ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ライオン型ゾイド

あにめじだいのぞいどのしゅやく

「ライオン型ゾイド」とは、俗に言う「ライガー」型のゾイドであり、新バトルストーリー以降は主役的な扱いに恵まれる。
目次 [非表示]

もしかして⇒トラ型ゾイド


概要

90年代から再開された『ZOIDS』シリーズ以降、新バトルストーリーやアニメ、関連商品等の様々な媒体で主役を務める事となり、今では押しも押されもせぬ「ゾイドの顔」と言っても過言ではない。


ライオン型」、「ライガー型」「古代ライオン型」、「ライオン」、「ライガータイプ」等の分類や呼称がある。

  • 「ライガー」という単語の本来の意味は、ライオンとトラの交雑種の中で、父がライオンで母がトラという個体を指す。

アニメシリーズでは、種の区分に関する詳細な経緯は特に説明されていない。特に、『ゾイド-ZOIDS-』ではすべてのゾイドが「ゾイドイヴによって生み出された」と言及されている。


バトルストーリーにおける設定

一口に「ライオン型」と言っても複数種が存在し、大まかに「中央大陸生息種」「西方大陸生息種」に大別される。


前者のライオン型ゾイドにはライオン型種とライガー型種が存在し、多くのライオン型ゾイドはライガー型種をベースとした「ライガータイプ」が主流となる。


その一方でライオン型種はライジャー」にしか使われていない

  • HMM版においては、シールドライガー系の野生体とライガーゼロ系の野生体は同種の原体としており、そのために似たような装備(Eシールド)の搭載に成功したらしい

中央大陸のライオン型グループは時代が経つごとに家畜化されていった傾向にあり、西方大陸戦争時代には既にコピー品が主流になっている。保護政策によって個体数は保たれているが、そのために生命力は野生時代よりも低下した。


西方大陸には人間の干渉を受けなかった「完全な野生体」が存在する。これがライガーゼロエナジーライガーのベースになったゾイドで、戦闘力は家畜化が進んだ中央大陸種を遥かに凌駕する。


この他にゾイドブロックスにもライオン型が複数種存在するが、これらはバイオコンピュータによって、人工ゾイドコアにライオン型の遺伝子情報をプログラミングしたものにすぎない。


特殊な例として、ジーニアスウルフはレオブレイズ型の派生となる。類似した例に、ワイツタイガーが本来の姿となるワイツウルフもいる。


なぜライオン型なのか

「ゾイド」というコンテンツの拡大にアニメシリーズは非常に貢献した。『機獣新世紀ZOIDS』および『ゾイド-ZOIDS-』においてはオーガノイドが目立っていたが、主人公達の乗るゾイドはやはりライガータイプだった。


しかし、それまでの「ゾイドの顔」として例えばゴジュラスを挙げる人も少なくなく、第一作目の第一話にて「なぜオーガノイドのジークがゴジュラスを選ばずにシールドライガーを復活させたのか」という疑問を抱く人もいる。


その理由としては、身も蓋もない話ではあるが、大人の事情がある。

  • ゴジュラスを主役にすると予算と容量が足らなくなる」ことが一番の理由として挙げられる。ゴジュラスを動かすだけで(制作費などが)とんでもないことになるというのは事実らしい。
  • ライオン自体が味方側の主力となるロボットや主人公のモチーフとしてよく使われやすく、デスザウラー等のボスキャラとなるゾイドは恐竜型が多いので彼らとの差別化も容易というのもあるのかもしれない。
    • 逆に悪役がライオン型ゾイドに搭乗することは少ない。一応ライバル機がライガー型の例は何例かあるものの、それらと相対しているのもまたライガー型の主人公である。
  • 足が速くなく、巨大で切り札的な側面を持つゴジュラスは、CGでのバトルを売りとするアニメの主役としてはあまり適していないとも言える。一方のライガーは崖を駆け上がったりする立体起動も描きやすく、画的な面白さはわかりやすく描ける。

一応ゴジュラスは接近戦での反応速度や瞬発力は機敏という設定はあるものの、巨大な体躯で敵部隊に突っ込み一方的な戦いをするゴジュラスは強力すぎて弱いものイジメにしか見えない点や、巨大ゾイド同士の殴り合いは純粋なパワーがものを言い、スピードやテクニックによる戦術が描きにくい点も考えるべきだろう

更に付け加えるなら、基本スペックがライガー種より遙かに強いゴジュラス種を主人公にすることで、インフレが非常に起きやすく、ストーリーがコントロールしにくい点は無視できないデメリットである。

現に昭和第一シリーズではあり得ないレベルでインフレが起こっている。昭和シリーズではデスザウラーが中ボス以下といえば平成以降のファンにはわかりやすいだろう。


平成では、OSで昭和より大幅に強化されたデスザウラーを頂点としつつ、ゴジュラスを決戦兵器、ライガーを主力兵器兼主人公として描く事でインフレを抑えつつも巧みにストーリー展開をしており、昭和期の反省とスピード重視の爽快な展開を描くことに成功している。


「どうしてアニメでは、ゴジュラスはかませ犬だったり動かないのか」という疑問の声も散見するが、ゾイドの呪いとも言えるインフレ現象の他にも、ゴジュラスにアクションをさせられない事情があったのである。



ゴジュラス型ゾイドがアニメでネームバリューに違わぬ活躍ができたのは、『ゾイドフューザーズ』におけるゴジュラスギガが初めてであった。キングゴジュラスは未だにアニメには登場していない。

ゴジュラスギガは、直立姿勢で暴れるより前傾姿勢で高速機動するシーンが多く、巨大ゾイドでありつつも高速機動が不自然でない優れたデザインであったことも大きい。

後のゾイドシリーズでも、巨大肉食恐竜型ゾイドは前傾姿勢で高速機動シーンが多く、その影響力は絶大であった。

完全に余談ではあるが、ゴジュラスの元ネタであろうメカゴジラも新型が出る度に高速機動型に偏重していっており、画的にはいかにスピードアクションが重要かはもはや火を見るより明らかである。


ライオン型以外の主役ゾイドの例

関連媒体なども含めると、ライオン型の次に主役機を務める事例が目立つのは、タイガー型やジャガー型、オオカミ型などのイヌ科型と、やはり高機動四足ゾイドが目立つ。


逆に、ゾイドブロックスは最終形態がマトリクスドラゴンやバイトグリフォン等、ライガータイプのブロックスが混じっていても非ライオン型になるケースもある。バイトグリフォンは、ライガーゼロフェニックスに通じるデザインをしている。


いずれにせよ、「ヘリック共和国」「ビース共和国」「ZOITEC」「討伐軍」等、共和国系列または帝国や武国側でない陣営が主役とされる事が目立つ。


その後、凱龍輝の特殊個体・ゼノレックスドスゴドスという共和国系列の獣脚類型ゾイドが、電撃ホビーマガジンなどの媒体における小説や『ゾイドワイルド戦記』で主役ゾイドとして起用されたため、公式側でもライオン型に偏重することに疑問を感じる部分があったと思われる。『ゾイド惑星Zi』でも、主人公達のゾイドの最終形態はマトリクスドラゴンだった。


種類

(追記よろしくお願いいたします)


シールドライガーMKⅡ・デザートライガースパークライガーレオン・レイバスターブレードスラッシュライガースナイプライガーゴッドスピード等の、純粋な強化型やバリエーション等は除く


ライオン型(ベースがライガー型の機体も含む)


古代ライオン型


ライオン種


その他


関連イラスト

獣神サンダーライガー


外部リンク

関連タグ

ZOIDS ゾイド

金属生命体 トラ型ゾイド

関連記事

親記事

ゾイド ぞいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47162

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました