ピクシブ百科事典

レオゴン

れおごん

『帰ってきたウルトラマン』第34話『許されざるいのち』に登場する合性怪獣。
目次[非表示]

概要

  • 身長:50メートル
  • 体重:3万5千トン


郷秀樹の旧友である水野一郎が、どの種類にも属さない生物を作ろうと、αレオン電磁波でトカゲウツボカズラを融合、誕生させた合性怪獣。研究所から脱走し箱根芦ノ湖に姿を現した。
最期はウルトラマンのウルトラブレスレットを受け、背中のウツボカズラと両前足を切断されて沈没、爆発した。

余談

本エピソードの原案を円谷プロダクションに郵送して採用された小林晋一郎は、後に映画『ゴジラvsビオランテ』の原案公募でも採用されている。
シナリオバイオテクノロジーテーマにしている点や、植物と動物の融合怪獣の登場、出現場所も同じ芦ノ湖など、共通する要素も多い。

大怪獣バトル等では「合成怪獣」という肩書だが、正式な肩書きは「合怪獣」である(OPのテロップではこの表記となっている)。脚本では「中性怪獣」と記述されていた。

ウツボカズラ部分の付け根の房はライオンの鬣をイメージしており、レオゴンの名前の由来にもなっている。

関連タグ

帰ってきたウルトラマン ビオランテ

pixivに投稿された作品 pixivで「レオゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49413

コメント