ピクシブ百科事典

ゾイドワイルド

ぞいどわいるど

2018年7月から開始されたZOIDSシリーズ最新作。当記事ではアニメとキット双方について解説していく。
目次[非表示]

暴れろ!本能のままに!

相棒か?兵器か?

概要

タカラトミーが展開するZOIDS第3世代シリーズ。2018年2月27日、タカラトミーの新商品発表会“最獣要計画”で発表され、アニメ版のPVも公開された。2018年6月から順次発売される玩具を中心にアニメ、コミック、アプリ、ゲームなどマルチに展開される予定。
7月11日深夜1:00よりMBSラジオにて『ゾイドワイルド~本能覚醒ラジオ~』を放送する。

TVアニメについて

TVアニメに関しては2018年7月から毎日放送およびCBC、さらにはTBS、ついでに北海道放送山陽放送RKB毎日放送、おまけに北は青森テレビから南は琉球放送まで全国約22のTBS系列参加地方テレビ局にて、アニメサタデー630前半枠(毎日放送ホスト枠)にて放送。アニメーション制作はOLM。

ゾイドフューザーズ』と『機獣創世記ゾイドジェネシス』がテレビ東京系列での放送だったため、本作は『ゾイド新世紀/0』以来17年ぶりにTBS(・毎日放送)系列で放送されるZOIDSのアニメシリーズとなる。また、毎日放送・TBS版の2作品の放送を(元々TBS系列として開局されたわけではないと言う歴史的経緯からか)見送ったテレビ山口でも放映開始。蛇足ながら、今作の時点で櫻井孝宏は『ゾイドジェネシス』を除く全ZOIDSアニメシリーズに出演している。

本シリーズのコンセプトは発掘復元であり、この意味では『ゾイドジェネシス』の世界観に近い部分がある。

番組放送前の段階で見られる陣営とゾイドの組み合わせも、『ゾイドジェネシス』や往年の共和国vs帝国の構図を思わせる感がある。また、ゾイドの風貌もバイオゾイドのような生物の骨格を思わせる有機的なフレーム(素体)の上に外装を被せたデザインとなっている。

これまで比べると、キャラの名前やデザインに言動、常識離れしたギャグシーンやその頻度の多さなど、幾分子供向け要素が強いのも特徴である。

あらすじ

此処は荒廃した未来の地球、そこには金属の肉体と動物の本能と闘争心を持った生態系の頂点に君臨する最強生命体ゾイドが住んでいた。
人々はゾイドを『脅威』として恐れたり、『兵器』として各地を支配し、『相棒』として共に歩んでいった。

ゾイドを『脅威』として恐れている、切り立った断崖の村に住む少年アラシはゾイドを『相棒』に旅をする父親に憧れ、自分のゾイドを取るために村から抜け出しゾイドを捕まえに行った。
捕まえようとしたゾイドに襲われそうなところをシュプリーム団のリーダーベーコンに助けられる。
ベーコンたちの目的はゾイドを『兵器』とし支配する『デスメタル帝国』から逃げ出した『伝説のライオン種』のゾイドを追うために旅していた。
タイフウに怒られ不機嫌なアラシはそれでも自分の相棒を諦めることができず、『伝説のライオン種』のゾイドの噂を聞くと咆哮が聞こえた場所へ向かう。そこには傷ついた伝説のライオンワイルドライガーがアラシの前に現れた。そこに現れるデスメタル帝国、アラシの旅立ちはここから始まる。

ゾイドと人間が究極の絆を結んだとき、秘められた力が覚醒する。本能解放、ワイルドブラスト!

ゾイドの特徴

本シリーズの制作にあたりタカラトミーがこだわった点は「“ロボットっぽさ”からの脱却」だという。「近年、戦争やロボットを扱った子ども向けの作品は減少が続いており、いまの小学生にとって兵器としてのロボットは身近ではなくなっている。そこで、従来とは異なる野生あふれるゾイドが現代っ子に合うと判断した」との事である。
ITmediaビジネスオンライン通信の記事より引用)

このため、一部例外を除いてコクピットが露天式(所謂「懲罰席」)になっているのが特徴で、人間はゾイドの首や背部に跨って搭乗し、ゾイドの乗り手の名称もパイロットからライダーに変更されている。
従来のメインシリーズのゾイドと比較すると約半分ほどの大きさに縮小され、設定上の大きさは24ゾイドやSSゾイド、ブロックスゾイドに近しい大きさとなる(メイン機体のワイルドライガーで例えるならば、絵的には人間がサイズのライオンに跨っているような形になる)。
コックピットがない事とサイズ、射撃武器の少なさは「惑星Ziにおいて人間に改造される以前のゾイドの姿」にも近い部分がある。

設定によれば、数万年前に地球に飛来した1個体のゾイドコアから派生した生物とされている。この設定に基づけば、重力や大気中粒子、金属イオン等の条件が惑星Ziと異なる地球では巨大化できる限界があるという説も考える事もできる。いわば、『装甲巨神Zナイト』の世界観と同じ環境条件に棲むゾイドということになる。惑星Ziは、ゾイドが生まれ育つ条件 (水中や地中の金属イオン等)の他にも、例えばタキオン粒子など大気中粒子の状態が地球とは異なる(マグネッサーシステムエナジーチャージャーなどが機能し、荷電粒子砲が台頭する)ほか、人間や虫などゾイド以外の生物も金属細胞を含有する。

また、本シリーズでは砲やミサイルなどの飛び道具を搭載したゾイドが少なく、目に虹彩や眼球を持つのも、これまでにはバイオゾイド等でしか見受けられなかった。各種ゾイドのモチーフとなった動物の表記が「型」から「種」となっていること、同種のゾイドでも化石上の個体差があるとされている生物的な特徴も、従来のゾイドシリーズとは異なり、さらに各ゾイドには人間と心を一つにする事で発動できる本能解放(ワイルドブラスト)という能力を持ち合わせている。

アニメ本編でも「集団行動が得意な事を活かした連携攻撃」「夜行性なので元気のいい夜間に移動する」など各ゾイドの生態を活かした場面が見られる。
少なくとも、アニメシリーズにおいて「ゾイドが主体で行動する」というのはこれまでとはほぼ逆のパターンであり、歴代でも特にゾイドの心や主体性をフィーチャーしているといっても過言ではない。

キットについて

設定が旧来のシリーズから変更されたため、キットの縮尺は1/72から1/35となり、それに伴いゾイドに跨らせるパイロット(ライダー)フィギュアのサイズも大きくなった。ちなみにゾイドの各部に取り付ける軟質素材製のキャップやパイロットフィギュアは本シリーズからの新規造型であり、いずれのキットに付属するライダーのフィギュアもアニメの登場キャラクターではなく、ボディスーツを身に纏ったライダーとなっている。

先に記したコンセプトの示す通り、本作のゾイドは過去の地層から発掘されたものを復元しているという設定が与えられており、ラインナップされているキットも基本骨格と動力が組み合わさったフレームに装甲を取り付ける形でそのコンセプトを再現。

なお、キットはバラッツのようにパーツがランナーから切り離し済みでニッパーを必要とせず、フレームや装甲などの各種パーツ類は分解状態でキャップやパイロットフィギュアの入った「Sパック」、骨格パーツの入った「発掘パック」、外装パーツの入った「復元パック」というビニール袋に個別に包装されている。パックを固定している梱包材の段ボールには、地層をイメージした模様が描かれている。

前述の切り離し済みパーツをはじめ、取り扱い説明書(復元の書)も前年のセイスモサウルスから取り入れられたフルカラー印刷となり、更にはタカラトミーYoutubeチャンネルにて組み立てサポート動画も配信されているため、低年齢層でも組み立てやすいよう配慮されている。
キットの中の構成と組み立てを『復元』、説明書を『復元の書』に見立てたことにより、世界観に入り込める『なりきり玩具』のギミックが入っている。

ゾイドシリーズの醍醐味とも言えるゼンマイやモーターによって各部を可動させながら歩行する駆動ギミックの他にも今シリーズの目玉であるワイルドブラストギミックも手動または電動で再現でき、大型モデルではそれに合わせた大胆な変形ギミックを楽しめる。

また各ゾイドの装甲には旧ゾイドシリーズのようにハードポイントが設けられており、規格が合えば旧ゾイドシリーズの武器パーツはもちろんゾイドシリーズ以外の武器パーツを付ける事ができ、射撃武器を搭載したゾイドワイルドのゾイドを実現する事ができる。

登場人物及びゾイド 


フリーダム団(主役サイド)

ライダー


ゾイド


シュプリーム団

ライダー


ゾイド



デスメタル帝国(敵サイド)

ライダー


ゾイド



その他


余談

  • 登場人物の名前の多くはメインターゲットに覚えやすいように天気食べ物調味料単語、さらに口癖から来ている。(ギャラガーの由来は不明)
  • これまでのシリーズにおいて「モデルとなった生物の大型個体よりも体長が短い」という例は主にスピノサパーなどが当てはまるが、全体として見ればかなり少数派であった。だが、本作ではその条件に当てはまるゾイドの割合が少なくない。
  • 懲罰席が主流であることから、「金属細胞を持たないだろう地球人で大丈夫か?」と心配する声もある。金属細胞を体内に持つというのは想像以上にすごい事らしく、惑星Ziの人間による旧バトルストーリー時代には様々な凄まじいエピソードが残っており、ゾイドに搭載する対人用武装も存在した。
  • ゾイドのサイズが前シリーズよりも小さく、手足等の稼働部位が増え、より格闘戦への比重が増した事で、ゾイドが激しく素早い攻防や仕草を行っても、重量感等に違和感が少なくなっている。
  • 予告の前にゾイドワイルドの世界設定や用語を初心者のアラシが質問側、ベーコンやペンネのような経験者が解説側としてSDキャラになってメタ発言含めた漫才形式で説明するオマケコーナーがある。


関連動画



関連タグ

タカラトミー TOMY ZOIDS ゾイド

ゾイド-ZOIDS- ゾイド新世紀/ゼロ ゾイドフューザーズ ゾイドジェネシス

外部リンク

ゾイドオフィシャルサイト|タカラトミー
ゾイドワイルド公式ページ(玩具版)
ゾイドワイルド公式ページ(アニメ版)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾイドワイルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68786

コメント