ピクシブ百科事典

ワイルドライガー

たけるししおう

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種で、アニメ『ゾイドワイルド』の主役ゾイド。
目次[非表示]

スペック

機体名ワイルドライガー
英表記WILD LIGER
番号ZW01(通常) ZW15(覚醒)
所属フリーダム団(FREEDOM)
分類ライオン
骨格分類4足獣骨格
異名猛る獅子王
全長8.4m
全高4.5m
重量48.0t
最高速度205km/h(通常) 246km/h(覚醒)
発掘地域不明
IQ95
本能解放技名キングオブクロー、キングオブクロースパイラル
搭乗者アラシ
ステータス
  • アタック:9(通常) 10(覚醒)
  • ディフェンス:7(通常) 5(覚醒)
  • スピード:7(通常) 9(覚醒)
  • スタミナ:7(通常) 5(覚醒)
  • IQ:7(通常) 7(覚醒)
  • ワイルドブラスト:9(通常) 10(覚醒)
武装
  • タテガミクロー
  • 咆哮砲
  • 爪(通常) ゴールドカラーレッグクロー(覚醒)
  • 尻尾
装備
  • ブルーフリル
  • 放熱フィン
クラス
動力モーター(単4形乾電池×1本)
発売日2018年6月23日(通常) 2018年11月10日(覚醒)
価格3000円(税抜)(通常) 4000円(税抜)(覚醒)
組立時間約40分


「燃えろ!ライガー!俺の魂と共に!!」

行くぜ相棒



概要

劇中の世界において唯一無二のライオン種たる、白いタテガミを持つ伝説のゾイド。非常に高い戦闘能力を持ち、鋭い爪や牙で敵を攻撃する。"ワイルドブラスト"で本能を解放すると、背中に隠された武器「タテガミクロー」を解放し、敵ゾイドを切り裂き、更に貫く。

アニメでは

デスメタル帝国から逃げ出し痛めつけられていた所をアラシによって助けられるも、当初は彼に対してぞんざいな態度を取るなどしてなかなか心を開かずにいた。だが、旅を続けていく中でアラシを「相棒」として認めるようになっていく。手懐けるのは非常に困難だが、信用されればどんな時も主を守る。

しかし、その後も気に入らない事があるとアラシをほっぽりだして走り出したり、彼の言うことをスルーしたりと、戦闘時以外は文字通りフリーダムに振る舞っている。また、旅をしていく内にアラシのボケに付き合うなど性格も変化している。

アラシがギャラガーに殺されそうになった時は既にボロボロになった体を盾にし、オイルを流しながらもアラシを守り、内心ではアラシの事を大事な仲間と思っているのは確かである。

本能解放技は、展開したタテガミクローにエネルギーを集中させながら敵ゾイドに向かって突撃し、敵ゾイドを一撃で破壊する「キングオブクロー」

ゾイド復活!!


「斬り倒せ!キングオブクロー!!」

また、第22話ではムシ仙人との修行の際につむじ風からヒントを得た「キングオブクロースパイラル」を体得。まともに食らえば同クラスのゾイドも真っ二つになってしまう威力を持ち、キングオブクローだけでは対応できないデスメタル四天王等の強敵に使用されることが多い。

ワイルドブラストの発動に必要な「ゾイドキー」は金色の稲妻の様な形をしている。

オニギリによると、「中型ゾイド百体に匹敵する戦闘力」、「爪はあらゆるゾイドにおいても最上クラス」、「この半世紀ほとんど情報が得られず、絶滅したとも考えられていた」らしい。一方第14話では「ライオン種の中でも世界で一体しか発見されていない」と言及されており、すなわちワイルドライガー以外にもライオン種のゾイドが存在するという事になる。

覚醒ワイルドライガー

ワイルドライガーが、ゾイドとライダーの絆が限界域を超えることにより覚醒した姿。スピードがアップし、タテガミクローが超硬度となることで、本能解放を凌駕する力を発揮する。

本能開放の次のステージである「覚醒」。それはゾイドとライダーの絆が限界値域を超えた時に起こる未知の領域である。ゾイドとライダーの絆、闘争本能が高まった時に発動するのが「本能開放」。そこから更に極限状態となるとゾイドとライダーの精神エネルギーが振動となり、人機一体となってパワーを増大させていく。この状態が「覚醒」である。

ワイルドライガーが覚醒すると、強大なエネルギーによって関節部は赤い光を放ちながら激しく回転し、鋭い爪は黄金色に光り輝く。レッドゾーン(限界領域)を突破したエネルギーはアーマーの隙間から赤い光となって放出され、通常時を遥かに凌駕する本能開放技が発動される。しかし、この覚醒状態は強いエネルギーの振動による負担が大きく、ライダーの心身へのダメージは必至である。

初めて覚醒したのは第20話。しかしこの時は第14話で起きた暴走状態の延長でしかなく、デスブラストしたデスレックスと互角の戦闘力を発揮した反面、無謀な突撃をやめさせようとした仲間達にさえも無差別に攻撃を加えた。修行によって暴走を克服して以降は登場しなかったが、最終話で仲間達の思いを受け取った事により遂に完全な覚醒を果たす。

キットについて

『ゾイドワイルド』シリーズのリアルムービングキット第1号。尻部の白い装甲がスライド式スイッチ(起動骨)になっており、スイッチを入れると歩行を開始。歩くごとに徐々に首が下がり、下がり切るとストッパーが外れて背部のタテガミクローが展開(ワイルドブラスト)する。以降は一定数歩行するごとに口を開閉させながらタテガミクローを振りかざすアクションを行う。

2018年11月10日には白いアーマーをパール成型に、青いアーマーをメタリック成型に変更し、爪と牙が金塗装仕上げとなり、タテガミクローの金色部分がメッキ処理された他、内臓モーターが1.2倍のスピードに引き上げられた限定品「覚醒ワイルドライガー」が発売。付録として「コロコロコミック特別編集記事&マンガスペシャルブック」が付属している。

バリエーション

銀獅子Ver.

月刊コロコロコミック2018年8月号の抽選プレゼント品。本体+ステッカーが100名、ステッカーのみが900名に当選するというもの。ステッカーはワイルドライガーの全身に貼る、銀地に青いラインの入ったもの。

覚醒ワイルドライガー 紅蓮Ver.

月刊コロコロコミック2018年10月号の抽選プレゼント品など。覚醒ワイルドライガーのアーマーの青い部分がクリアレッドに変更されている。当選者は僅か100名のみ。ちなみに、動力が覚醒版の物と通常版の物の2種類が存在するらしい。

ワイルドライガーイーヴィル

ニンテンドースイッチ『ゾイドワイルド キングオブブラスト』早期購入特典の限定パーツを付けたワイルドライガー。成型色はそれぞれ白→黒、青→赤となり、Zキャップが緑になった伝説の亜種。

ワイルドライガーブレード

現在は入手不可能。青と白のカラーリングが反転し、額にオレンジ色のパーツを付けた伝説の亜種。いつかどこかで見たような雰囲気

コマンドライガー

Youtubeにて公開された田口清隆監督制作の特撮ジオラマ映像『ゾイドワイルドバトルウォーズ』に登場したゾイドで、ワイルドライガーを改造したもの。

背部には展開式の8000メガワット級電磁ソードを備え、ソードの基部にはスモークディスチャージャーが付く。更に前脚には45mm対ゾイド速射砲、後脚には8連ロケットランチャーが装備されている。

ワイルド大陸から遥か遠く離れた東部の大陸にある王国の軍に配備されており、当機は決戦用ゾイドの中でも精鋭として敵国の共和国軍から恐れられている「王国軍コマンド部隊」の1騎である。劇中では都市迷彩が施された当機が共和国軍のデスレックスバスターと市街地の中で死闘を繰り広げた。

余談

  • 『ゾイドワイルド』のキットを販売している店舗では専用ケースに収められたワイルドライガーのディスプレイが設置されている事があり、ボタンを押すとケース内部の照明が光って咆哮音が響き、ワイルドブラストを体験できる。ただし、管理がずさんな店舗では動かなくなったまま放置されている場合も…
  • キットのワイルドブラストは歩行時に自動で展開するのだが、ライガーの頭を4段階下げれば手動でタテガミクローが展開できる。
  • アニメとキットのカラーリングが異なるのはムラサメライガーにも見られた特徴であり、ワイルドライガーのデザインを担当した徳山光俊氏はムラサメライガーのデザインも担当していた。
  • 声のエフェクトは、『ゾイドフューザーズ』までのライガー達の声と『ゾイドジェネシス』のムラサメライガー系の声をミックスさせたような感がある。


関連イラスト

無題
T社製


(2枚目はなんと上山道郎先生によるイラスト

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドワイルド フリーダム団 アラシ(ゾイドワイルド)
ライオン型ゾイド ライオン ライガー

関連記事

親記事

ゾイドワイルド ぞいどわいるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイルドライガー」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34765

コメント