ピクシブ百科事典

スパイデス

すぱいです

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種でメイン画像の蜘蛛型メカなキャラクター。
目次[非表示]

スペック

機体名スパイデス
英表記SPIDEATH
番号ZW18
所属フリーダム団(FREEDOM)
分類ゴケグモ種
骨格分類8足虫骨格
異名8本の飛苦無
全長3.8m
全高1.7m
重量10.0t
最高速度142km/h
発掘地域ワイルド大陸 密林地帯
IQ92
本能解放技名スパイダーポイズン
搭乗者ヨウカン
ステータス
  • アタック:4
  • ディフェンス:5
  • スピード:5
  • スタミナ:7
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:5
武装
  • ヴェノムスパイク
  • 鋏角
装備
  • スキャニングアイ
  • ジェットアンカー
  • ジェット噴射口
  • フラップ
  • スレッドウィンチ
クラス
動力ゼンマイ
発売日2019年1月26日
価格1200円
組立時間約分


「絡め取れ!スパイデス!私の魂と共に!」

概要

ゴケグモ種の小型ゾイド。
反射神経が鋭く、移動性に優れた八本の鋭い足ヴェノムスパイクを使って俊敏に移動する。
また、デススレッド(いわゆるクモ糸だと思われる)や先端がフック状になったジェットアンカーなどを射出し、壁などに引っ掛けて移動することもできる。これとは別に短距離の跳躍に使うジェット噴射口や、空中でのステアリングに使うフラップなどを持っている。

発見時の骨格は繭状のデススレッドに覆われており、デススレッドを溶かす特殊な溶剤が発見されるまで正体は謎に包まれていた。

本能解放すると胸部が腹部に一体化する形で折りたたまれ、ヴェノムスパイク全てを前方に突き出した、体全てが一つの毒手と言わんばかりの威嚇体勢となる。
本能開放技は勢いよく飛びかかり、刃物状に尖ったヴェノムスパイクと鋏角を敵ゾイドに突き刺し、毒を注入する「スパイダーポイズン」。

ゾイドキーの形はヴェノムスパイクを模した物。

キットについて

キットはゼンマイ駆動。8本の足を動かしながら体の下の車輪で走行する。ゼンマイを巻くのに使うのはジェットアンカーで、普段は腹部の後ろに取り付けておくことができる。腹部の外装はフラップになっており、上部と左右のフラップをそれぞれ開閉できる。

本能開放は手動で切り替える。前半身上部を開いたうえで体を起こし腹部に固定、また足を根元から倒し、ゆらゆら動く4本の足を固定することで飛び掛かるような姿勢をとる。この状態でゼンマイを巻くと前進し、脚も動くためつかみかかるような動きになる。地味に変形手順が多いのが特徴。


また、キットにはタコ糸を取り付けるための場所が設けてあり、本体とジェットアンカーに糸を通すことでクモ糸を出しているような状態にすることが可能。ジェットアンカーの先端はフック状になっているため、家具や天井などにぶら下げることができる。

しかしこの糸についての機構、なぜか公式ではほとんど紹介されていない
発売前にyoutubeで公開された紹介映像のうち、コロコロチャンネルから配信されているものでは紹介されているのだが、タカラトミーチャンネルで配信されている動画にはその部分が入っておらず、さらに復元の書はおろか公式の組み立てサポート動画でも一切紹介されていない。何故なんだろうか…

余談

シリーズではグランチュラ(24ゾイドも含めればショットウォーカー)以来となるクモ型ゾイドである。

このゾイドは「ゴケグモ種」とのことだが、現実のゴケグモは大きく不規則な巣を作るのが特徴のクモで、一度作った巣から出て歩き回ることはあまり多くない。また目が悪く獲物をしっかりと見ることは出来ないため、跳躍して獲物を捕らえるという事はしない。むしろ目が良いクモのほうが少数派である。

移動性が高く跳躍に長けるというスパイデスの生態に最も近いクモはハエトリグモであろう。家の周りにも時おり見られるクモで、顔の前面に大きな目が4つ並んでいるという特徴もスパイデスとよく似ている。

余談だがゾイドアニメでは初めて登場した蜘蛛モチーフのゾイドである。

ちなみに、糸を出すゾイドとしては、他にモルガの亜種のリルガがいる。

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドワイルド クモ ヨウカン(ゾイドワイルド)

関連記事

親記事

ゾイドワイルド ぞいどわいるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132

コメント