2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

セイバータイガー

せいばーたいがー

セイバータイガーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の一種である。
目次[非表示]

スペック

機体名セイバータイガー
番号EZ-016
所属ガイロス帝国
分類トラ
全長15.6m
全高9.1m
重量78.0t
最高速度240km/h
乗員人数1名
武装
  • 対ゾイド30mm2連装ビーム砲
  • 地対地ミサイルポッド
  • 小口径対ゾイドレーザー機銃
  • TEZ20mmリニアレーザーガン×2
  • 対ゾイド3連衝撃砲
  • AEZ20mmビームガン×2
  • 複合センサーユニット
  • キラーサーベル×2
  • ストライククロー×4
  • 赤外線レーザーサーチャー



概要

セイバータイガー


ガイロス帝国軍が保有する大型の高速戦闘ゾイド。前駆型はゼネバス帝国軍のサーベルタイガーだが、同機がグレートサーベルに改修されたあと、その性能を維持しつつ(装備類はコストの問題でノーマル仕様に差し戻された。後にATとして再配備)投入したアップデート機である。大異変の影響でコアが養殖コピー品に変更されたものの、外付けの火器とスピードを両立できることから当時ライバルであったシールドライガーとの戦力差が縮まっている。ガイロス帝国軍の次期主力高速機であるライトニングサイクスの導入に伴い、お供のヘルキャットと一緒に徐々に機種転換が開始されている。


バトルストーリーでの活躍

デスザウラー復活をめぐる戦いで共和国高速部隊と交戦。
多数のコマンドウルフを破壊し、シールドライガーと激戦を繰り広げる。
遠距離からの攻撃で追い詰めるが、一瞬の隙を付かれて敗北した。

アニメでの活躍

アニメシリーズ全4作品全てに登場するという快挙を成し遂げている。

『ゾイド』

ライバルキャラレイヴンの乗機として、赤色の本種が登場。
主人公バン・フライハイトの駆るシールドライガーと幾度も矛を交える。
最初はレイヴンの技術と経験の差、オーガノイド・シャドウによるバックアップも手伝って圧倒していたが、徐々に機体がレイヴンの技量についていけなくなり、レイヴンの慢心もあって損傷が増えていった。
最期はマウントオッサの火口でのバンとの戦闘で、ゾイド乗りとして成長したバンの実力とライガー必殺のEシールドによるタックルを受けて敗北。「自分の腕について来れなくなった」という理由でろくな修理もして貰えないままだったうえ、大破したと同時にレイヴンから見捨てられてしまった。
ガイロス帝国のエースパイロット、カール・リヒテン・シュバルツの専用機を初めとしたバリエーション機も含め、帝国側の主力機として様々な場面に登場している。

『ゾイド新世紀/ゼロ』

「チームタイガース」の機体として黄色カラーで登場。
コメディリリーフ的な扱いで、ビットからは「チームニャンニャン」と揶揄されていた。

『ゾイドフューザーズ』

4体がかりでRDのライガーゼロと戦い、勝利している。(この勝利についてはRDがファイヤーフェニックスを呼べなかった点が大きい)
光学迷彩を使うホロテック仕様も登場した。

『ゾイドジェネシス』

ディガルド討伐軍に所属する機体として登場。
旧型ゾイドがバイオゾイド相手に苦戦する事が多い中、バイオラプターを破壊するなど
活躍の場面が多い。機体数や出演頻度も多いなど、モブキャラとしてはかなり優遇されている。

バリエーション

セイバータイガーSS

セイバータイガー シュバルツ仕様



ガイロス帝国軍将校カール・リヒテン・シュバルツの専用機で、機体色は
彼の乗機のトレードマークとも言えるビームガトリング砲は高速戦闘時における
取り回しの良さを追求し、ショートバレルタイプのものを装備。
補助電子機器の追加によって命中精度を向上させている。
公式ファンブック内のバトルストーリーでは、ガイロス帝国に反乱を起こした旧ゼネバス帝国派の
将兵を数多く擁する鉄竜騎兵団(アイゼンドラグーン)所属のライガーゼロイクスと交戦するも
撃破されてしまう。HMMシリーズでキット化されている。

セイバータイガーAT

要するにセイバータイガーにグレートサーベルと同じ装備をさせた機体である。

セイバータイガーゴールド

ガイロス帝国の皇帝一族にしか搭乗を認められていない金色のセイバータイガーに
セイバータイガーAT(グレートサーベル)と同様の追加武装を施した機体。
通常機よりも性能が上がっている。
バトルストーリーでは、ルドルフ専用機として彼自身が搭乗し、ネオゼネバス帝国初代皇帝ギュンター・プロイツェン・ムーロアが駆るブラッディデスザウラーと対峙する。
ジャスコ限定ゾイドとして販売され、HMMシリーズでもキット化を果たした。

ロイヤルセイバー

アニメに登場したガイロス帝国皇帝専用のセイバータイガー。
黒を基調としたカラーリングで纏められており、皇帝自身が操縦しなければ性能は発揮されない。

セイバータイガーホロテック

限定販売されたセイバータイガーのクリア成型バージョン。
コアの突然変異の影響で透明化する能力を持つというトンデモ性能のゾイド。
(人工ホロテックも存在するが、こちらはビーム耐性があるだけで透明化能力は無い)
光学迷彩とは違い、完全に周囲の地形に姿を溶け込ませる事ができる。
アニメ『ゾイドフューザーズ』でキッドの機体として登場・暗躍し、その透明化の能力を駆使して数々の相手を撃破していったが、マッハストームの逆襲を受け、ペイント弾を駆使したシグマが駆るレオストライカーの奇策により透明化を無効化されて敗北した。

プロトセイバー

『ZOIDS_SAGA』及び『ZOIDS_VS』シリーズに登場する実験機。
CAS(チェンジングアーマーシステム)の検証用とされるが、詳細は不明。
頭部デザインが大きく変更されて牙が大型化しており、武装面でも専用武器や独自のEX攻撃がある。

サーベルタイガー・グレートサーベル

サーベルタイガー(ゾイド)を参照。

関連タグ

ゾイド ゾイド新世紀/ゼロ ゾイドフューザーズ ゾイドジェネシス
サーベルタイガー(ゾイド)
哺乳類 トラ  タイガー ネコ ぬこ 
メカ ロボ スミロドン 
タイガー系仲間 ガルタイガー ガンタイガー ブリッツタイガー レイズタイガー ブラストルタイガー ワイツタイガー ソウルタイガー レッズタイガー

関連記事

親記事

ガイロス帝国 がいろすていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「セイバータイガー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「セイバータイガー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81576

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました