ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

全長:13,2m
全高:5,0m
重量:24,0t
最高速度:190km/h

概要

ZAC2034年にゼネバス帝国が開発したヒョウ型高速戦闘用ゾイド
本格的なステルス機能を持つゾイド。最初期の高速戦闘用ゾイドでもあり、草分け的な存在であるが、その真価は奇襲攻撃において発揮される。
また、後に開発・投入されたサーベルタイガーセイバータイガー)の僚機も担当している。

本機は森林や山岳での奇襲戦を想定して設計され、消音機能とギリギリまで熱放射を抑えた排気システムにより、敵に気付かれず接近しての強襲を得意とする。
共和国軍兵士からは「密林の暗殺者」という異名で呼ばれ恐れられた。
しかし次々と新型機が開発されるにつれて機体設計の古さが目立つようになり、コマンドウルフなどに撃破されるケースが目立ち始めた。
後にゼネバス帝国ではコマンドウルフの対抗機としてライジャーが開発されたが、その頃には既にゼネバス帝国は劣勢に立たされ、活躍できるような機会はなかった。

ガイロス帝国でも運用されており、第2次大陸間戦争でも運用されたが流石に旧式化していった為、ライトニングサイクスがヘルキャットの後継機として開発された。

アニメでは

ゾイド-ZOIDS-』でもたびたび登場し、光学迷彩と数の暴力で主人公たちを翻弄、ブレードライガーやライトニングサイクスなどの当時の最新鋭ゾイド相手にも物語終盤まで作戦行動の妨害をしてくるなど、目立った活躍が多い。

一方、とある少年の霊魂とヘルキャットの霊魂の話はかなり泣ける。

余談

光学迷彩に関してはアニメオリジナル設定だが、ライガーゼロイクス関連の話でバトルストーリーにも逆輸入された。

関連タグ

ゾイド ヒョウ 哺乳類 ネコ ぬこ 猛獣  動物

関連記事

親記事

ゼネバス帝国 ぜねばすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルキャット(ゾイド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 736

コメント