ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブレードライガーAB

ぶれーどらいがーあたっくぶーすたー

ブレードライガーABとは、ブレードライガーの強化タイプの一つである。
目次 [非表示]

概要編集

ブレードライガーに「アタックブースター」を装備した形態。

武装コンセプトは、シールドライガーの強化プラン(Mk-ⅡやDCSなど)に通じる物がある。どちらも、後述のアーサー・ボーグマンとの関連性が強い。


アタックブースターの構成は、AZハイデンシティビームキャノンと高機動ロケットブースターである。


本来は遠距離攻撃に特化した装備であったが、完成間際にジェノブレイカーに格闘戦で敗北したという報告を受けて、機動性の強化も図って仕様を変更して完成した。


この装備は、「レオ・マスター」の一人であるアーサー・ボーグマンの駆る初号機に採用された後、カスタム機であるブレードライガーミラージュにも搭載されている。


機動性と火力を同時に向上させる」という触れ込みだが、AZハイデンシティビームキャノンは足を止めて撃つ事を想定していたからなのか、キャノンの砲口とブースターの噴射口が同じ向きの為、併用する事ができない


ただし、ブレード基部から可動軸が生えているため、その展開機構も併用すれば真横と上下で180°かなり柔軟に動かせる。


バトルストーリーではこれを利用して、ブースターの噴射方向を変えて「空中での軌道変更」という応用技をみせた。


後に、ブースター部分の技術がライガーゼロイエーガーに活かされた。また、アタックブースターはブレードライガー以外にもグリーンホーンなどに搭載されることもあった。


バリエーション編集

ブレードライガーミラージュ編集

Full Moon

Webコミック『ゾイド妄想戦記』に登場するブレードライガーのバリエーション機。

ヘリック共和国高速戦闘隊のエースチーム、別名「ミラージュ高速戦闘隊」に配備されたブレードライガーである。


機体色はチームカラーにリペイントされたもので、アタックブースターを装備しているのが「幻の俊足」ことピーター・アイソップ大尉の機体とされている。


カラーリングは本体が白と赤、アタックブースターが黒。

オーガノイドシステムも調整され、操縦性が高められているのも特徴。


HMM版の独自設定では、装甲にはライガーゼロにも使用された特殊軽量合金「エルワチウム・ゼロ」と「高伝導放熱ペイント」を用いる事で放熱効率の向上に成功し、更に「ACC(アーマークーリングコントローラー)」も導入した結果、偶然にも熱残像を発生させる機能を獲得した。


これをアタックブースターによる高速移動と併せて使用する事で、敵の熱源センサーにはあたかも複数の機体が存在するように見せかけられる事が可能となった。


これを「通常型」として、隠密行動のためにABを取り外した「タイプL」、砲撃戦用にゴジュラスMk-Ⅱのロングレンジキャノンを搭載した「タイプB」が存在する。


ブレードライガーミラージュKS編集

ニカイドス島にて

ゲーム作品『ゾイドインフィニティ』シリーズに登場。

ニカイドス島」に住む古代ゾイド人の少女カノンの乗機。白にピンクのアクセント、標準カラーのアタックブースターが特徴のブレードライガー。


名称の「KS」は「カノンスペシャル」の略である。


名称こそ似ているが、「ブレードライガーKS(ケイ・イスルギ仕様)」とはとくに関係はない。


なお、公式の媒体でも「CS」と表記している場合も見られるため、「KS」が誤植の可能性もある。


2019エディション編集

ゾイドワイルド』の世界観に対応しているため、既存個体よりも大幅に小さい。


ギベオン編集

バトルカードハンターオリジナルの亜種ゾイド。まさかの「伝説亜種」のゾイドである。


黒の機体に金のクローとブレードが映える。


その名はナミビア共和国で発見された、鉄を含む隕石の名前である。


ゼオライト編集

Z-01弾の宝の地図を全部集めたハンターだけがその姿を見ることができた亜種。


沸石類」と呼ばれる天然鉱物の総称が名の由来。


イグニス編集

Z-02弾のショップでレーダーを購入するだけで簡単に獲得できる赤い亜種。

レオン・トロス仕様と違い、迷彩柄とアタックブースターが特徴。


実質的には「2020エディション」である。


ジェネラルAB編集

Z-04弾に登場した謎の組織「ゼクター」が復元・改造し、最終弾のZ-05弾に登場した、

白黒ボディに組織の「四騎士」の機体が纏える金の装飾が美しい機体。


LR(WRに相当する)はまさかのチームP5でチームに組み込みやすいが、その分サポートパワーが低く、相棒前提のステータスになっている。


実質的には「2021エディション」である。


キット編集

既存のブレードライガーに付属品を加えるという形で「アタックブースター」が「CP-12 アタックブースターセット」として発売された。


コトブキヤのHMMシリーズでも、従来型と別個のラインでブレードライガーABも発売されている。レオン・トロスの愛機もABタイプへの換装が可能となっている。


その他編集

  • 初代アニメでは、バン・フライハイトの趣向に合わなかった様で、数回の使用にとどまり、その他は作画ミスによって装備している場面が見られた。その代わり、バンの機体はパルスレーザーガンをガトリング砲やスナイパーライフルに換装するなどの独自の機構を数多く備えている。
    • アニメでは、HMM版の様にAZハイデンシティビームキャノンの砲身が伸びる描写はなく、砲撃の際にもブースターが丸ごとひっくり返っていた。
    • 第52話のテスト段階ではABの他にもブースターの試作品が二つあり(速度計が振り切れたり、ブースターを装備したグスタフライトニングサイクスばりの高速走行をする程の出力を持つ。またタイプ1は後のライガーゼロのブースターに似ている)、それらのノウハウが活かされたのがABであった。また、タイプ2を発展させたのが、後に宇宙戦用のストームソーダーに取り付けられた物である。
  • ブレードライガーミラージュの残像を発生させる機能は、アニメでもヒルツの差し金のステルスバイパーと対決した際に、放射熱によって敵をかく乱する場面で見られた。

ゾイドワイルド_インフィニティブラスト編集

ブレードライガーはもちろん、アタックブースターと機体名「AB」が実装されているため獲得すればブレードライガーABも再現可能。しかもアタックブースターは実装されている武器の中で唯一ワイルドアクションが2つ使えるという破格の仕様である(「アタックブースターA」でハイデンシティビームキャノン、「アタックブースターB」で高機動ロケットブースターでの移動→ビームキャノン。ただし後者はガードされた場合、ロケット移動だけになる)。

ブレードライガー単体のワイルドアクションの時点でかなりのすぐれ物であるため、武装はアタックブースターのみでも十分他のゾイドとタメを張れるだろう。


関連タグ編集

ブレードライガー


バーニングライガー:後年のゾイドアニメのライオン種ゾイド。換装装備のひとつにセルフオマージュと思わしき「イグニッションブースター」がある。

関連記事

親記事

ブレードライガー ぶれーどらいがー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1951

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました