ピクシブ百科事典

リストロサウルス

りすとろさうるす

三畳紀前期の世界各地に生息した単弓類、ディキノドン類の一種。

概要

植物食性の2本のが特徴的なディキノドン類に属する単弓類の一種である。体長0.9~1.2mにもなる中型のディキノドン類であり、名前の由来は「スプーントカゲ」から来ている。当時は世界の全ての大陸が固まって、超大陸パンゲアを形成していた。そのため世界中で繁栄したリストロサウルスは現代では世界各地に化石が発見されている哺乳類型爬虫類である。上顎に2本の牙があるのが特徴で、巣穴を掘って、そこに群れて棲んでいた。リストロサウルスは半水生動物という一般的な説と乾燥した環境を好んでいたという説がある。

関連タグ

単弓類 ディキノドン類 ディキノドン

pixivに投稿された作品 pixivで「リストロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187

コメント