2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

白亜紀前期の日本に生息していた植物食恐竜のひとつ。体長4.7m。
同時期にベルギーイギリスに生息していたイグアノドンとは近縁種だが、こちらの方がより進化しており、頭骨にはハドロサウルス類に近い特徴もあった。
また近い時期の中国やモンゴル周辺にはハドロサウルス類にごく近縁なプロバクトロサウルスが住んでいたため、彼らはイグアノドン類の中でも進化した、ハドロサウルス類の祖先筋にあたるグループなのではないかと考えられている。

1989年に福井県勝山市で発見された種で、学名が決まる前は「フクイリュウ」と呼ばれていた。
2003年には新種と認められ、『フクイサウルス』の学名が与えられた。

日本産恐竜の中では最も化石の状態が良く、全身の復元骨格も作られている。
また、同じ時代に生息していたフクイラプトルとは、弱肉強食の攻防戦を繰り広げていたと思われる。

古代王者恐竜キング

第5紀でシークレットカードとして登場。草属性。強さは1200とやや高めに設定されている。バトルタイプはまもりタイプとピンチタイプがある。ショルダーネームは「新種発見」。

  • 体長は草属性の中では「わざカードの恐竜」を除けば一番小さいが、これは「特殊な恐竜カード」として扱われているため、強さをやや高くしたと思われる。

ゲーム機から排出されるだけでなく福井恐竜博入場者限定カードとして配布もされていた。

「恐竜博士の恐竜カード」にも復活タイプで収録されている他、「アジアの卵」や「緑の恐竜の卵」のカード使用時に登場する事もある。

「7つのかけら」では敵限定の恐竜として登場する。

テレビアニメでは第44話に登場。京都草むらにカードが落ちた事によって現れる。

わざカードは「エメラルドガーデン」が入っていた。

最終話ではブラックティラノサウルスに立ち向かう恐竜の一頭として登場した。



関連タグ

恐竜 イグアノドン イグアノドン科
フクイラプトル フタバスズキリュウ

関連記事

親記事

イグアノドン科 いぐあのどんか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フクイサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4258

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました