ピクシブ百科事典

エルリコサウルス

えるりこさうるす

白亜紀後期のモンゴルに生息していた中型のテリジノサウルス類である。

概要

全長5mほどの中型のテリジノサウルス類である。
名前の由来は「エルリコ(神名)のトカゲ」から来ている。
テリジノサウルスの仲間としては、最も状態の良い頭骨化石が発見されている。その構造には、鳥類や一部の獣脚類に似た点がある。口先にはがなく、があった。

関連項目

恐竜 獣脚類 テリジノサウルス類
テリジノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「エルリコサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 825

コメント