ピクシブ百科事典

グラキオサウルス

ぐらきおさうるす

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種でメイン画像の後ろの竜脚類ロボなキャラクター。
目次[非表示]

スペック

機体名グラキオサウルス
英表記GRACHIOSAURUS
番号ZW08
所属シュプリーム団(SUPREME)
分類ブラキオサウルス
骨格分類4足巨大恐竜獣骨格
異名大地の魁槌
全長15.8m
全高10.4m
重量134t
最高速度181km/h
発掘地域ワイルド大陸 密林地帯
IQ95
本能解放技名グランドハンマー
ステータス
武装
  • ハンマーボーン
  • スピナスボーン
装備
  • 放熱フィン
  • アウトリガー
  • 頭部
  • 尻尾
  • 起動骨
クラスXL
動力モーター
発売日2018年7月
価格6800円
組立時間約60分


「砕け!グラキオサウルス!俺の魂と共に!!」


概要

ハンマー状の首を叩き付ける攻撃や、巨体を活かして輸送物資を行うブラキオサウルス種の巨大ゾイド。とあるピラミッド図においては、ファングタイガーワイルドライガーと並びデスレックスに次ぐヒエラルキーにある(参照)。実際、あのギャラガーが興奮しパワーを称賛するほどであり、ギャラガーの台詞からもグラキオサウルスを相棒にできたゾイドハンターも多くないと思われる。また、公式の販促CMにおいてもデスレックスとの対峙にて「最強vs最狂」とされている。

そのパワーはすさまじく、街に落ちてきた巨大隕石を首の一振りで粉々にするほど。第6話では対決したワイルドライガーの攻撃を全く寄せ付けなかった。
大音量の咆哮と吐息、攻撃の際の衝撃波または暴風も、ワイルドライガーを吹き飛ばす威力があり、威嚇どころか攻撃のレベルにまで達している。
また、鈍重に見えて、戦闘の際の挙動は素早い。

本能開放すると、パイルバンカーで己を地面に固定し、巨大な「ハンマーボーン」が頭部と一体化、あらゆるものを粉砕する。その威力は、敵ゾイドもろとも周囲の地面を粉砕するほどである。
「振り下ろせ!グランドハンマー!!」

また、グラキオサウルスは雨が多く薄暗い、密林地帯の環境に適応した故に独特の機体色を持つに至ったと言われている。

本能解放技はハンマーボーンと一体化しては巨大なハンマーとなった首を勢いよく振りおろし、敵ゾイドを地面諸共叩き潰す『グランドハンマー』。

大地の魁槌


ゾイドキーは青・銀色で、持ち手がハンマーボーンを模した短剣の様な形をしている。

アニメではシュプリーム団の一員クロアメのパートナーとして登場。またアラシの父イカヅチもこのグラキオサウルス種の同族を相棒にしていた。

余談

  • ハイドッカービガザウロから始まった竜脚類モチーフのゾイドだが、従来の同系機種は砲撃戦を主体とし、ウルトラザウルスセイスモサウルスのように格闘可能な機種もいるが、完全に格闘戦を主体とするのはグラキオサウルスが初である。
  • ゾイドワイルドのコンセプトとモチーフがモチーフなだけに、バイオゾイドに近い部分も持ち、デザインの一部に早い段階で廃案となったバイオディプロドクス(参照)を彷彿させる要素がある。
  • 現在のところ、歩行した後に別のアクションを起こし再び歩行に戻るギミックを持つゾイド(エヴォドライブを除く)はキングゴジュラスムゲンライガーに続き3つ目である。
  • キット版は自動ワイルドブラストが出来るゆえに動作が如何せん複雑すぎるため、公式では組み立てた後から電池を入れて電源をいれることを推奨している。先に動かしてしまうとワイルドブラストが正しく行われない。
  • 「首に左右から巨大な鎌を装着して振り下ろす」グラキオサウルスのワイルドブラストは、頭と首が左右に割れて背中から巨大な鎌を振り下ろす、『改造マニュアル』および『ゾイドバトラー雷牙』に登場した公式の魔改造ウルトラザウルス・「ウルトラデビルス」に通じるものがある。

関連タグ

ゾイド ZOIDS  ゾイドワイルド ブラキオサウルス 恐竜 竜脚類

pixivに投稿された作品 pixivで「グラキオサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3160

コメント