ピクシブ百科事典

グランチュラ

ぐらんちゅら

ゾイドシリーズ初期の「骨ゾイド」の一体。メイン画像左下。
目次[非表示]

スペック

型式番号RMZ-04
分類蜘蛛
全高4.8m
全長6.0m
全幅6.0m
重量4.6t
最高速330.0km/h
乗員1名
武装
  • マクサー35mmビーム砲 ×2
  • ワイヤー射出機
  • グレートランチャー/バイクラーエレショット


機体解説

 ヘリック共和国軍の蜘蛛型ゾイド
 陸上での高速探査機として開発されており、強力な武装は搭載していないが、岩場や砂場での戦いや集団戦闘で効果を発揮。
 中央大陸戦争期のZAC2044~2046年頃には第一線を退いているが、機体そのものはガイサックのベースとなる。

エクスグランチュラ

ゾイド詰合せ4


スペック

型式番号HRZ-006
分類タランチュラ
全高7.2m
全長10.8m
全幅8.8m
重量36.8t
最高速190.0km/h
乗員1名
武装
  • ハイパーレーザーファング
  • マクサー20mmビーム砲×2
  • チタンスパイク
  • ポイズンジェットスプレー
追加武装
  • ハイブリッドガトリング砲 ×2
  • 5連ミサイルポッド ×2
  • 小口径ガトリング砲 ×2
  • 小口径パルスレーザーガン ×2
  • 3連装衝撃砲 ×2
  • 2連装衝撃砲 ×2


機体解説

 第一次大陸間戦争後にヘリック共和国軍が開発したタランチュラ型ゾイド。
 旧式化したグランチュラをベースに、ドスゴドスの火力支援機として発展させた。グランチュラがベースとして選定された一因には、野生体の繁殖力の高さから開発ベースの確保が容易であった点が挙げられる。
 機体そのものを大型化してペイロードに余裕を持たせ、その本体に多数のオプションパーツを追加することで、サイズに比して破格の重武装を実現したほか、高い不整地走破能力を持つ。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国
スパイデス・・・ゾイドワイルドに登場する蜘蛛型ゾイド仲間。実は蜘蛛型ゾイドがアニメに登場するのはこのスパイデスが初である

関連記事

親記事

ヘリック共和国 へりっくきょうわこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グランチュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 219

コメント