ピクシブ百科事典

新恐竜

しんきょうりゅう

『新恐竜』とは、思弁的生物の図鑑及び、そこで紹介される生物。厳密には本の中で翼竜とか首長龍とかアンモナイトもいるけど。
目次[非表示]

概要

『新恐竜』とは、スコットランドの地質学者、ドゥーガル・ディクソン1980年代に発表した、架空の生き物図鑑である。

白亜紀末期のカタストロフがなかったら、当時の動物相は進化を続け、こういう者がでる」というコンセプトの下、リアルの生物を研究し、その生態的地位の妥当と思われる種類が恐竜などにあてはめられて設定される。

内容

便宜上現実で用いられている生物地理区に基づいて地球上をエチオピア区、旧北区、新北区、新熱帯区、東洋区、オセアニア区、海洋の生物区に大きく分割し、章ごとにそれぞれの生物区に適応した生物を紹介する。

エチオピア区

現実のアフリカ大陸に相当。熱帯多雨林、草本サバンナ(イネ科の植物が植物食べ生物を駆逐し、草食の翼竜がはびこる) 、砂漠・低木砂漠(個々の固有種虫食恐竜の他、各地へ散った基本恐竜のいるサハラ砂漠など) 、大陸沖の島(生きた化石が生息するマダガスカル) 、海洋の島々(島嶼矮化の生きた化石が住む島々)に分けられる。

旧北区

現実のユーラシア大陸北部に相当。落葉樹林・混交林(ユニークな恐竜や恐竜とその寄生虫を食べる哺乳類など) 、針葉樹林(とかコケを食べるのとそれを食べるもの)、ツンドラ・高山帯(寒すぎるので鳥しか住んでない)、ステップ・草原(蒸散と言う敵から身を守る鎧を持つのと、穴掘り哺乳類がもふもふしている)、砂漠・低木砂漠(ユーラシアの真ん中辺の砂漠)に分けられる。

新北区

現実の北アメリカ大陸に相当。プレーリー・草原(ハドロサウルス類とか凶悪な爪を持つものとかケラトプス類)、ツンドラ・高山帯(でっかいのとか素早いもふもふのいるコロラド山脈の辺)、混交林―湿地(南部の河口の辺。翼竜とかなんか)、落葉樹林・混交林(樹上生物が豊か)に分けられる。

新熱帯区

現実の南アメリカ大陸に相当。熱帯多雨林(虫食性とかなかなかユニークなのがいる)、草原 ― パンパ(カミナリ竜やそれ食べ動物、死体食動物など)荒地 ― 山岳地(西部の大山脈(現実のアンデス山脈)魚食恐竜やユニークな翼竜など)に分けられる。

東洋区

現実のユーラシア大陸南部に相当。サバンナ―草原(インドの辺に、高度な社会を持つカミナリ竜) 荒地(ヒマラヤ山脈の辺 コケとかを食べるものやジャイアントパンダみたいなの)、熱帯多雨林(生きた化石が居る山系の森と、汎世界的に居る「前脚が退化した」種や滑空する者がいる低地の森)、混交林 ― 沼沢地(翼竜や完全に水中仕様になった恐竜など)に分けられる。

オーストラリア区

現実のオーストラリア・ニュージーランドやオセアニアの島嶼に相当。低木林・長茎草本サバンナ(て言いながら魚食べたり海老とか食うやつのいる川や湖) 砂漠・低木砂漠(豪州の真ん中辺で草食恐竜や肉食の等) 熱帯多雨林(小さい草食性の恐竜がいる北東部や、ベジタリアンになったアンモナイトが上がってヤシ食べたり飛ぶのやめた翼竜のいる渚) 温帯林(ユーカリ食べ恐竜) 列島(ニュージーランド 進化の終焉に来たのが二種ほど)に分けられる。

海洋区

世界の海洋全てに相当。渚(翼竜がいっぱい) 温帯の海洋(首長竜がいっぱい)、外洋(巨大アンモナイトとかそれ食べ首長竜とか)に分けられる。

作中で紹介される「新恐竜」

 本書はあり得たかもしれない“現代”に生息する恐竜の図鑑であるが、翼竜の他、首長竜アンモナイト哺乳類までがそこそこ紹介されている。同作者による『アフターマン』や『フューチャー・イズ・ワイルド』(「これこれこういうところにはこんなのやこんなのがいる」と言う形で語られる)と比べ、ほぼ1種類について(「砂漠の生き物はコイツみたいな「甲羅しょってる系」が適当で」みたいな あと「これは尻尾で特定ができる数種が」とかが何種類か)描かれる。

 最後の章で、他のエンターテインメントに登場する「恐竜」に関する設定に対しての批評がある。その中で、「ディノサウロイド」に関して、詳細が描かれ、後、知的生命体に行くのはあまり良いものではないという作者の説が付けられる。その為、本書で紹介されるサウロルニトイデス(金子隆一によれば初の恐竜人間候補)の仲間は、死にまねをしてスカベンジャー(死体食べ動物)をおびき寄せ、逆に襲うというえげつない習性を持つが、生物学的枠から外れるとは書かれない。

 一応「1980年代」当時の最新の科学を総動員して、想定された者であるため、高緯度地方に恐竜がいない(レエリナサウラが発見される少し前に発表されてるの)、鳥と恐竜は別、砂漠の環境は恐竜みたいな変温動物系生き物の天下、彼らが体毛を獲得するのは白亜紀より後(羽毛恐竜が発見されるのは1996年)など、後の古生物学からは否定される設定がある。

 ただ、
 「オセアニア区の大陸に生息する、水棲恐竜」パウチのような「ハルシュカラプトル」という種類や、「東洋区の熱帯雨林に住む、被膜があって滑空する恐竜」フラリットのような「イー・チー」と言う種類など、「すでにいた」者であることが判明することがあった。

版ごとの差異

 最初は 1988年に太田出版から出版された。

 後、『フューチャー・イズ・ワイルド』発表にあたって、2005年ダイヤモンド社から新訳が発行された。種類によって和名(ゲシュタルトと呼ばれる恐竜は社会性ってハチとかみたいな、河へ斜めに生えてる木へ巣を作り、おかんが産卵し続け他が子育てと採餌に邁進する生態の種類なので「アリリュウ」とか)がつけられる等の新しい趣向がある。

 さらに後の2009年、小川隆章によって漫画化されている。作者は、発表当時の古生物学を踏まえ、発表時の最新の古生物学に基づいていますと言い張りながら本書を参照して作品を書いている。

 2019年に、学研から子供向けに改変されたものが発行されている。
 再販にあたって、有胎盤類であった哺乳類ズイムが「有袋類」になる、グアナ(「イグアノドンの子孫」とされる草食恐竜)が「アトラスコプコサウルスを祖先とする」とルーツが設定され、スカンソリオプテリクス科(類扱い)が白亜紀以降に絶滅しているなど系統樹その他が改変されている。

高年齢層向けにおいて系統樹でコエルロサウルス類から分岐したと書かれる「アルブロサウルス」はドロマエオサウルスから派生したと書かれ、本書においてそれに属するといわれた諸種、 ワスプイーター(木に巣を作る蜂や蟻食恐竜) ツリ―ホッパー(枝から枝へ飛び回り恐竜) ノーガー(キツツキみたいな恐竜) ツリーパウンス(樹上恐竜食べ恐竜。聴覚が鋭い) フットル(小さくて虫を食べる恐竜) パンガルーン(センザンコウみたいな蟻食恐竜) スケイリーグライダー(食性で、翼になった鱗で滑空する) フラリット(滑空する恐竜) ギンプ(蜜吸い恐竜)は外され、「トゥリーホッパー」、ワスプイーターが、サンドル(砂漠で虫とか哺乳類を待ち伏せして食べる恐竜。胴長短足)、ワーム(汎世界的にいる後ろ足しかない恐竜の祖先)、トゥリーワーム(そのワームの樹上版)と同じ「オルニトミムス類」に、別のオルニトミムスの亜種としてトゥリーパウンス、フットルが、ノーガーとギンプはオヴィラプトルから分岐した種に、フラリットは「トロオドン(ビロノサウルスの子孫とされる)」に、パンガルーンはアルヴァレズサウルス類、スケイリーグライダーはトカゲの一種となっている。ただ、スケイリーグライダーとパンガルーンを除いて他は本文中で「アルブロサウルス」と説明される。

 ジンクス(被食者になりすまし捕食する恐竜)はドロマエオサウルスに(大人向け版の系統樹では「サウロルニトイデス類」に所属している)なっている。

 メガロサウルスはアベリサウロイデスに、島嶼矮化の種は「コビトアベリサウロイデス」になった他、グルマン(南米にいるティラノサウルスの死体食べ専門恐竜)は「ティラノサウルスとの競合を逃れたアベリサウルス類」に改変された(大人向け版でも「新北区(北アメリカ大陸と読め)」での頂点捕食者はティラノサウルス)。

 適応放散を前提としてルーツが設定されているため、四足歩行で背中に帆があって有毒な草食男子とそれよりでかくて二足歩行で完全な肉食女子で構成される肉食恐竜ディンガムと、「前脚のあるフラミンゴ」みたいな種類クリブラム、陸上生物から進化したので、陸で営巣産卵をする魚食恐竜ポウチ(厳密は数種の呼称。「蒲田のあいつ」と対照的に彼らは孵化してから鰭などが発達する)はカクルを祖先とする。反面、マウンテンリーパーはアルファレズサウルス類、カットラスツースはノアサウルスの子孫とされ、「マウンテンリーパーからカトラスツースが進化」と言う設定は改変される。同じように、恒温性を持つ種類(砂漠にいる原始的鳥盤類デバリルと、鳥類トロンブル、ウィッフル)はヤンドゥサウルスから分岐したと設定され、「鳥類と恐竜は別」と言う説は削除されている。

関連タグ

ドゥーガル・ディクソン
架空生物 恐竜 進化

関連記事

親記事

ドゥーガル・ディクソン どぅーがるでぃくそん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新恐竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5549

コメント