ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キングマイマイ

きんぐまいまい

キングマイマイとは、『帰ってきたウルトラマン』など円谷プロダクション制作の特撮番組に登場する怪獣の名称である。
目次 [非表示]

概要

 二足歩行するオーソドックスな恐竜的スタイルを持ちつつ、昆虫のように脱皮によって大きく形態を変える怪獣。別名「変幻怪獣」


帰ってきたウルトラマン

第32話「落日の決闘」に登場。

幼虫

キングマイマイ幼獣変幻怪獣 キングマイマイ(幼虫)

身長40m
体重1万5,000t

 竜神岳の地底で長い間眠っていたが、度重なる地震によって目覚め、地上に出現した。

 武器は強靭な肉体と尻から噴きだす爆発するガス。要はオナラである。

 硬い皮膚を持ち、MATのミサイルランチャーやバズーカの攻撃を受けてもビクともしなかったものの、跳ね飛ばされた上野隊員の持っていたリュックが右腕に命中し、中の爆薬が爆発、右腕を失ってしまった。


 しかし…

キングマイマイ


成虫

キングマイマイ成獣変幻怪獣 キングマイマイ(成虫)

身長48m
体重2万5,000t

霜月・落日・怪獣

 落日の時、蝶の様に脱皮して成虫になった。翅が生えて空を飛べるようになり、ダメージを受けた腕も元通りに再生した。


 武器は口から吐く強粘性の糸。巨大な複眼は地上から月面に置いた1円玉を観測できる。死んだふりをしてジャックを縛り上げるなど狡猾さも増している。


 反面、肉弾戦は苦手なようで、ウルトラマンジャックに翅も尻尾も折られてしまい、騙し打ちでどうにか糸で雁字搦めにするも簡単に破られ、最期はウルトラブレスレットが変化した爆弾「ブレスレットボム」を飲み込まされて胃の中で起爆され、爆死した。


 キングマイマイが登場する第32話は、「11月の傑作群」の中でも内容、映像共にコミカルな部分や明るいシーンが目立つ内容となっている。


内山まもる版

 第9話「ウルトラマン 夕陽に死す」に登場。TV版の再生ベムスターのポジション。

 ナックル星人の手下としていきなり成虫の姿で出現。坂田次郎が入院していた病院(に見舞いに来ていた郷秀樹)を襲おうとしたが、ジャックのスペシウム光線で瞬殺された。


レッドマン

 第33話において、成虫形態がエレキングの相棒として登場。

 口から弾丸(?)を射出するという本編には見られなかった攻撃方法を見せるが、最終的に敗れ去る。


酩酊!怪獣酒場

 第37話にてモブ客として登場。


余談

 実在生物で「マイマイ」と呼ばれるものは二系統存在する。

 一つは陸生巻貝のいわゆるカタツムリ類、もう一つがドクガの近縁種であるマイマイガで、キングマイマイは後者をモチーフとしている(「幼」・「成」と呼ばれるのはそこに由来)。


 ドクガ科に属しはするが毒性を持つのは孵化直後のみで、しかも余程のアレルギー体質でもない限りは接触による実害は無い。むしろ問題となるのはその食性で、ある調査では300種に上る植物を食害すると言われており、大発生した場合の被害は甚大なものとなる。

 とりあえず作中でどちらの特徴も引き継がれなかったのは幸いと言えるかも知れない…。


 キングマイマイの幼虫の鳴き声が「ウルトラマンタロウ」に登場したバードンの鳴き声によく似ている。


 登場回である第32話「落日の決闘」は、今まで特撮監督や助監督としてシリーズを支えてきた大木淳吉(大木淳)氏の本編監督デビュー作であったので、デザインは既に円谷プロを退社していた池谷仙克氏が、脚本は千束北男氏が提供した。


関連タグ

帰ってきたウルトラマン 帰マン怪獣 ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

11月の傑作群 じゅういちがつのけっさくぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました