ピクシブ百科事典

ノミンギア

のみんぎあ

中生代白亜紀後期のモンゴルに棲息していた小型の雑食恐竜。ノミンゲアとも。

概要

全長1.7m、体重20kgほどの小型のオヴィラプトロサウルス類である。
名前の由来は「ノミンギンの者」から来ている。
大抵の場合、小型の獣脚類鳥類の共通点というのは、大きさや形、羽毛などに限られていた。ノミンギアはこれらの特徴に加えて、尾端骨を持つという特徴を持っていた。尾端骨とは、尻尾が癒合した物であり、それは現代の鳥がもつ重要な特徴の一つである。ノミンギアが発見されるまでは、尾端骨は鳥類のみに存在すると考えられていた。また、ノミンギアの尾羽は発達していたが、それは飛ぶためではなくて、繁殖期などにクジャクのように、自分をアピールするための飾りだったのだと考えられている。

関連項目

恐竜 卵竜類 オヴィラプトル

pixivに投稿された作品 pixivで「ノミンギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント