ピクシブ百科事典

ネオザルス

ねおざるす

特撮番組『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

オオトモ博士「もしもだよ?人間の言うことを素直に聞く巨大怪獣がいたとしたら?人間にとって危険な環境で作業させたり、侵略者を撃退したり……。君たちの任務も少しは楽になるだろう?」

概要

別名:ハイパークローン怪獣
身長:73m
体重:7万5千t
出身地:ザリーナ地帯


第16話「激闘!怪獣島」に登場。

「バミューダ海域以上の危険地帯」と言われるザリーナ地帯の無人島に眠っていた怪獣が、TPC生物工学研究所のオオトモ博士によって密かに捕獲され、様々な怪獣の遺伝子を組み込まれて改造されたもの。オオトモ曰く「最強の怪獣」。

非常に凶暴なため、人間の手でコントロールするためにハネジローの「知的遺伝子」を組み込む予定だったが、組み込む前にアスカ・シンが操るガッツイーグル・α号の攻撃で島に作られた秘密基地が破壊され、その影響で暴れ出したクローンシルバゴンを止めるために起動させられる。
クローンシルバゴンを倒したものの直後に暴走し、オオトモを踏み潰してしまった。

胸からは体温(熱)を感知することでターゲットを追尾する「ホーミングビーム」を発射し、クローンシルバゴンはおろかウルトラマンダイナ・ストロングタイプをも上回る超パワーを持つ。

ダイナとの戦いでもホーミングビームと怪力で優位に立ったが、体温を感知して追跡するという性質を逆手に取られて自分の尻尾にビームを当ててしまい、尻尾を失う。
最後はガルネイトボンバー・シューティングバージョンで体に大穴を開けられ爆死した。

余談

  • ホーミングビームの発射ポーズは、ウルトラマンネクサス・ジュネッスの必殺技の一つであるコアインパルスの発射ポーズと同一。
  • ネオザウルス」と誤記されやすく、実際、第39話でヤマザキ・ヒロユキの来歴が表示された際も誤記されてしまっていた。


関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣
クローンシルバゴンクローンシルドロン:同類。
ゾンボーグクローンダイゲルン:オオトモの遺した負の遺産。

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオザルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6568

コメント