ピクシブ百科事典

ヴェロキラプトル

ゔぇろきらぷとる

小型肉食恐竜の一種。鳥に近い特徴を多数持っている。
目次[非表示]

概要

中生代・白亜紀後期(約8000万〜7000万年前)のモンゴルに生息していたドロマエオサウルス科の小型肉食恐竜。
ベロキラプトルとも表記される。名前は「素早い泥棒」「鋭敏な掠奪者」の意。
全長約2m、体高0.5m、体重は推定15kg程度。

細身の体格と、やや大きく細長い頭蓋骨が特徴。後肢の第二指には深く曲がった大きな鉤爪を備えており、これを獲物の喉笛や頭部に叩き込むことで仕留めたほか、樹上に登る際にも用いたと考えられている。
恐竜としてはかなり大きい脳幹を持っており、知能は高かった。

特にに近い肉食恐竜の一つで、風切羽の痕跡すらある鳥の翼にごく近い前肢を有している。この前肢は折りたたむような形で曲げることが可能だった。
尾は腱で硬化しており、竹竿のようにまっすぐピンと張った状態で固定されていた。
近年の発見で、前肢の骨に鳥類特有の特徴(羽毛が生える土台になる小突起)が確認され、近縁種の直接的な化石証拠とも相まって羽毛を持った姿で復元されるようになった。

意外なことに、群れを成したとする明確な証拠は現在のところ発見されておらず、集団で巨大な獲物を倒すハンター、というイメージはより大型のドロマエオサウルス科の生態を参考としたものである。
強膜骨の大きさから黒目と白目の比率が現生の夜行性動物に近いことが判明しており、現在では「夜に行動し、卵や小型の動物、他の恐竜の幼体などを襲撃する」という、正しく夜盗の如き生態を持っていた可能性が指摘されている。

プロトケラトプスと格闘するかのようなポーズのままで保存された「闘争化石」が有名。
この化石については、実際にヴェロキラプトルがプロトケラトプスを捕食しようとしていたという説の他に、一方がもう一方から卵を守ろうとしていたなどの説がある。
なお、体格差からすると一対一ではプロトケラトプスがやや優勢であったと思われる。

ジュラシック・パークシリーズ

ヴェロキラプトルの知能と恐ろしさを世に知らしめたパニック・アクション大作。
シリーズを通してティラノサウルス・レックスと並び立つメイン恐竜として扱われており、劇中の「ラプトル(ラプター)」という呼称と共に一躍有名になった。
どの作品でも大きな見せ場があり、特に原作では一貫して最大の脅威として描かれている、シリーズの常連である。

実際のヴェロキラプトルの身長はコヨーテ程度であるのに対し、映画のヴェロキラプトルは約4m以上あり、どちらかというとデイノニクスユタラプトルに近い体型をしている。また、頭骨の形状も実際のものとは大きく異なる。これは原作発表当時、デイノニクスをヴェロキラプトル属に含める説があり、それが採用されたことが原因の一つとされる。尤も、スピルバーグが意図的に大きなサイズにしたという映画的な事情もあるようだが。

練習Velociraptor in Jurassic World


(左:映画におけるラプトル、 右:実際のヴェロキラプトル)

また、近年のヴェロキラプトルは鳥のように腕を折り畳んでいたと考えられているが、本シリーズでは一貫して腕を幽霊のように垂れ下げたデザインを採用している。世界観的に言えば、「ジュラシック・パークで孵化したヴェロキラプトルに共通する特徴」ということなのだろう。

アラン・グラント博士は『ジュラシック・パークIII』にて、知能の高さから「もし絶滅しなければヒトに代わる知的種族に進化したかもしれない」と言及している。いわゆる恐竜人間説であるが、一般的にはこれに相当する種はトロオドンとされており、これをシリーズ常連のヴェロキラプトルに置き換えた形となる。

シリーズを通して

ジュラシック・パークシリーズには第1作、第4作、第5作に登場する「サイトA」こと「イスラ・ヌブラル島」、第2作および第3作に登場する「サイトB」こと「イスラ・ソルナ島」という二つの舞台が存在し、ラプトルはそのどちらの島においても極めて危険な捕食者として知られている。
公式サイトによれば、生息数は1993年時点のイスラ・ヌブラル島において3頭(同年に3頭とも死亡)、1997年時点のイスラ・ソルナ島において18頭である。

空腹でなくともほかの動物を殺す獰猛さと、チンパンジー並みの知能を兼ね備えるハンターとされる。全作品において数頭~十数頭の群れを成して行動し、それぞれが連携して獲物を仕留めるほか、鳴き声によって仲間同士でコミュニケーションを取る描写がある(ただし仲が良いわけではないらしく、状況次第で互いに争うこともしばしば)。ハンティングの際は群れで対象を囲うようにして追い詰めていき、キルゾーン(有効射程圏)に達した段階で一気に襲い掛かって仕留める性質を持つ。
その賢さは所詮は動物と侮った人間を悉く驚愕させ、場合によっては死に至らしめるが、一方で鏡や瓦、3Dプリンターで作られた骨の模型といった自然界の産物ではない代物には翻弄される一面もある。

ちなみに、作品によってデザインや体色が最も異なっている種である。これは単純に個体群による差のほか、作品によっては当時の最新学説を取り入れていることが原因。

ジュラシック・パーク(映画1作目)

Jurassic Park


イスラ・ヌブラル島の「ジュラシック・パーク」で誕生、飼育されている雌個体が登場。
体色は灰色で、黄緑色の瞳と猫のように細長い瞳孔を持つ。また体格はシリーズを通して最もゴツい。
生後8ヵ月で成体になるとされており、成体は時速64~100kmとチーター並みの俊足を誇る。

当初は8頭いたとされるが、ファンから「ビッグ・ワン(The Big One)」の愛称で呼ばれる最も強大で賢い雌によって5頭が殺され、成体のラプトルは3頭しか残っていない(ラボでは幼体のヴェロキラプトルが孵化しているほか、放棄された「ヴェロキラプトル・パドック」内には殻になったラプトルの卵が残されていたため、幼体は他にも複数個体存在する可能性がある)。
あまりにも危険すぎるため、劇中時点では「ラプター・ペン」と呼ばれる隔離プラントの中で飼育されており、餌についてもクレーンで吊るした牛を与える形を取っていた。この辺りの飼育環境は、後のシリーズに登場するインドミナス・レックスと類似している。

冒頭、イスラ・ソルナ島から輸送されてきた1頭がパークスタッフを襲撃し、一人が犠牲になっている。
中盤に「ラプター・ペン」から3頭が脱走、島の管理のために残っていたアーノルドやマルドゥーンといったスタッフを次々と殺害した。
その後は主人公たちがいたビジターセンターに侵入、食堂やコントロール・ルームなどを縦横無尽に移動し、最期まで執拗に主人公のグラント博士達を襲撃した。
最終的に、1頭はティムとレックスによって調理室の冷凍室に閉じ込められ、残りの2頭はメイン・エントランスに現れたティラノサウルス・レックス(レクシィ)に捕食・撃破されて全滅する。

ジュラシック・パーク(原作小説)

ヴェロキラプトル・モンゴリエンシスとされる3頭のラプトルが登場。
リーダー格の1頭はロバート・マルドゥーンにより「ビッグ・ワン」と呼ばれており、これが映画版のボスの愛称にもなった。

原作では最大の脅威として描かれ、物語後半はほぼ主役同然の立ち回りを見せる。
殺害した人物は映画版と異なっており、恐竜のクローン再生を成功させた張本人であるヘンリー・ウーのほか、作業員も複数犠牲になっている(一方でマルドゥーンは生還し、逆にミサイルによって1頭を殺傷した)。

映画では描かれなかった、野性化し繁殖したラプトルの群れも登場している。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

イスラ・ソルナ島(サイトB)に生息していた個体が登場。
体色はトラのような黒い縦縞模様が入った茶褐色となっており、黄色い瞳を持つ。

背の高い草むら(ブッシュ)に生息していた7頭の群れ、および廃墟となったワーカー・ビレッジを根城としていた3頭の群れが描写されている。
前者はサイトBから脱出しようとした恐竜ハンター団を襲撃して全滅させ、後者は主人公のマルコム博士達に襲い掛かった。
最終的にマルコム達は間一髪のところで3頭のラプトルを撃退し、ニックが呼んだヘリによって脱出に成功する。

最後まで脅威であり続けた前作とは異なり、今作では中ボスのようなポジションであり、サイトB脱出後は全く出番がない。「多数からなる群れによる脅威」という新たな側面が描写され、作中で最も人間を殺した恐竜ではあるが、第1作での狡猾さや恐ろしさは鳴りを潜めた感が強い。

ジュラシック・パークIII

イスラ・ソルナ島にて、雄と雌が入り混じった5頭の群れが登場。
雄、雌ともに全長4m、体高1.7m。
走行速度は時速72kmとされており、ビッグ・ワンらと比較するとやや遅い。

前作と同じ島に生息する個体群のはずだが、体色及びデザインが大きく異なっており、第1作および第2作と比較するともはや別種に近い。
体格は全体的にかなりシャープで、頭部に厚みがない。眼は小さく、前眼窩窓の上部に緩やかな突起が確認できる。また、雄は後頭部から首にかけて羽毛の痕跡が見受けられる。
体色および瞳の色は雄と雌で大きく異なり、雄はくすんだ紫色に白いラインが入った体色と赤い瞳を持つ。雌は白を基調として黒い斑点が浮き出た体色で、檸檬色の瞳を持つ。

知能が更にパワーアップしており、硬直したまま人形の如く立ち尽くすことで人間を油断させる、とどめを刺せる人間を敢えて生かして仲間の人間を誘い出そうとするなど、人間並みの狡猾さを誇る。また、第1作と同様に自力で卵を産んで繁殖しているが、今作ではこのラプトルの卵が重要な役割を担う。

物語冒頭でエリックと共にパラセイリング中に事故に遭い、止むを得ずイスラ・ソルナ島の密林地帯に降下したベン・ヒルデブランドを殺害した。
中盤、違法なクローニングで恐竜を生み出していた研究施設「インジェン・コンパウンド」に潜んでいた雄一頭が主人公のグラント達を襲撃。そのまま仲間を呼んで一行を密林地帯へと追い込み、最終的にユデスキーを殺害した。
ラスト近くで島を脱出する寸前のグラント達の前に群れで立ち塞がり、実質的にこの作品における最後の障害となった。

ジュラシック・ワールド

JW詰め



イスラ・ヌブラル島に建設(再建)され遂にオープンしたテーマパーク「ジュラシック・ワールド」にて、主人公のオーウェン・グラディによって育てられた4姉妹が登場。
公式サイトではいずれも全長5m、体高2mとされ、デザインは第1作のそれに最も近い。

長女は「ブルー(Blue)」、次女は「デルタ(Delta)」、三女は「エコー(Echo)」、四女は「チャーリー(Charlie)」と名付けられており(すべてオーウェンの命名)、それぞれ体色が異なっている。なお、「アルファ(Alpha)」はオーウェン自身である。

2012年から始まったヴェロキラプトルの知能を研究するIBRIS(Integrated Behavioral Raptor Intelligence Study)計画の為に産み出されたとされる。
当初は「V-2(Subject V-2)」と名付けられたヴェロキラプトルも誕生したが、攻撃的かつ予測不可能な行動を繰り返したため安楽死による処分がなされ、先に紹介した4姉妹のみが残った。

4姉妹は孵化した当初からオーウェンに付き添われ、刷り込みの習性によって誕生に立ち会ったオーウェンを親(リーダー)的存在と認識している。この認識はオーウェンにとっても同様で、彼女ら4姉妹は実の娘同然の存在である。
成長していく間もオーウェンやバリーらによって人間を信頼するように訓練されており、とりわけオーウェンの指示にはかなり従順に対応する。

遺伝子操作と戦闘訓練により以前の個体よりも戦闘能力が高く、シリーズを通して最強のラプトルとされる。
第1作の教訓か前述したV-2の影響か、2015年時点では一般公開はされておらず、ヌブラル島の最東端に新しく設けられた「ヴェロキラプトル・パドック」にて飼育されていた。
物語中盤にて、オーウェンの指揮のもと凶悪なキメラ恐竜「インドミナス・レックス」の討伐作戦に繰り出すことになるのだが……。

詳細はラプトル四姉妹を参照。

Jurassic World Evolution

ジュラシック・ワールド/炎の王国』のタイアップ作品となるテーマパーク建設シミュレーションゲーム『Jurassic World Evolution』にも登場。
デザインは『ジュラシック・ワールド』のものを踏襲しており、全体的な体色は前述のデルタに近い(全く同じというわけではない)。
PVではヤギを捕食しているが、意外にも映画シリーズにおいてヴェロキラプトルがヤギを襲うシーンはなく、ある意味夢の共演となった。



ヴェロキラプトルと行動が似ている現存の動物


関連イラスト

Itchy Velociraptor
ヴェロキラプトル3体



関連タグ

恐竜 羽毛恐竜 ラプトル モンゴル
プロトケラトプス ドロマエオサウルス デイノニクス ユタラプトル

ジュラシック・パーク ティラノサウルス・レックス(レクシィ)
インドミナス・レックス インドラプトル

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴェロキラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482968

コメント