ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ディキノドン類を代表する単弓類の一種で、名前はその上顎の形がシャベルスプーンに似ていたことから「シャベル(スプーン)トカゲ」を意味する。


体長は0.9~1.2m程とイノシシ程度の大きさで、ディキノドン類としては中型。多くの近縁種と同じく発達した犬歯と嘴を持つが、名前の由来となったその頭部は他のディキノドン類に比べると短めだった。

発見当初はカバのような半水棲と考えられたが、近年の研究ではむしろ乾燥した氾濫原に棲息し、特徴的な頭部も植物の根を掘り起こすのに役立ったとする説が濃厚である。また、ディイクトドンと同じく巣穴を掘り、雄と雌の番で暮らしていたことも判明している。


三畳紀当時の地球は超大陸パンゲアを形成していたが、リストロサウルスはその直前に起きたペルム紀末の大絶滅によって競合相手がほとんどいなくなったために、瞬く間に世界各地へと進出し、化石は南アフリカインド中国ロシア南極など各地で発見されている。故にリストロサウルスは三畳紀前期の示準化石だけでなく、大陸移動説の証拠としても注目される生物である。


フィクション

比較的安全な地域に出現する。ベリーや野菜の手渡しでテイムできる。なでることで、周囲の味方生物に取得経験値を増やすバフをかける。


第7章の2億4800万年前の南極にて主役として登場。


第6作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』にて登場。Twitterにてマスクを着用しているアニマトロニクスの写真が公開されており、早くから登場が決定していた。

バイオシン社からソヨナ・サントスの組織に横流しされた個体がマルタ島の闇市で密売されており、闘技場にも出されていた。

愛嬌ある見た目とは裏腹に闘犬なみに凶暴で、レイン・デラコートの右手に噛みつき、未公開シーンではオヴィラプトルと対決し首を噛みちぎっていた。


関連タグ

単弓類 ディキノドン類

関連記事

親記事

ディキノドン類 でぃきのどんるい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6436

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました