ピクシブ百科事典

キャノンブル

もうげきのじゅうせんしゃ

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

英表記CANNON BULL
番号ZW26
所属帝国
分類バッファロー
骨格分類4足牛種骨格
異名猛撃の重戦車
全長7.7m
全高5.1m
重量50.4t
最高速度170km/h
発掘地域大陸北東部 草原地帯
IQ92
兵器解放技名9連装徹甲弾(ナインバーストキャノン)
搭乗者リュック隊長(ZERO)、プレディ・ラプソディ(2)
ステータス
  • アタック:8
  • ディフェンス:8
  • スピード:6
  • スタミナ:7
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:8
武装
  • 超硬角
  • 9連キャノン砲
  • 3連ミサイルポッド
  • ヘヴィスパイク
  • シュレッドテイル
装備
  • z・oバイザー
  • フレックアーマー
  • ブレットシールド
クラスM
動力モーター
発売日2019年7月27日
価格3500円(税抜)
組立時間-分


概要

中距離砲撃用に改造されたバッファロー種のM型ゾイド。ミサイルやキャノン砲で離れた敵を攻撃し、兵器解放(マシンブラスト)すると背部のブレットシールドが開き、中から9連キャノン砲が出現して左右、中央のそれぞれ3連ずつ同時に砲撃する。

野生のブルは各地で比較的多く発掘され、改造に耐えられる丈夫さもあり、復元後に様々なタイプに改造された機体があると言われる。機体数は多いが個体差が少ない為、メンテナンス性は良く、戦場での稼働率とライダーの信頼性は高い。

兵器解放技はブレットシールドが開いて内部から出現した9連キャノン砲から3連ずつ同時に砲弾を発射し、その圧倒的な火力で多数の敵を一網打尽にする『9連装徹甲弾(ナインバーストキャノン)』。

余談

ゾイドワイルド』シリーズ第2期にあたる『ゾイドワイルドZERO』の帝国軍サイド第一号となるゾイドで、共和国軍のビーストライガーとは敵対関係にあたる(『ゾイドワイルド』のキットのパッケージ写真は味方・中立側は左向き、敵側は右向きに掲載されている)。

また、今までに登場した『ゾイドワイルド』の哺乳類系ゾイドは肉食性動物モチーフが多く、ナックルコングのモチーフ元のゴリラは草食性哺乳類だが時には時には昆虫も食べる為、意外にもキャノンブルがゾイドワイルドでは初の完全草食性の哺乳類モチーフのゾイドとなる。

外見は『背中と胸部に火器を搭載したマシン牛』とも呼べる風貌から80年代の旧ゾイドシリーズのディバイソンを小型化したようなデザインで、目はZ-Oバイザーで覆われ、どちらかと言えば旧シリーズのコクピット付き、特に帝国ゾイド式の頭部を彷彿させ、全体的には同シリーズの遠距離系武器を搭載し、『ゾイドワイルド』では珍しく大型の火器を備えたガノンタス以上にミリタリー要素の強いデザインになっている。


キットについて

モーター駆動タイプのキットで、使用する電池は単4形1本。尻部のスイッチを入れると口を開閉させながら歩行。更にブレットシールドを開いてスイッチを入れると内部の9連キャノン砲の砲身が向かって右から左へと縦に3列づつリコイルするアクションを楽しめる。
キャノンブルの角はディバイソンと同じ名称の「超硬角」である。ただし、ディバイソンのキットの角がダイキャスト製(ハズブロ製造分を除く)であるのに対し、こちらはプラ製で内側は肉抜きされている。
さらに骨格含めてモーター駆動ではキャタルガ、ゾイドワイルドシリーズ全体ではスパイデス以来になる完全新規のゾイドでもある。

バリエーション

対空長距離砲撃仕様

敵国の共和国軍が鹵獲したキャノンブルの改造案の一つ。取り外しが困難なバイザーや拘束キャップが除去されており、共和国軍が運用する進化ゾイドに近い姿となった。9連キャノン砲のサイドには長距離攻撃用の大型砲を備え、超硬角や前脚のフラックアーマー、シュレッドテイルにも武装を増設。足首には装甲が取り付けられている。


関連タグ

ゾイド ゾイドワイルドZERO 帝国軍(ゾイドワイルドZERO)
バッファロー

ディバイソン カノンフォート ディスペロウ:これまでに登場したバッファロー型ゾイド。ディバイソンに関しても、本来の意味でのバイソンよりもバッファローに近い見た目である。

関連記事

親記事

リュック隊長 りゅっくたいちょう

pixivに投稿された作品 pixivで「キャノンブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1709

コメント