ピクシブ百科事典

エオラプトル

えおらぷとる

三畳紀後期のアルゼンチンに棲息していた竜盤類の一種。
目次[非表示]

概要

 最古の恐竜の一つである。
 1991年、アルゼンチンのイスチグアラスト州立公園のイスチグアラスト層で、シカゴ大学の調査隊が発掘調査をしていた際、当時博士課程の学生だったリカルド・マルチネスが野球ボール大の石の中にある頭骨の化石を発見した。 そしてその周辺から、ほぼ完全な骨格化石が見つかり、シカゴのフィールド博物館でクリーニングされた。

名称

学名:Eoraptor lunensis Sereno et al., 1993
和名:エオラプトル・ルネンシス

 1993年、古生物学者ポール・セレノによって命名された。
 名前は最古の恐竜の一つであることと、発見されたイスチグアラスト州立公園の別名「月の谷」にちなんで、「月の谷の暁の略奪者」を意味する。

特徴

 当時のほとんどの恐竜と同じく、全長約1メートル程度と小型だった。骨は中空で後肢は細長く、速く走るのに適していた。前肢にはまだ指が5本あったが、そのうちの3本は長く発達していた。
 また仙椎という骨が三つしか無いことも特徴である(エオラプトル以降の種類は5つかそれ以上ある)
歯は小さくて鋭く、先端が奥に向かって曲がっていることから、肉食だといわれてきたが、顎の前方の歯は植物食恐竜のような葉型だった。このため、動物と植物の両方を食べることができた可能性が高い。
 1995年に、ポール・セレノが最古の獣脚類とする説を発表した。2011年には、マルチネスが原始的な竜脚様類であるとし、エオラプトルを獣脚類から移動させた。2013年に、セレノはエオラプトルが獣脚類でないことを認め、マルチネスらの説に賛同した。
 Otero他による2015年の論文によれば、獣脚類にも竜脚様類にも属さないとされる。

生態

 小型の単弓類昆虫、シダなどを食べる雑食と考えられている。当時はヘレラサウルスなどの大型肉食恐竜やワニの祖先などの肉食爬虫類が多数生息していたが、速く走ることで彼らの攻撃から逃れていただろう。また、それらの捕食者から身を守るために群れで行動していた可能性もある。

余談

 エオラプトルの発見者であるリカルド・マルチネスは、現在、サンファン国立大学自然科学博物館の古生物学者である。2011年には、同じく月の谷で発見された最古の獣脚類をエオドロマエウスと命名している。

関連タグ

恐竜
竜盤類

pixivに投稿された作品 pixivで「エオラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 396

コメント