ピクシブ百科事典

ディメパルサー

でぃめぱるさー

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名ディメパルサー
英表記DIMEPULSAR
番号ZW20
所属デスメタル帝国(DEATH METAL)
分類ディメトロドン
骨格分類
異名電撃の参謀
全長9.5m
全高5.1m
重量38.0t
最高速度97km/h
発掘地域ワイルド大陸 鉱山地帯
IQ93
本能解放技名マッドオクテット
搭乗者トリュフ
ステータス
  • アタック:7
  • ディフェンス:5
  • スピード:4
  • スタミナ:6
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:7
武装
  • スペクターフィン
  • エレキテイル
  • パルスチューナー
装備
  • 起動骨
  • パルスコア
  • インシュレータークロー
  • インシュレーターカウル
クラス
動力モーター
発売日2019年2月23
価格3000円(税抜)


概要

高周波パルスを使った電子戦が得意なディメトロドン種の中型ゾイド。
背中には高性能アンテナとして機能するスペクターフィンという8つの大きなヒレを持つ。
本能を解放するとスペクターフィンを広げ、高周波パルスを拡散放射することができる。

帝国はディメパルサーを用いたレーダー装置を大量に開発しようとしたため、スペクターフィンとパルスコアが無い状態の骨格が多く見つかったという。
本能解放技は左右に展開させたスペクターフィンから高周波パルスを拡散放射させ、周囲の敵ゾイドを撹乱し感電させる『マッドオクテット』。


初戦闘時ではトリュフが破壊されたステゴゼーゲに替わる2体目のゾイドとして呼び出し、瞬間移動したかのように煙の中からいきなり登場している。

強制解放による高周波電磁パルスで(前の戦闘で消耗していたとは言え)近くにいたトリケラドゴスハンターウルフを行動不能状態にさせ、近づこうとしたワイルドライガースコーピアガノンタスにも多大なダメージを一瞬の内に与えた。

しかし復元直後の導入だった事でデスブラストの負荷に身体が絶えられず、仕方なく早々に撤退することになる。もし、状態が完全ならフリーダム団は負けていたかもしれない。

尚電磁パルスという性質上、人間に関しては丸腰の搭乗者を含め、耳のいいソルトが耳鳴りをした以外悪影響は出なかった模様である(作風から省略されているかもしれないが)。

余談

キットは足や尾にガブリゲーターのパーツを流用している。

ディメトロドンゲーターゴルドスゴルヘックスダークスパイナーディメトロプテラのような背鰭が特徴なゾイド(スピノサパーは除く)のお約束として電子戦が得意な部分があるが、ディメパルサーはそれを麻痺攻撃能力として発展させている。
この点では、ダークスパイナーやスパークライガーグランチャーレインボージャーク(アニメ版)に近い。

いずれにしろ、明確な遠距離攻撃能力を持つゾイドは今シリーズでは珍しく、装備の名称の全てが横文字な事もあり、高速のハンターウルフとは対照的と言えよう。

ちなみマッドオクテットは英語で「狂った」を意味する『mad』と英語で8人組・8個組及び情報通信の分野で8ビット単位の情報を意味する『octet』を合わせた造語と考えられる。

余談だがゾイドアニメでは初めて登場した純粋なディメトロドンモチーフのゾイドである。
(ゾイドフューザーズに登場したディメトロプテラは半分翼竜である為除外。)

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドワイルド デスメタル帝国
ディメトロドン

コメント