街を丸ごと包み込んで縮小させ豪快に盗んでしまう。
その後も同様の手口で次々と各地の街を地区ごと盗み続け、「ヒマラの小箱」という木箱に入れてジオラマとして鑑賞できるようにしていた。

また、パトロール中のアスカ・シンの前に自ら姿を現した際は一目で彼がダイナであることを見抜く洞察眼を見せつけ、悠々とテレポートで翻弄しながら、最後にはアスカも同行していたカリヤ隊員もろとも怪光線によってジオラマの中に閉じ込めてしまうのだった。

……ここまでならば、普通に威厳と優雅さと大胆不敵さを兼ね備えた強敵のように見えるのだが、問題は後半からだった。




「あぁ……美しい」(夕焼けのジオラマを眺めながら)

                                       ハックションッ!!>

「ンギハァァッ!?」ビクゥッ


地球での隠れ家にしていた場所は、専用の宇宙船でも秘密基地でもなく、なんと普通のビルの屋上にある一室
地球に来る時に乗ってきた宇宙船もかなり小さく(しかも子供の玩具みたいな見た目)、普段はビルの給水タンクに偽装させていた。
そこにコソコソと隠れ、ビルの住人に見つからないようこっそり盗品を眺めながら息を潜めていたのである。

一方のアスカとカリヤも、自分たちが木箱の中に閉じ込められていることに気付き内部から車両「ゼレット」のレーザー光線で穴を開け、そのエネルギー反応を本部がキャッチしたことで居場所も特定されてしまった。

その後、隊員たちとの(結構ほのぼのとした)銃撃戦の末、最終的に巨大な幻影を見せて脅かすも、木箱からウルトラマンダイナに変身したアスカが脱出し、そのまま幻影ヒマラの体内に突入。
幻影を抜けた先には地球で奪った様々なものを展示した異空間「ヒマラワールド」があり、そこで本物のヒマラとついに直接対決となった。


だが……彼は弱かった。それはもう弱かった。


言ってしまえば、戦いに有効な能力はテレポートだけ。最初こそテレポートでダイナを翻弄し、得意げに指パッチンをしながら殴りかかってみせたものの、集めた盗品に光線が当たって狼狽したり狸の置物をパンチの盾にされて悶絶。
額から出す怪光線は、カッコつけるためなのか本当に必要なのかは不明だが予備動作が異様に長く隙だらけなせいで顔面に拳骨を食らい、続けて出したヒョロヒョロの電撃光線もあっさりバリアで跳ね返され自分が痺れる始末。

ホントに前半のカリスマはどこ行った。

とどめに最初のお返しとばかりにダイナから指パッチン付きアッパーカットを食らい、ヒマラワールドから飛び出して宇宙船にホールインワン。
ちょうど予定していた脱出時間になったため、そのまま宇宙に去って行った。

このように最初こそ威厳のある悪役に見せかけて、その実ダイナでは恒例のギャグ回担当であった(最後も倒されることなくちゃっかり生き延びている)。
当初の優雅な立ち振る舞いと戦闘時のコミカルな姿のギャップ、本人のマヌケさからいわゆる憎めない悪役として、視聴者からの人気も高い。

ウルトラマンボーイのウルころ

真夜中にウルトラマンダイナに決闘を持ちかけ、砂時計の落ちるまでの間に決着を付けようと目論む。
自らの有利な空間を作り出し、ダイナと互角の戦いを繰り広げるが、タイムリミットが尽きると砂時計を置いてどこかへと去っていった。

ウルトラマンM78劇場 Love & Peace

第2話「ウルトラファンタジア」で登場。夕陽をバックにメトロン星人チャリジャの撮影を行っていたが、シャボン玉に入ったウルトラマンの姿を撮影してしまう。ちなみに3人ともアロハシャツのような服装を着ている。

ウルトラマンフェスティバル1998

本編の個体と恐らく同一存在。今回はチャリジャとつるんでおり、打倒ダイナの為に怪獣を差し向けるも、なかなか上手くいかない。チャリジャに泥棒と言われてキレる辺り、「怪盗」のあり方に独自の美学を持っている事がわかる。
終幕後も生きており、ダイナが最終回間近で自分の出番がない事を嘆いていた。

余談

  • 脚本では、「巨大化してからは強い」という想定であった。
  • 何気に専用BGMも持っていたりする。
  • 声を演じた青野氏はザラブ星人の声とスーツアクターを演じたことでも有名。


関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣
スチール星人ドロボン…元祖盗人系怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒマラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7530

コメント