ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

機体名シールドライガー
番号RPZ-02(旧) RZ-007(新)
所属ヘリック共和国(バトルストーリー) チーム・ブリッツ(ゾイド新世紀スラッシュゼロ
分類ライオン型
全長 21.6m
全高9.0m
重量92t
最高速度250km/h
乗員人数1~2名
武装(旧)
  • レーザーサーベル×2
  • アタッククロー×4
  • 2連加速ビーム砲
  • 3連衝撃砲
  • 連装ビーム砲
  • ミサイルポッド×2
  • エネルギーシールド発生装置
武装(新)
  • レーザーサーベル×2
  • ストライクククロー×4
  • AMD2連装20mmビーム砲
  • 対ゾイド3連衝撃砲
  • 対ゾイド30mm2連装ビーム砲
  • 展開式ミサイルポッド×2
  • エネルギーシールド発生装置


概要

シールドライガーは、タカラトミーから販売されているプラモデル玩具アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器金属生命体の名称である。

シールドライガー



機体解説

ゼネバス帝国の開発した高速戦闘機械獣サーベルタイガーに苦戦したヘリック共和国が対抗機としてコマンドウルフと共に開発。
設計者はヨハン・エリクソン大佐

サーベルタイガーを研究して作っているので所々に似通った作りをしているが、コアは中央大陸のライオン型グループに属するライガー型に変更されている。
武装を収納式にすることで空力効果を増して機体速度が上がり、Eシールドともにライバルであったサーベルタイガーに対して優位性を持った。

それから50年以上後の西方大陸戦争時代ではEシールドのアップデートを施し再びデビュー。
コアが養殖コピー品に代わってしまったが全体的には昔よりもパワーアップしているんだとか。

武装

シールドライガー


AMD2連装20mmビーム砲/展開式ミサイルポッド

背中や胴体に装備されている武器。高速走行の際は空気抵抗を低減するために格納される。
平成版のCMレッドホーンに放っているのはコレ。

対ゾイド3連衝撃砲

腹部に装備されている。衝撃波を発射して相手を攻撃する。

レーザーサーベル

要するにシールドライガーのキバ。
レーザー加熱で噛んだ相手を焼き切る、ザクのヒート・ホークみたいな攻撃をする。

ストライククロー

シールドライガーの四肢の爪。電磁場を帯びさせて攻撃する事も可能。

連装ビーム

尻尾の先端に装備している。

エネルギーシールド

タテガミに内臓されたバリア。エネルギーを大量に消費する為、長時間の使用は不可能。
主にビーム攻撃に対してプラズマ弾性の力で防ぐ。
要するにゾイド版Iフィールドである(メディアによって描写や効果は異なります)

作中の活躍

小学館刊「機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック」内のバトルストーリーでは共和国軍独立第2高速大隊長エル・ジー・ハルフォード中佐(アニメ第二期の同姓の人物とは苗字と階級が同じだけの別人)が搭乗。

コマンドウルフを中心にした部隊を率いてオリンポス山のガイロス帝国軍基地に接近し、基地を守るステファン・スコルツェニーのセイバータイガーを紙一重で撃破してオリンポス山頂の基地に突入。基地内ではガイロス軍がデスザウラーの復活のための研究を行っており、敵の存在を察知して暴走を起こした荷電粒子砲を食らい半身が融解する大打撃を受けるも、渾身の力を振り絞った捨て身の活躍で自らの命と引き換えにする形でデスザウラーを撃破した。

機体バリエーション

シールドライガーMl=Ⅱ

シールドライガーにビームキャノンを装備させたバリエーション。
少し遅くなってしまったが、ウルトラザウルスを隊長機とするMk=Ⅱ部隊で運用され中央大陸戦争後半を戦い抜いた。

シールドライガーDCS

西方大陸戦争時代のシールドライガーに上のMk=Ⅱと同じ装備をさせた奴である。
一応ジェネレーターにも手を加えて機動性の低下を抑えているが、その分通常機よりも扱いづらくなっており、「レオマスター」と呼ばれる一部のエースパイロットのみに回されている。

シールドライガーBS(バンスペシャル)

「シールドライガーバン仕様」、「バン・フライハイト仕様」等とも呼ばれる。

TVアニメ第一期前半のバンの乗機として登場。20年前の戦争時に遺棄されていた機体。
そこにオーガノイドのジークが乗り移る事で復活し、バンの愛機として各地でを続けていく。
最期はレイヴンの駆るジェノザウラー荷電粒子砲を受けて石化(活動停止)するが、後にフィーネとジークが一時的に融合してブレードライガーへと進化している。
尚、劇中ではタンデム仕様の複座となっており、前席にバン、後席にフィーネが搭乗していた。

漫画機獣新世紀 ZOIDS』ではバンの乗機となる「シーザー」が登場。
元々はムンベイの、ジャッドが主人であり、死後は「シャドーキー」と彼のを守っていた。
ジャッド以外にを開こうとせず、ジークを介した合体も拒否していたが、レールガンの直撃により大破、自身を救おうとするバンに心を開き、融合を果たすことに成功した。
こちらもアニメと同様に後にブレードライガーへと進化を果たす。

余談

ファミコンゲームの「中央大陸の戦い」にも登場するものの、主人公の階級が大尉以上にならないと仲間になってくれない
その際のシールドライガーの台詞はあまりにも有名。
「なに わしは しーるどらいがーだぞ しかも ちゅうい(中尉)だ。 たいい(大尉)にもならぬおまえなどに ついてゆけるか」

シールドライガー


「Concept Art」シリーズおよびそれをモデルにした「threezero」や「マテリアルハンター」版では、別デザインの機体も出てきたりする。

関連イラスト

シールドライガー
シールドライガー



関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 バン フィーネ ジーク ライオン ライガー 哺乳類 

後継機:キングライガー ブレードライガー シールドライガーブロックス レオブレイズとその系統

ライガー系:ライガーゼロ系 トリニティライガー系 クァッドライガー セイバリオン ビクトリーライガー系 ムラサメライガー系 ワイルドライガー ビーストライガーなど

僚機:コマンドウルフ

ライバル機:セイバータイガー ジェノザウラー ジェノブレイカー デスザウラー デススティンガー

関連記事

親記事

ヘリック共和国 へりっくきょうわこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シールドライガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244721

コメント