ピクシブ百科事典

ゼノレックス

ぜのれっくす

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名ゼノレックス
英表記XENOREX
番号ZW52
所属共和国
分類ティラノサウルス
全長9.8m
全高4.9m
全幅3.1m
重量45.0t
最高速度200km/h
搭乗者リューク大尉
武装
  • レーザーバイトファング
  • ストライクヘヴィクロー
  • スマッシュテイル
装備
  • コネクティングレーダー
  • プロテクションキャノピー
  • 強制冷却装置
  • マルチコネクターユニット
  • ゾイド因子コンバーター
  • リインフォースシリンダー
  • マルチハンド
クラスM
動力モーター
発売日2021年1月23日
価格2750円
組立時間約-分


概要

共和国が入手・復元した地球外のゾイドであり、銀と青のボディにオレンジのクリアパーツを特徴とするティラノサウルス種ゾイド。

ライダーとのシンクロやコアへの刺激によって、コアのエネルギー量が増大する能力を持つ、「ライダーと共に成長するゾイド」。この能力によって、同サイズのゾイドと比べて強大なパワーを発揮可能であり、爪や牙・尾を使った肉弾戦を得意とする。
一方で武装がほば存在しないなど、ゾイドとして不完全な箇所が見られるが、帝国軍が開発したコアドライブウェポン(CDW)が何故か装備可能であり、強大なコアのエネルギーをそのまま武装に転用できる。
同じくコアドライブシステムに対応したバーニングライガーとは何らかの関わりがあると考えられている。

ゼノエヴォリューションシステム(XEVS)

ゼノレックスに搭載されていた未知のシステム。
ゾイドコアのエネルギーを活用することでボディを急激に成長させる未知のシステムであり、システムが発動すると大型のゾイドへと進化し大型かつ強力な装備に換装することが可能となる。
さらにゼノレックスとライダーのシンクロ率が一定値を超えると、各装備形態の得意とする戦法や戦局に応じて一時的に機体色が変化し性能が向上する。
大型化した際に変化及び追加した部位は『グロウメタル』と呼ばれる金属で構成されている。

ゼノレックス・シザース 、ゼノレックス・シザースXA

スペック

番号ZW54(シザーズユニット)、ZW55(SXA)
所属共和国
分類ティラノサウルス
全長11.0m
全高5.4m
全幅5.8m
重量65.0t
最高速度210km/h 、230km/h(SXA)
搭乗者リューク大尉
追加武装
  • エクスシザーズ(SXAではアサルトエクスシザーズ)
  • レーザーチャージングブレード
  • スタビライズソード
  • 2連衝撃砲
  • フリーラウンドシールド
追加装備
  • フレキシブルパワーアーム
  • グロウメタルネック
  • グロウメタルフット
  • グロウメタルテイル
  • ゾイド因子コンバーター
  • 大型強制冷却装置
クラス
動力モーター
発売日2021年2月20日
価格1100円(シザーズユニットのみ)、3,850円(SXA)
組立時間約-分


ゼノレックスのデータバンクに残されていた記録を元に開発された近接格闘兵装『シザーズユニット』をゼノレックスに搭載して巨大化換装進化をすることで、刃物を中心とした武装が施された『ゼノレックス・シザース』となる。

巨大化することで近接攻撃のリーチが格段に広がる。フレキシブルに動くフリーラウンドシールドは高い防御力を誇る他、大型化した脚部は巨大化した機体を支え、高まったグリップ力によって高速移動を可能とする。
敵の攻撃を防ぎながら敵ゾイドとの間合いを詰め、エクスシザースで切りかかる戦法を得意とする。エクスシザースは中型ゾイドクラスの敵であれば一撃で容易に切り裂くことが可能。
シールドの後部には2連衝撃砲を搭載していることから、ある程度の射撃戦に対応できる。また、これを使用して相手の体勢を崩し、強制的に格闘戦へ持ち込む戦法も取れる。

さらにライダーとのシンクロ率を高めた時、高速戦闘を目的とした突撃戦闘形態『ゼノレックス・シザースXA(ゼノエヴォリューションアサルト)』に進化を遂げる事ができる。
ボディは白い装甲へと進化し、武器も白銀に輝くアサルトエクスシザースへ強化される。
一方でエネルギー消費が大きく長時間この姿を保つことはできないという弱点を持つが、機動力を生かした「一撃必殺」の戦法を得意とする。

ゼノレックス・バスター 、ゼノレックス・バスターXA

スペック

番号ZW57(バスターユニット)、ZW58 (BXA)
所属共和国
分類ティラノサウルス
全長11.0m
全高5.4m
全幅3.8m
重量68.0t
最高速度190km/h
搭乗者リューク大尉
追加武装
  • エクスバスター(BXAではアサルトエクスバスター)
  • マイクロミサイルポッド
追加装備
  • グロウメタルネック
  • グロウメタルフット
  • グロウメタルテイル
  • ミサイルアーマー
  • ロケットアンカー
  • 可変式光学センサー
  • スモークディスチャージャー
クラスM
動力モーター
発売日2021年3月27日
価格1100円(バスターユニットのみ)、3,850円(BXA)
組立時間約-分


ゼノレックスのデータバンクに残されていた記録を元に開発された砲撃兵装『バスターユニット』をゼノレックスに搭載して巨大化換装進化をすることで、遠・中距離での砲撃戦に特化した装備が搭載された『ゼノレックス・バスター』となる。

巨大化したボディの質量とパワーを活かし、高火力武装の反動を物ともせずに戦う。可変砲であるエクスバスターは遠距離・中距離の両方に対応可能であり、広範囲の敵を粉砕できる。
頭部に装備された可変式光学センサーをエクスバスターやミサイルと併用することで、高精度の砲撃を行うことができる。

さらにライダーとのシンクロ率を高めた時、強化形態『ゼノレックス・バスターXA(ゼノエヴォリューションアサルト)』に進化を遂げる事ができる。
ボディは黒い装甲へと進化し、武器はグレーのアサルトエクスバスターへ強化される。
シザーズXAと同様にエネルギー消費が大きく、長時間この姿を保つことはできないという弱点を持つが、大幅に強化された火力を活かした短期決戦を得意とする。

キットについて

ゼノレックスのキットは2021年1月23日発売で、価格は税抜き2500円。ゾイドワイルドシリーズではバーニングライガーに並んでM型ゾイド最安値となる。

バーニングライガー原始ゾイドのように骨格と装甲の区別がないボディとなっており、完全新規造形のゾイドとなる。Zキャップは白く、ライジングライガー達と同じ形状。
頭部にはクリアオレンジの「プロテクションキャノピー」が存在し、ライダーが完全に覆われる。また、骨格・装甲の区別がないゾイドでは初めて明確な眼球をもつ機体である(ただしこの眼球は従来と異なり、頭部パーツの一部を別色で塗装したもの)。

起動すると、首を上下させ顎を開閉し、腕と尻尾を動かしながら歩行を行う。脚の奥に覗く鮮やかなオレンジのリンクパーツが印象的。
太い腕を曲げた姿勢である事などもあり、歩行させるとマッシブな印象を受ける。尻尾の関節には連動ギミックが無く、根本を振る際の慣性で曲がる仕様。これはZEVSによって尻尾を延長する都合だと思われる。

脚については、なんとヒザ可動を実現している。
実際に歩行を担うのは水平に動く内側のパーツだが、その外側に腿と脛のパーツがついており、連動してヒザの可動を行う。内側パーツの動きはギルラプターに近く、非常にスムーズな歩行を実現している。
装甲の差し色を実現したバーニングライガーに続き、本シリーズ初の構造となる。なお、装甲の差し色はゼノレックスでは実現されていない。

目玉の新システム「ゼノエヴォリューションシステム(ZEVS)」に対応しており、専用の巨大化パーツおよび換装武器パーツを装着することで、巨大化換装進化する。各パーツの延長・拡大により、非常にスマートなシルエットへと変化を遂げる。
現状で公表されているユニットは、格闘に特化した「シザーズユニット」と砲撃に特化した「バスターユニット」。大型の武装を身にまとうだけでなく、足パーツの換装、および首や尻尾の延長によりゼノレックス全体が大型化する

巨大化換装進化を行った後の状態でも、既存の動力連動ギミックは引き継がれる。延長用の首パーツ「グロウメタルネック」には連動のためのパーツが組み込まれており、頭の上下、口の開閉などのギミックが行われる仕組みとなっている。
一方、追加で搭載される武装には動力との連動ギミックが無く、各部を手動で動かすことができる仕様。また延長された尻尾の各関節は連動しておらず、延長前と同様に慣性で曲がる。

シザーズユニットとバスターユニットは、それぞれ2021年2月20日、2021年3月27日に発売となる。
武装ユニットとゼノレックス本体が同梱されたカラーバリエーションキット「ゼノレックス・シザース/バスターXA」も、それぞれの武装と同日の発売となる。

余談

共和国系ゾイドでティラノサウルスモチーフとするものは凱龍輝以来であり、大型獣脚類モチーフかつ完全新規のキットで考えるとモーター駆動限定ならゴジュラスギガ、シリーズ全体ならドスゴドス以来となる(凱龍輝バーサークフューラーの流用)。
さらにゾイドワイルドシリーズでは初めて『搭乗箇所が頭部』及び『装甲版なしのキャノピー仕様』というゾイドシリーズ第2期まで採用されていた搭乗方式が採用され、シリーズ全体では完全新規キットならドスゴドス、一部流用ならエクスグランチュラ以来となる。

デスレックスと比べると全身がシャープなフォルムで腕が比較的大きく、手の指が三本になっている等、モチーフのティラノサウルスには似ていない。ファンの間では、頭部と腕のサイズ比から「アロサウルスの方が近い」と言われている。また頭部をやや上に持ち上げている姿勢は、少し古い恐竜の復元図に近い。
ただし先述した「巨大化する」という情報から、ティラノサウルスの幼体(亜成体)をモチーフにした可能性も考えられていた。これについては公式動画中での開発秘話で「成長するというコンセプトを基に開発がスタート」「小さい状態から作る」という話が公言されたため、考察がある程度当たっていた事になる。

ちなみにXL型のティラノサウルス種ゾイド2体も両腕は3本指。
ただし「腕が小さく頭部が巨大」というティラノサウルスらしいシルエットや、手が縦を向いていて一見で指の本数が意識されにくい事などから、特段の違和感は持たれていない。

シザースタイプはジェノブレイカーを、バスタータイプはヤクトフューラーを再現した物と思われる。バスターユニットの配色はライガーゼロパンツァーのコンセプト段階を再現しているかもしれない。これで、ゾイドワイルドにおいてもシリーズ伝統の兵器である衝撃砲が復活する事になる。共和国系列でシザーアームを持つのも初めて(ソウルタイガーにも予定されていたがオミットされた)。

公式のYouTubeチャンネルで初めて実物が登場したが、その際字幕で「ジェノレックス」という誤植があった。の名前と混ざったのだろうか。

関連項目

ZOIDS ゾイド ゾイドワイルド ゾイドワイルド戦記
ティラノサウルス
アロザウラー(見た目やサイズなどが似ている)
ムラサメライガー(共和国系列の主役ゾイドで用途に応じた進化能力を持つ)
3式機龍(輸送船からエネルギーを照射してサポートを行う点が似ている)

関連記事

親記事

ゾイドワイルド戦記 ぞいどわいるどせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼノレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2362

コメント