ピクシブ百科事典

スチール星人

すちーるせいじん

スチール星人とはウルトラマンAに登場する宇宙人の名称である。
目次[非表示]

「パンダを是非とも我々の星へ持って帰りたい」

データ

登場作品『ウルトラマンA
第40話『パンダを返して!』登場

別名:宇宙超人
身長:1.75 ~49
体重:60キログラム ~2万8千トン
出身地:スチール星

※番組のOPクレジットでは宇宙超獣となっているがこれは誤植(宇宙人だし…)
CV/梶哲也/演(人間体)大村千吉

概要

地球人が夢中になっているパンダに興味を持ち、地球から遠く離れた母星から、わざわざ手間暇かけてパンダやパンダの姿形をした商品などを盗み出し、母星へと持ち帰ろうとやって来た(大変ご苦労な)宇宙人(普通に買えばいいだろうとか、とてつもないバカであるとか、わざわざ地球へ何しに来たんだ!?とかなどと突っ込んではいけない…(-_-;))。

人差し指が異常に発達しており、とある倉庫街を根城とし、そこで働く耳の不自由な老人になりすまし周りを欺く一方、時速60キロ以上の驚異的な速度で走る黒マントの男性の姿で、パンダに関連するグッズを盗んだだけではなく、中国動物園から本物のパンダを誘拐し、母星へと密輸しようとしたが、北斗が機転を利かせて正体が発覚したため、巨大化して暴れ回り、力づくで密輸を強行しようとした。

本物のパンダは実際にはと同族であり肉も食えば暴れると怖かったりもするため、この部分だけは評価できなくもない。本物のパンダを盗むためにバカのフリをしていた可能性は…まあないだろうが。

全身は金属よりも固いとされており、腰のベルトからは金属をボロボロにしてしまう腐食性のスチール光線、頭部の3つの突起物から放つ破壊光線や頭部からの℃2万度の高熱火炎攻撃が主な戦力。

最期はメタリウム光線の直撃を受け粉々に粉砕されてしまった。

なお、目的が目的なだけにヤプールや彼らが破れ去った後に登場するヤプールと何だかの繋がりが有ると疑われる宇宙人や地底人(レボール星人オリオン星人ファイヤー星人、アングラモンなど)やヤプール残党とは何も関係ないはず(素材集め担当の手下だった可能性はゼロではないが)なのだが、何故か一部の説によれば、頭部の円型鋸の部分がジャンボキングの素材になったというものがあるそうな…(まぁ、彼の怨念でも利用したんだろう…多分)。

ウルトラマンオーブ

侵略者たちの夢


ウルトラマンオーブ第22話『地図にないカフェ』に写真のみで登場。

カフェブラックスターの常連だったようで、店内のメッセージボードには、「マスターの笑顔にいやされてます(笑)」というメッセージが書かれていた。
この世界でもパンダ捕獲計画を企んでいたかは不明だが、他の宇宙人たちと同様、地球を後にしたと思われる。

人間態は白い服を着た女。このため、『A』に登場した個体とは異なり、女性であったと思われる。

余談

スーツは第1話・第2話で使用された、セパレートタイプのウルトラマンAのスーツを改造したもの。

2014年7月26日に放送された世界ふしぎ発見円谷英二特集の最終問題として登場、レギュラー黒柳徹子氏がパンダ好きという事で出題された。
問題の内容は、『スチール星人が地球から盗みにきたものとは?』というもの。

2016年9月27日に放送された『ウルトラ怪獣散歩』の上野を観光する回に出演した際には、上野動物園でパンダを見ることを楽しみにしていたが、動物が驚いてしまうため撮影許可が下りずがっかりしていた。
また同話で映画『シン・ゴジラ』が話題になった際、出演者の一人である石原さとみの事を「パーフェクトなイングリッシュ」と評していた。

関連項目

ウルトラマンA ジャイアントパンダ

pixivに投稿された作品 pixivで「スチール星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10039

コメント