2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ペルム紀前期のユーラメリカ大陸域(アメリカドイツ)に生息していた単弓類
主な産出地としてテキサスの赤色層(Texas Red beds)が挙げられる。

ディメトロドン属には大小様々な複数の種が含まれ、最大種D.angelensisでは4m程度に成長した可能性が指摘されているが、最小種D.teutonisは60cm程度であった。

ディメトロドンとは「2種の歯」の意味で、大きさ・形状の異なる2種の歯を持つ。
また、歯の形態は狙う獲物によって異なり、小型種を狙うD.milleriには鋸歯(セレーション)がなく、大型の種を狩るD.limbatusやD. grandisにはエナメルセレーションが見られる。

最大の特徴である帆は伸長した脊椎の神経棘で、この棘の間に皮膜による帆が張られていたと考えられている。用途については諸説あり、体温調節説やディスプレイ説、バランスを保つのに役立ったとする説などがある。
書籍などでは体温調節説がしばしば取り上げられるが、熱的に背鰭を持つことが非効率的な小型種にも見られること、ディメトロドンの帆が体温調節に必要な速度よりもはるかに速い速度で成長していたことなどから否定的であり、最近では性淘汰の産物であるとされることが多い。
ディメトロドンが性的二形を持っていた可能性は1940年代から言及されており、背鰭が大きく頭部が長く、上顎のくびれが顕著なものが雄であるとみられる。

2014年にフィールド自然史博物館のアンジルチェックとシュミッツがD.milleriの強膜輪の存在が気温の下がる夜に活動していた可能性を示唆するという研究成果を発表した。milleriは小型のディメトロドン属であり、生活様式の異なっていたと思われる大型ディメトロドン属も夜行性かどうかは不明。

創作に於けるディメトロドン

 その特徴のある帆から古生代の陸上動物の中では有名で、恐竜玩具の中にディメトロドンのフィギュアが混ざることも多い。サブカルチャーにおいても出番が多く、キャラクターのモデルとして起用される事がある。

ディメトロドンモチーフのキャラ


ZOIDS』に登場するディメトロドン

ゴシック風 ディメトロドン


型番(所属)
形式
  • 旧:恐竜型(だから違うっての)
  • 新:ディメトロドン型
全長22.3m
全高12.6m
全幅8.42m
重量156t
最高速度150km/h
装備
  • 大型赤外線レーザーサーチライト〈旧〉/赤外線レーザーサーチャー〈新〉(額)
  • 接近戦用ビーム砲×2〈旧〉/TEZ20mmリニアレーザーガン×2〈新〉(喉)
  • 高圧濃硫酸噴射砲〈旧・新〉(左肩)
  • 全方位レーダーアンテナ〈旧〉/全天候3Dレーダー〈新〉(帆)
  • 全天候自己誘導ミサイルランチャー〈旧〉/地対地ミサイルポッド〈新〉(帆の前)
  • 全天候3Dレーダー〈旧〉/複合センサーユニット〈新〉(帆の後ろ)
  • 高速キャノン砲〈旧〉/AEZ20mmリニアレーザーガン〈新〉(尾端)
  • MAD磁気探知機〈旧〉(尾端)
  • 爆発物探知センサー〈旧〉(足)
  • 放熱口〈旧〉(脚)
  • チャフ・フレアディスペンサー〈新〉(脇腹)

 中央大陸戦争時代、ゼネバス帝国が暗黒大陸に亡命中に開発した、大型のディメトロドン型電子戦ゾイド

小型機で見つかりにくいゲーターよりも大型になってしまっているがこの機体最大の特徴である背中の巨大な背びれは超高感度レーダーアンテナであり、そのレーダーの性能はヘリック共和国ゾイドゴルドスのレーダー機能を凌ぐ。
この機体のレーダーとデータリンクした射撃管制装置は極めて正確に敵を狙い撃つことができ、かつ敵の通信電波を傍受すると自動的にそれを分析してより強力な妨害電波を発して通信を遮断することも可能と、隠蔽・索敵・精密射撃等に優れている。
ただしゲーター同様にディメトロドン自体の戦闘能力は低く、ゴジュラスだけでなくシールドライガー等の同クラスのゾイドとの直接戦闘では殆ど勝ち目がない。

後に大異変を生き延びており、ネオゼネバス帝国により再び運用され、ヘリック共和国滅亡後の共和国軍残党狩りに運用された。

対となるゴルドスに比べるとアニメでは登場せず、ゲーム作品でもほとんど出番がないとメディア的には不遇。
ただしゲーム・『サイバードライブゾイド 機獣の戦士ヒュウ』では攻撃速度が速く、最初の壁というべき強さを見せてくる。

関連タグ

ゾイド 古生物 電子戦

関連記事

親記事

スフェナコドン亜科 すふぇなこどんあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ディメトロドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85180

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました