ピクシブ百科事典

ライオン型ゾイド

あにめじだいのぞいどのしゅやく

「ライオン型ゾイド」とは、俗に言う「ライガー」型のゾイドであり、新バトルストーリー以降は主役的な扱いに恵まれる。
目次[非表示]

概要

90年代から再開された『ZOIDS』シリーズ以降、新バトルストーリーやアニメ、関連商品等の様々な媒体で主役を務める事となり、いまや「ゾイドの顔」と言っても過言ではない。

「ライオン型」、「ライガー型」「古代ライオン型」、「ライオン種」、「ライガータイプ」等の分類や呼称がある。

厳密には、「ライガー」とライオンは異なるし、ライオン型ゾイドとライジャー中央大陸のライガー型ゾイドは分岐した別種だとされる。また、HMM版においては、シールドライガー系の野生体とライガーゼロ系の野生体は同種の原体としており、そのために似たような装備(Eシールド)の搭載に成功したらしい(参照)。

なぜライオン型なのか

「ゾイド」というコンテンツの拡大にアニメシリーズは非常に貢献した。『機獣新世紀ZOIDS』および『ゾイド-ZOIDS-』においてはオーガノイド(ゾイド)が目立っていたが、主人公達の乗るゾイドはやはりライガータイプだった。

しかし、それまでの「ゾイドの顔」として例えばゴジュラスを挙げる人も少なくなく、第一作目の第一話にて「なぜオーガノイドのジークがゴジュラスを選ばずにシールドライガーを復活させたのか」という疑問を抱く人もいる。

その理由としては、ぶっちゃけると、「ゴジュラスを主役にすると予算と容量が足らなくなる」からである。ゴジュラスを動かすだけでとんでもないことになるというのは事実らしい。
「なんでアニメではゴジュラスはかませだったり動かないのか」という疑問の声も散見するが、ゾイドの呪いとも言えるインフレ現象の他にも大人の事情があったのだ。

また、お世辞にも動きが速くなく、巨大で切り札的な側面を持つゴジュラスは、主人公の相棒としてはあまり適していないのだ。

ライオン型の次に主役機を務める事があるのは、タイガー型 (ジャガー型もあり) とウルフ (他のイヌ科型も含める) 型と、やはり高機動四足ゾイドが目立つ。バン・フライハイトも漫画版にてはコマンドウルフのジークをシーザー (シールドライガー)の前に操縦しており、ワイツウルフもワイツタイガーが本来の姿となる。ジーニアスウルフも、レオブレイズ型の派生となる。ブレイブジャガーも、ユニゾンしてライオンの特徴を持つキメラ (グリフォン型)となる。『ゾイド惑星Zi』においても、ケーニッヒウルフが初代相棒だったが、レオブレイズに引き継がれていた。

逆に、ゾイドブロックスは最終形態がマトリクスドラゴンやバイトグリフォン等、ライガータイプのブロックスが混じっていても非ライオン型になるケースもある (後者は、見た目的にはライガーゼロフェニックスと大差ないが)。

他にも、商品展開上だと例えば特殊な凱龍輝ドスゴドスが主役に選ばれた事もある。

いずれにせよ、「ヘリック共和国」、「ビース共和国」、「ZOITEC」、「討伐軍」等、共和国系列または非帝国/武国側が主役とされる事が目立つ。

種類


(追記よろしくお願いいたします。)

シールドライガーMKⅡ・デザートライガースパークライガーレオン・レイバスターブレードスラッシュライガースナイプライガーゴッドスピード等の、純粋な強化型やバリエーション等は除く。

※は特殊事例。

ライオン型(ベースがライガー型も含む)







古代ライオン型


ライオン種

その他


余談

  • Pixiv上においては、特にライオン・ライガー型のオリジナルゾイドにこのタグが使われている事が目立つ。
  • 特に旧バトルストーリーのファンや、特に恐竜型ゾイドのファンにはライオン型が主役を務める傾向を好まない人も少なくなく、または飽きたという理由もあり、四足型ゾイドを嫌う人もいるので、レスバトルが発生しやすいかもしれないので議論をする際には注意。


関連イラスト

獣神サンダーライガー



外部リンク


関連タグ

ZOIDS ゾイド
金属生命体

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオン型ゾイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2545

コメント