ピクシブ百科事典

ノトロニクス

のとろにくす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた中型のテリジノサウルス類である。ノスロニクス、ノソロニクスとも。

概要

全長4.5~6mほどの中型のテリジノサウルス類である。
名前の由来は「ナマケモノの爪」から来ている。
白亜紀後期、およそ9100万年前の北アメリカに生息した中型のテリジノサウルス類の仲間である。のないにずんぐりとした、そして前足の10㎝もある長い鉤爪をもつ独特の姿をしている。ナマケモノのような長い鉤爪をもつことからノトロニクス(=ナマケモノの鉤爪)と名付けられた。この鉤爪のある前足で木の葉などを手繰り寄せて食べていた植物食恐竜であったと言われている。

関連項目

恐竜 獣脚類 テリジノサウルス類
テリジノサウルス

関連記事

親記事

テリジノサウルス てりじのさうるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノトロニクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 636

コメント