ピクシブ百科事典

セグノサウルス

せぐのさうるす

白亜紀後期のモンゴルに生息していた中型のテリジノサウルス類である。

概要

全長6.5mほどの中型のテリジノサウルス類である。
名前の由来は「ゆっくり動くトカゲ」から来ている。
のような胴体古竜脚類に似ているが、前足は肉食恐竜的である。後足は頑丈で、鉤爪のあるは幅広く、植物食恐竜的であった。の付近で一部のがなく、であることが特徴である。動きは学名の通り、鈍かったと考えられている。

関連項目

恐竜 獣脚類 テリジノサウルス類
テリジノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「セグノサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント