ピクシブ百科事典

トリケラドゴス

とりけらどごす

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

英表記TRICERADOGOS
番号ZW11
所属フリーダム団(FREEDOM)
分類トリケラトプス
骨格分類4足大恐竜骨格
異名眠れる大衝角
全長10.1m
全高4.7m
重量74.6t
最高速度158km/h
発掘地域ワイルド大陸 平原地帯
IQ77
本能解放技名フォースインパクト
搭乗者ギョーザ
ステータス
  • アタック:8
  • ディフェンス:10
  • スピード:6
  • スタミナ:6
  • IQ:6
  • ワイルドブラスト:9
武装
  • チップホーン
  • アッパーホーン
  • インパクトホーン
  • 尻尾
装備
  • 起動骨
  • フリルシールド
クラスL
動力モーター(単3形乾電池×1本)
発売日2018年9月29日
価格4500円(税抜)
組立時間約50分


「轟け!トリケラドゴス!俺の魂と共に!」

概要

黄色い装甲と3本角が特徴的なトリケラトプスのギョーザの相棒ゾイド。3本の角を用いた体当たり攻撃を得意とし、フリルシールドで敵の攻撃を跳ね返す防御力も備えている。本能開放技はフリルシールドを開きながら中央の巨大な角「インパクトホーン」を勢いよく突出させ、敵ゾイドを突く「フォースインパクト」。連続で打ち付けることにより、硬い城壁やダムも容易に破壊する。

普段は温厚だが、本能開放すると我を忘れ、視野が狭くなり、防御力が一気に低下する。

尚、インパクトホーンは背骨が進化した骨の一部だと考えられている(生物で例えるなら背骨の一部が頭蓋骨を貫通しているようなもの)。

アニメでは

巨体に反して身軽かつ逆立ちしたり、チップボーンでボールを器用にヘッディングならぬホーニング?するなど芸達者で、ゾイドに比較的友好的な街や村で芸を披露しながらギョーザの路銀稼ぎと金儲けに協力している。

ゾイドを私利私欲の為に利用しているとしてアラシからは反感を買うが、ギョーザ曰く「トリケラも納得している」らしく、トリケラ自身も好きで協力している模様(無計画で旅をしては路銀と食糧が尽きて行き倒れになるアラシ一行よりは現実的と言える)。

第25話ではギョーザの妹のラーユを初めとするキンコの人々を苦しめるトリュフに対する怒りに共感し、ゾイドキーを『究極の絆』として彼に渡すのであった。ゾイドキーは軸が黒色で金色が主体の短剣型のもの。

ちなみにギョーザの相棒であるためかキーを差し込んだ後は踊るように跳ねながら本能解放する。

なお、草を食べている描写があり、この地球の植物に金属細胞が含まれているのかは不明だが、ゾイドが有機物を摂取するのは、惑星Ziにてゾイド野生体および古代ゾイド人が形成していた生態系にも通じる部分がある。

キットについて

モーター動力によって駆動し、背部のスイッチを入れると歩行を開始する。数歩進むと歩行を停止してフリルシールドが前方に展開し、インパクトホーンが前方に突出。この動作を2回行った後、角を自動で収納して再び通常歩行へ戻り、繰り返しとなる。

一連の動作をフルオートで繰り返すギミックはグラキオサウルスに続いて二体目。

バリエーション

トリケラドゴスカノン

Youtubeにて公開された田口清隆監督制作の特撮ジオラマ映像『ゾイドワイルドバトルウォーズ』に登場したトリケラトプス型ゾイドで、劇中で使われたキットはトリケラドゴスを改造したもの。

ワイルド大陸から遥か遠く離れた東部の大陸にある王国が保有する重装甲機で、城塞や防壁を突破する為の重砲類が搭載されており、インパクトホーンは220mm超加速砲に、アッパーホーンは30mm対空速射砲に換装されている。

劇中では王国軍のガノンタスプラス1個中隊の隊長機として登場。廃墟と化した市街地で共和国軍の最新鋭機デスレックスバスターに対して一斉射撃を加えるが、その機動力に翻弄された末に横方向からの不意打ちを受け、ビルに叩き付けられてしまう。

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドワイルド トリケラトプス
ギョーザ(ゾイドワイルド)
バビルサイッカク…歯が骨を貫通する生物の例。

関連記事

親記事

ゾイドワイルド ぞいどわいるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トリケラドゴス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1494

コメント