ピクシブ百科事典

ディメパルサー

でんげきのさんぼう

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名ディメパルサー
英表記DIMEPULSAR
番号ZW20
所属デスメタル帝国(DEATH METAL)
分類ディメトロドン
骨格分類4足恐竜骨格
異名電撃の参謀
全長9.5m
全高5.1m
重量38.0t
最高速度97km/h
発掘地域ワイルド大陸 鉱山地帯
IQ93
本能解放技名マッドオクテット
搭乗者トリュフ
ステータス
  • アタック:7
  • ディフェンス:5
  • スピード:4
  • スタミナ:6
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:7
武装
  • スペクターフィン
  • エレキテイル
  • パルスチューナー
装備
  • 起動骨
  • パルスコア
  • インシュレータークロー
  • インシュレーターカウル
クラス
動力モーター
発売日2019年2月23
価格3000円(税抜)


概要

高周波パルスを使った電子戦が得意なディメトロドン種の中型ゾイド。
背中には高性能アンテナとして機能するスペクターフィンという8つの大きなヒレを持つ。
本能を解放するとスペクターフィンを広げ、高周波パルスを拡散放射することができる。

帝国はディメパルサーを用いたレーダー装置を大量に開発しようとしたため、スペクターフィンとパルスコアが無い状態の骨格が多く見つかったという。
本能解放技は左右に展開させたスペクターフィンから高周波パルスを拡散放射させ、周囲の敵ゾイドを撹乱し感電させる『マッドオクテット』。
また、直接戦闘力も決して低くなく、キングオブクローで向かってきたワイルドライガーを尾で弾き飛ばせる程の戦闘力はある。

初戦闘時ではトリュフが破壊されたステゴゼーゲに替わる2体目のゾイドとして呼び出し、瞬間移動したかのように煙の中からいきなり登場している。

強制解放による高周波電磁パルスで(前の戦闘で消耗していたとは言え)近くにいたトリケラドゴスハンターウルフを行動不能状態にさせ、近づこうとしたワイルドライガー・スコーピアガノンタスにも多大なダメージを一瞬の内に与えた。

しかし復元直後の導入だった事でデスブラストの負荷に身体が絶えられず、仕方なく早々に撤退することになる。もし、状態が完全ならフリーダム団は負けていたかもしれない。


電磁パルスという性質上人間に関しては影響が薄く、耳のいいソルトが耳鳴りをした程度であったが、パワーアップした再戦時では、強制開放で自らの電磁パルスを収束・発射する事が出来る小型ゾイド「ディロフォス」との連携で、搭乗者であるアラシ達もダメージを受ける程に威力が上昇。

更にデスメタル側のゾイドは巻き添えを食わない様、特殊な電磁波遮蔽コーティングを施されており、搭乗者も専用の耳栓によって悪影響を防ぐという周到ぶりであった。

また、それまでに喰らったゾイドのDNAを取り込んだデスレックスのDNAを落とし込まれたことで、更なる必殺技『ファイナルマッドオクテット』を体得。
何と電磁波を浴びたゾイドの内、取り込まれていたDNAの持ち主であるゾイドを操れるようにまでなってしまった(しかも究極の絆の証であるワイルドブラストを解除させてしまうレベル)。

トリュフ自身にも想定外の結果であったが、これによりシュプリーム団グラキオサウルスアンキロックスパキケドスを洗脳し奪取。
そのパワーにより長時間の運用には耐えられないという弱点は再発したが、敗走したレジスタンス一行はほぼ完全に再起の芽を潰されてしまう事態に陥るのだった。

デスロッキーに向かうフリーダム団の前に再び現れた際は、先の戦いでディロフォスを消耗し威力の上昇はできなくなっていても尚マッドオクテットとファイナルマッドオクテットでフリーダム団を苦しめたが、デスメタルを抜けたドレイクギルラプターが乱入するという想定外の事態が発生(ギルラプターは上記のようにマッドオクテットの影響を受けない上に、トリュフが動いている事を知っていたドレイクは耳栓をしていた)。
ギルラプターの音速殺でスペクターフィンを切断された所に、ワイルドライガーのキングオブクロースパイラルを受けて倒されたのだった。

バリエーション

ディメパルサートランス

ニンテンドーSWITCH用ソフト『ゾイドワイルド キングオブブラスト』に登場する亜種。
通常のディメパルサーとは異なる電磁波を出すことができる希少種で、個体によってはその電磁波が人間の精神に影響することもあるという。本編に出て来なくて本当によかった。

余談

キットは足や尾にガブリゲーターのパーツを流用している。
ディメトロドンやゲーターゴルドスゴルヘックス、ディメトロプテラのような背鰭が特徴なゾイド(スピノサパーは除く)のお約束として電子戦が得意な部分がある。

いずれにしろ、動物的な白兵戦主体である本作のゾイドの中では異端児といえる存在で、装備の名称の全てが横文字な事もあり、高速のハンターウルフとは対照的と言えよう。

ちなみマッドオクテットは英語で「狂った」を意味する『mad』と英語で8人組・8個組及び情報通信の分野で8ビット単位の情報を意味する『octet』を合わせた造語と考えられる。

余談だがゾイドアニメでは初めて登場した純粋なディメトロドンモチーフのゾイドである(ゾイドフューザーズに登場したディメトロプテラは半分翼竜である為除外)。

尚ゾイドワイルド用冊子「冒険の書Vol.2」によれば骨格は恐竜骨格に分類されているが、ディメトロドンは単弓類(爬虫類が哺乳類に進化する過程で生まれた生物)である。

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドワイルド デスメタル帝国
ディメトロドン 電磁波 アンテナ レーダー

ダークスパイナー - 「敵ゾイドを狂わせる電磁波」「味方は巻き込まないように対策を施している」点で類似しているゾイド。

関連記事

親記事

ゾイドワイルド ぞいどわいるど

兄弟記事

コメント