ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

セイバータイガー

せいばーたいがー

セイバータイガーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の一種である。
目次[非表示]

スペック

機体名セイバータイガー
番号EZ-016
所属ガイロス帝国
分類トラ
全長15.6m
全高9.1m
重量78.0t
最高速度240km/h
乗員人数1名
装備
  • 赤外線レーザーサーチャー
  • 複合センサーユニット
武装
  • キラーサーベル×2
  • ストライククロー×4
  • 対ゾイド30mm2連装ビーム砲
  • 地対地ミサイルポッド
  • 小口径対ゾイドレーザー機銃
  • TEZ20mmリニアレーザーガン×2
  • 対ゾイド3連衝撃砲
  • AEZ20mmビームガン×2


概要

セイバータイガー


ガイロス帝国軍が第2次大陸間戦争時に運用した大型の高速戦闘ゾイド。旧ゼネバス帝国軍のサーベルタイガーに動力機関や冷却装置などのチューンナップを施した結果、同機の改修型であるグレートサーベルと同等の性能を追加装備なしで獲得した。
サーベルタイガーとは目(キャノピー部分)の色が違う。

紅き暴風」の異名を持ち、「青き稲妻」の異名を持つシールドライガーと対比されている。

「大異変」の影響でコアが養殖コピー品に変更されたものの、外付けの火器とスピードを両立できることから当時ライバルであったシールドライガーとの戦力差が縮まっている。

ガイロス軍の次期主力高速機であるライトニングサイクスの導入に伴い、お供のヘルキャットと一緒に徐々に機種転換が開始されている。

HMM版の設定では、ストライククローに超振動機構を備えたことで、この武装が後の多くのゾイドへの基本装備として採用される実績を作ったのが本機だとされている。

ホワイトタイガーとは機体コンセプトが似ているとされるが、実際の関連性は判明していない。

バトルストーリー

西方大陸オリンポス山でのデスザウラー復活をめぐる戦いでゼネバス人将兵ステファン・スコルツェニー少尉の機体が、ハルフォード率いる共和国高速部隊と交戦。

単機で多数のコマンドウルフを破壊し、シールドライガーと激戦を繰り広げる。遠距離からの攻撃で追い詰めるが、旧大戦時代よりも強力かつ強靭になっていたシールドライガーのEシールドにより生じた一瞬の隙を付かれて敗北した。

戦場が暗黒大陸に移行してからも運用されている。

アニメでの活躍

コマンドウルフグスタフなどと同様に、旧アニメシリーズ全4作品全てに登場するという快挙を成し遂げている。
新型機が多数登場して以降も、パイロット次第で高性能を発揮するゾイドとしての活躍が多い。

ゾイド-ZOIDS-

ライバルキャラレイヴンの乗機として、赤色の本種が登場。
主人公バン・フライハイトの駆るシールドライガーと幾度も矛を交える。
最初はレイヴンの技術と経験の差、オーガノイド・シャドーによるバックアップも手伝って圧倒していたが、徐々に機体がレイヴンの技量についていけなくなり、レイヴンの慢心もあって損傷が増えていった上にろくな修理もして貰えなかった。

セイバータイガー 突撃


最後の戦いとなったマウントオッサ噴火口でのバンとの戦闘で、ライガー必殺のEシールドを強引に突き破ろうとするも機体が持たず自壊するという壮絶な最期を遂げた。しかも「期待外れ」という理由でそのままレイヴンから見捨てられてしまった。
以降もガイロス帝国のエースパイロット、カール・リヒテン・シュバルツの専用機を初めとしたバリエーション機も含め、帝国側の主力機として様々な場面に登場している。

ゾイド新世紀/ゼロ

チームタイガース」の機体として黄色カラーで登場。

本編でビットらチーム・ブリッツが最初に戦った相手だが、コメディリリーフ的な扱いで、その後は「チームニャンニャン」と揶揄される場面も。

ゾイドフューザーズ

4体がかりでRDのライガーゼロと戦い、勝利している。この勝利については、RDが慢心していてファイヤーフェニックスを呼べなかった点が大きい。

後述するが光学迷彩を使う「ホロテック仕様」も登場した。

また、マッハストームのグラハムの愛機もセイバータイガーであった。

ゾイドジェネシス

ディガルド討伐軍に所属する機体として登場。

旧型ゾイドがバイオゾイド相手に苦戦する事が多い中、バイオラプターを破壊するなど活躍の場面が多い。機体数や出演頻度も多いなど、モブキャラとしてはかなり優遇されている。

バリエーション

セイバータイガーSS

HMMセイバータイガー・シュバルツ仕様 箱絵



ガイロス帝国国防軍将校カール・リヒテン・シュバルツの専用機で、機体色は
彼の乗機のトレードマークとも言えるビームガトリング砲は高速戦闘時における取り回しの良さを追求し、ショートバレルタイプのものを装備。
補助電子機器の追加によって命中精度を向上させている。

公式ファンブック内のバトルストーリーでは、帝国摂政ギュンター・プロイツェンが戦争の裏で何かを企んでいる事を察したシュバルツが停戦交渉の為に共和国基地に向かうのに使用した。

プロイツェンの刺客が駆るライガーゼロイクスと交戦するも撃破されてしまう。しかし、イクスはロブ・ハーマンの駆るケーニッヒウルフに撃破され、シュバルツは瀕死ながらも生還した。

HMMシリーズでキット化されている。

セイバータイガーAT

グレートサーベルと同じ追加装備「アサルトユニット」を装備させた機体。グレートセイバーと呼ばれる事も。このアサルトユニットは生産コストの観点から通常のセイバータイガーではオミットされていたが、西方大陸戦争の激化により戦闘能力への要求が増したため再導入された。最高速度は250km/hに向上している。カラーは基本的に通常型と同じだが、グレートサーベルと同じカラーの機体も存在する。
アニメでは帝国皇室に所属していた皇室銃士隊の三銃士の機体として登場。リーダーのワグナー搭乗機は金色、グロスコフとビーピーの機体は銀色に塗られている。かつて行われていたゾイドの戦闘競技で最強と謳われたベテランが搭乗しただけあって、バンのブレードライガーとも互角以上に渡り合った。

セイバータイガーゴールド

ガイロス帝国の皇帝一族にしか搭乗を認められていない金色のセイバータイガーにセイバータイガーAT(グレートサーベル)と同様の追加武装を施した機体。
通常機よりも性能が上がっている。

バトルストーリーでは、ルドルフ・ツェペリン専用機として彼自身が搭乗し、ネオゼネバス帝国初代皇帝ギュンター・プロイツェン・ムーロアが駆るブラッディデスザウラーと対峙する。

ジャスコ限定ゾイドとして販売され、HMMシリーズでもキット化を果たした。

セイバータイガー・スティンガースペシャル

アニメで賞金稼ぎのスティンガーが使用したセイバータイガー。バンのブレードライガーが最初に戦った相手であり、奇しくもシールドライガーの進化系とセイバータイガーの強化型が対決するという構図になった。
外見は淡い赤に塗られたセイバータイガーATだが、彼が使用したガイサックも装備していたポイズンジェットガンに類似した装備を持つ。
スティンガーは「性能・攻撃力共に20%以上アップした、地上最強のゾイド」(この台詞はグレートサーベルの機体説明が元ネタと思われる)と豪語しており、ミサイル攻撃でバンに奪われた自身のガイサックを撃破するが、その後登場したブレードライガーには武装が一切通用せず、文字通り一撃で切り捨てられた。

ロイヤルセイバー

アニメに登場したガイロス帝国皇帝専用のセイバータイガー。
黒を基調としたカラーリングで纏められており、皇帝自身が操縦しなければ性能は発揮されない。コックピットは複座式。

セイバータイガーTS

アニメ『ゾイド新世紀/ゼロ』にてチームタイガースが使用する黄色の機体。対ゴジュラス用の「ロングレンジライフル」やラオン博士が用意した「天候攪乱装置付属型のビーム砲」などを装備する場面もあった。
TSは「タイガース・スペシャル」を意味するものだが、ゲーム作品への登場時に区別のためつけられたもので劇中では使用されていない。

ハズブロから「セイバーファング」の名称で販売され、日本でもトイザらスで限定販売された。

セイバータイガーホロテック

限定販売されたセイバータイガーのクリア成型バージョン。
コアの突然変異の影響で透明化する能力を持つというトンデモ性能のゾイド。

  • 人工のホロテックも存在するが、こちらはビーム耐性があるだけで透明化能力は無い。

シャドーフォックス等のような光学迷彩とは違い、完全に周囲の地形に姿を溶け込ませる事ができる上に、自身の幻影を生み出す事すらできる。

アニメ『ゾイドフューザーズ』でキッドの機体として登場・暗躍し、その透明化の能力を駆使してキラースパイナー等の数々の相手を撃破していき、シグマのボルドガルドをも手にかけた。そして治安局の特殊光学ライトによる炙り出し作戦も通用せず、RDのライガーゼロも負かしたが、ボルドガルドの仇討ちに燃えるシグマが駆るレオストライカーの特殊ペイント弾を駆使した奇策により透明化を無効化されてとうとう敗北した。

プロトセイバー


サーベルタイガー・グレートサーベル

サーベルタイガー(ゾイド)を参照。

関連タグ

ゾイド ゾイド新世紀/ゼロ ゾイドフューザーズ ゾイドジェネシス
サーベルタイガー(ゾイド)
哺乳類 トラ  タイガー ネコ ぬこ 
メカ ロボ スミロドン 
タイガー系仲間 ガルタイガー ガンタイガー ブリッツタイガー レイズタイガー ブラストルタイガー ワイツタイガー ソウルタイガー レッズタイガー

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87109

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました