ピクシブ百科事典

ゾンボーグ

ふたたびくりかえされるにんげんのあやまち

『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

地球の諸君、素敵なお知らせだ。これから人類は、怪獣に怯える必要もなく、光の巨人に媚びる必要もない、最強の肉体を手に入れる

スフィア合成獣に怪獣、そして光の巨人…人類はこいつらにただ怯えるだけの存在だった。私はそれが我慢できない!オオトモ博士の遺志を継いだこの私が!新しい人類の創造主となるのだ ! !

データ

別名超異形進化怪獣
身長61m
体重7万4千t
出現地TPCアステロイドベルト基地「ロックランド」跡地
演者渡祐志(ヤマザキ・ヒロユキ)

概要

第39話「青春の光と影」に登場。

TPCから「エボリュウ細胞」を盗み出すという禁忌を犯したヤマザキ・ヒロユキ(かつてネオザルスやクローン怪獣を製作したマッドサイエンティスト・オオトモ博士の助手にして、元TPC生物工学研究所の研究員だった人物)が、改良に改良を重ねたエボリュウ細胞を自身に投与して変貌を遂げた姿。
ウルトラシリーズに登場する人間怪獣としては初となる、邪な心を持った悪人が変身した存在

伸縮自在の両腕と、口から吐き出す緑色の破壊光線が武器。
更に改良を重ねた結果なのか『ティガ』に登場した同じくエボリュウ細胞から生まれた同族たちと違い、自身の存在に莫大な電気エネルギーを必要としなくなっている他、瞬時に怪獣へと変貌を遂げられるようになっているようだが、人間として自我が残っているかは不明。

ロックランドから地球に向けて、改良エボリュウ細胞を積んだロケットを撃ち込み、人類全てを異形進化怪獣に変えると言う悪魔の所業を目論み、それを阻止しようとするウルトラマンダイナと死闘を展開。

ダイナの放つビームスライサーの連射を光線で全弾相殺し、そのままダメージを与える等善戦するが、最後はソルジェント光線の直撃により爆死。
改良エボリュウ細胞を積んだロケットもミラクルタイプレボリウムウェーブ・アタックバージョンにより異次元の彼方へと追放され、ヤマザキの野望は完全に潰えた。

派生作品での活躍

ウルトラマンフェスティバル1998

チャリジャが保有する怪獣の一体で、モンスアーガーとのコンビでダイナを苦戦させるが、チャリジャの捨てたウルトラマンティガの人形に光が集まってティガが復活。ティガとダイナのダブルキックを受けて倒された。


関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣
クローンダイゲルンゾンボーグ兵:手駒。

アルバート・ウェスカー似たような計画を実行しようとした悪役。
大道克己:規模こそ小さいものの、同じ事をしようとしたテロリスト

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7927

コメント