ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:堀川仁


概容

ヘリック共和国の軍人であり、同国大統領ルイーズ・エレナ・キャムフォード大統領の息子。

ただし、本人はこの「大統領の息子」という肩書きを嫌っており、姓も母親とは異なっている(父親の姓かもしれないが詳細不明)。父親については不明だが、アニメでは僅かにだが既に故人であり、軍人であったことが窺える台詞がある。バトルストーリーでは大統領との関係は公には縁者という程度にぼかされており、息子であることは伏せられている。


ポジションとしてはガイロス帝国軍人のカール・リヒテン・シュバルツと対をなす存在ではあるが、アニメでは諸事情により(後述)正統派軍人としての人気を誇るシュバルツとは対照的に比較的ネタキャラとしての人気が高い。


バトルストーリー

共和国軍陸軍大尉で、独立第11機甲大隊長。


西方大陸戦争ではゴジュラスに乗って奮戦したが、この時は帝国軍が圧倒的優勢な状態であり、緒戦では単騎で敵の大群に包囲されるという窮地に陥るものの、どうにか生還している。


後に戦況の変化に伴って少佐に昇進するとルイーズ大統領の勅命に従いデストロイヤー師団に出向、惑星Zi大異変(グランドカタストロフ)以降数を減らし、今や1機のみが現存するウルトラザウルスに超大型砲1200mmウルトラキャノンを搭載したウルトラザウルス・ザ・デストロイヤーに搭乗し、西方大陸戦争を共和国軍を最終的な勝利で終わらせた。


その後の暗黒大陸戦争ではプロイツェンら旧ゼネバス帝国派の反乱時にはシュバルツ大佐の停戦のための秘密会談の申し込みを受け、そのヘリック・ガイロス両軍の会談を妨害した鉄竜騎兵団(アイゼンドラグーン)のライガーゼロイクスケーニッヒウルフに搭乗し、シュバルツと共同戦線を張ってこれを退けた。


以降、目立った活躍は見せていないが、ネオゼネバス帝国によって共和国軍が故郷の中央大陸を追われた後も共和国軍指揮官としての采配を振るい続けていたと思われる。


PSゲームの『ゾイドタクティクス』のネオゼネバス帝国編においては、原作バトストではスティブ・ボーンが務めたゴジュラスギガ初号機のパイロットを務めた。

その後も共和国軍(と言うかプレイヤー部隊)の指揮官を勤めており、アニメ主人公のバンや、バトスト主人公級のレイの出番が少ないこともあって、実質的な主人公となっている。


その血筋

実は母エレナの正体はゼネバス皇帝の第一子(へリック二世元大統領の姪)エレナ・ムーロアであり、このためその息子である彼もゼネバス帝国皇族の血を引いており、ネオゼネバス帝国初代皇帝ギュンター・プロイツェン・ムーロアにとっては甥、ネオゼネバス帝国二代目皇帝ヴォルフ・ムーロア(父ギュンターが第二子なうえ隠し子でもあったため、実は彼の方が傍系)にとっては従弟に当たる人間ということになる。

彼自身はその事を母を含め誰からも聞かされていなかったとされるが、そもそも共和国の国民感情からエレナの正体=旧敵国、敗戦国の姫と言う事実はトップシークレットであったと思われる。


ただし、『ゾイドタクティクス』では後に知ったことになっており、最終マップでヴォルフと会敵させるとそれについて語るイベントが発生する。


主な搭乗機

ゴジュラス ウルトラザウルス ケーニッヒウルフ

ゴジュラスギガ(ゲームのみ)


アニメ

少年編からアニメに登場。

基本的な設定はバトストと同じであるが、母親の名前がルイーズ・テレサ・キャムフォードになっているなどキャラ周りの設定は微妙に変更されている


若手ながら、この時点で共和国軍内における中心人物として活動していた。


真面目すぎるゆえやや固い所もあるが、根は面倒見の良い部下思いな性格の人間。


一度認めた者には常に大らかに接し、レッドリバー戦線で作戦に協力してくれたバン達に対してはそれ以降協力を惜しまないようになり、帝国軍とも和平成立後は積極的に協調して事に当たる有能な指揮官でもある。バンと共にシールドライガーレイヴンセイバータイガーと戦闘した際には、レイヴンの戦闘の癖などを瞬時に見切りアドバイスするなどかなり有能な所を見せている。また、即戦力が欲しい状況にもかかわらず、登録抹消されたシールドライガーをバンの物と認めて没収せずに返却するなどの度量も見せている。


カール・リヒテン・シュバルツからも手腕を評価されており、バトルストーリーと同様に、立場を超えた友情を育む事となる。


大統領の息子であることを鼻にかけることもなく、むしろ一介の軍人としての誇りがある。そのため、大統領の息子という超重要人物にもかかわらず、自ら戦線に立って仲間を率いて鼓舞し、「負けるとわかっていても戦わなければならない時もある、それが男ってもんだ」と命を落とすことを覚悟して不利な状況でもあきらめない。


45話の3S強奪事件の際に一回だけ威嚇射撃に拳銃を撃つシーンがあり、格納庫の一階から二階キャットウォークの手すりを撃ってみせた事から、かなりの腕前である事がわかる。


軍人であるが故に普段は実母であるルイーズ大統領を「大統領」と呼んでいるが、素は「おふくろ」呼びらしい。


バン・フライハイトと出会い、「奇跡」を起こす「ミラクルボーイ」と呼ぶ場面もあり、後に重要な仲間として尊敬する様になる。


基地に迫る帝国軍に対してゴジュラスに搭乗した際にはその圧倒的な火力で帝国軍の部隊を圧倒するも、追撃を試みた際にバランスを崩し転倒、ゴジュラスのコンバットシステムがフリーズしてしまい戦闘不能に陥る。また、プテラスでの流氷の調査に出向いた時にはその流氷が帝国軍のカモフラージュである事を見抜くが、直後に撃墜される(その後共和国本土まで泳いで帰還)など、細かい所では災難が多かったりする。


ガーディアンフォース編においては昇進を果たしたことで階級は少佐になっている。

帝国との戦争がなくなってからはバンらが所属する超国家機関「ガーディアンフォース」による治安維持活動の支援を行い、後にはレイヴンジェノブレイカー、そしてヒルツデススティンガーといったさらなる脅威の対策に当たるようになった。


前線に出る数は減ったが、デススティンガーが共和国首都を襲撃した際にはシュバルツ大佐と連携しシールドライガーのEシールドとデススティンガーのEシールドを干渉ショートさせ突破する活躍を見せている。終盤でウルトラザウルスに搭乗した際には負傷したクルーガーに代わって指揮官を務め(その際に大佐に昇格)、以後デススティンガーおよびデスザウラーとの激闘の中で指揮官として活躍した。


主な搭乗機

シールドライガー プテラス ゴジュラス ゴルドス


余談

  • ZOIDS妄想戦記』では、デザートライガーのテスト中に死亡したとされており、デザートライガーの奪還も兼ねた「ロブ・ハーマン追悼部隊」が編制されている。
  • ゾイド新世紀/ゼロ』の最終回にて優勝者に贈られるメッセージがハーマンの声で読み上げられた。また、堀川氏はゾイドシリーズではジャッジマンなど様々なキャラクターを演じている。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 ルイーズ・テレサ・キャムフォード


オコーネル クルーガー大佐

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67668

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました