ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オヴィラプトル

おゔぃらぷとる

中生代白亜紀後期のモンゴルに棲息していた小型の雑食性恐竜で、オヴィラプトロサウルス類を代表する恐竜である。オビラプトルとも。
目次[非表示]

概要

とても奇妙な顔つきをした小型の恐竜。
あごには歯がなく、くちばしになっているが、上あごの真ん中には2本の突起があった。また類縁種の化石に関する研究から羽毛を持っていた可能性があり、原始的なに近いと考えられている。
 
化石はモンゴルから見つかっており、近縁種も多くが東アジアに生息していたが、ヨーロッパやアメリカでも発見されている。
 

特徴

全長1〜3メートル程度の小型の恐竜で、フラミンゴのようにしゃくれた顎、短い尾、発達した前脚を持つ。
食性については長らく謎だったが、見つかった化石の中に少なくとも1体、腹腔にトカゲの化石を伴う事(死ぬ前に飲み込んだ獲物とみられる)、また顎の構造が原始的な角竜に似ている事から、小動物や木の実などを食べる雑食性だったとする考えが根強い。

貝類を嘴でこじ開けて食べたという説も提唱され、この説に則って『コンコラプトル(貝泥棒)』と命名された近縁種も存在したが、オヴィラプトルの頭骨は空隙が多く「嘴で貝を咥えてこじ開けられるほど頑丈な構造では無く」、「無理に貝を咥えてこじ開けようとすればその圧力で頭骨が著しく損傷して死んでしまう」という理由から現在は有力な説とはされておらず、貝を食べるなら足などで殻を壊しただろうと思われる。
 

お名前事情

「卵の掠奪者」を意味するこの名前は初めて見つかった化石と同じ場所から恐竜の卵の化石が見つかった為。
記載者が「恐らく他の種の恐竜(プロトケラトプス)の巣を襲っている最中に災害で死に、共に埋没した為であろう」と推測した事に由来する。
 
ただし近年の研究で、共に産出した卵の化石は実はオヴィラプトル自身の卵であった事が判明し、少なくとも記載者の推測は間違いであった事が明らかになった。

しかし、国際命名規約により一度付いた学名はこの程度の事では変更できないとされているため、今でも「タマゴドロボウ」という不名誉な名前で呼ばれている次第。
もっとも、そうなると名前に「ラプトル」とつく恐竜たちは全種「ドロボウ」呼ばわりされているわけだが……。
嗚呼、不憫なり。
 
ただし他の恐竜の卵を食べていた可能性も否定はできないので、卵泥棒なんて名前そのものがまったくの濡れ衣と言いきれないのも確か。とはいえ、卵はかなり季節限定的な食資源であり、常食というよりは副次的なものであったろう。

フィクション

登場する作品の多くで、「卵泥棒」に関連するネタが描かれている。

わざカードで援護してくれる「助っ人恐竜」として出演。第4紀から登場した草属性の超わざ「エッグスリボルバー」で登場し、大量の卵を口から発射して攻撃する。
2007第1期以降はカード裏にもキャッチコピーが記載され、わざカードの恐竜にもキャッチコピーがつくようになったが、「無実の泥棒」と悲壮感のあるフレーズ。
解説文には「きみょうな顔をした恐竜だ。名前とは異なりタマゴを大切に育てていたようだ」と書かれており、変な顔の恐竜と言われつつもフォローは入れられている。
なおカードに書かれている説明文は60字くらい分しかスペースがないため、「きみょうな顔をした恐竜だ」という部分をカットしたところで「タマゴの化石と一緒に見つかったので、他の恐竜のタマゴを盗もうとしたと思われてこんな名前になった」というそもそもの経緯までは到底収まらなかった(攻略本では記載されている)のだろう。
ちなみに草属性のわざカードの恐竜の中では唯一テレビアニメに登場しなかった。代わりに超わざカードの中では唯一化石カードがある。
またDS版オリジナルのキャラとしてアイテムショップの店主「オヴィ」がいる(人間キャラだが)。爽やかな笑顔のナイスガイだ。

第一部の主人公サバタ・ヴァンクリフと、第二部『1914』の主人公サモエドの種族。
恐竜が生き残って人間社会に隠れて暮らしている本作では、オヴィラプトル達は「卵泥棒」の名前のせいで下劣な種族と見做され、他の恐竜達から迫害・虐殺されて絶滅寸前という悲しき目に遭っている。

第6作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』にて登場するが、劇場版では省かれてしまい、クステンデッドエディションに登場している。
先史時代の光景では洞窟にて他の恐竜の卵を食べており、現代編ではマルタ島の闇市で闘鶏の如く他の小型恐竜と戦わされていた。なお、劇中ではリストロサウルスと戦ったが、その結果はカットされても仕方のないものであった

恐らくオヴィラプトルが初めて登場した映画作品。
序盤でカルノタウルスに破壊された巣から卵だったアラダーを攫うが、森の中で食べようとした際に横取りしに来た仲間と争っているうちに川に落としてしまうという醜態を晒している。

第1話「鳥類の祖先ベロキラプトル」に登場。
本作ではベロキラプトルと生態的地位(ニッチ)を競合する、気性の荒い恐竜として描かれており、他の恐竜の卵はもちろん小型の恐竜すらも捕食していた。

2と『ガンサバイバー』に登場。
『ジュラシック・パーク』シリーズのディロフォサウルスのオマージュか、毒を吐く恐竜として描かれている。また『ガンサバイバー』では、プレイヤーの回復アイテムを奪い、自身の巣に持ち帰るという生態を持つ。

あまり目立った活躍はないが、たまご探検隊を自身の卵と間違えて抱卵するシーンがある。

こぼれ話

オヴィラプトルが属するオヴィラプトロサウルス類の特徴として、頭骨全体を覆う程発達したトサカの存在が挙げられる。
北アメリカ産の「キロステノテス」やモンゴル産の「リンチェニア」など、頭骨本体とほぼ同等の大きさを持つトサカを発達させた種も少なくない。
然しながら、一般に(種としての)オヴィラプトルと言われる、トサカの発達した化石は近縁の「キティパティ」という種の化石である事が多く、(種としての)オヴィラプトルの頭頂部に大きなトサカがあったかどうかははっきりしていない。
実はオヴィラプトル化石産出例がかなり珍しい事にも起因している。近い将来、オヴィラプトルの「トサカがある」復元図が修正を迫られる可能性もあるかも知れない。

関連タグ

恐竜 羽毛恐竜 オヴィラプトロサウルス類

関連キャラクター

ゴーシュ・ル・メドゥ:本種をデザインモチーフにしたキャラクター。
 
オビラップー:オヴィラプトルが進化したメカ恐竜。強烈なオナラ攻撃が得意だったらしい。

関連記事

親記事

オヴィラプトル科 おゔぃらぷとるか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20063

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました