ピクシブ百科事典

ゼロファントス

いにしえのまだんき

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

英表記ZEROPHANTOTH
番号ZW43
所属-
分類ゾウ
骨格分類-
異名古の魔弾機
全長6.7m
全高5.0m
重量59.0t
最高速度138km/h
発掘地域大陸北西部 地下神殿
IQ149
解放技名破滅爆裂弾(ディゾルボム)
搭乗者-
ステータス
  • アタック:8
  • ディフェンス:9
  • スピード:5
  • スタミナ:6
  • IQ:9
  • ワイルドブラスト:8
武装
  • A-Zアンカーファング
  • パワーノーズ
  • A-Zスリングボム
装備
  • イヤーシールド
  • マインドホーン
  • アイブレイン
  • コアリアクター
  • リアクターライン
  • スリングボムマガジン
  • ヴェノムタンク
クラスM
動力モーター
発売日2020年6月27日
価格4,400円(税抜)
組立時間-分


概要

人類未到の地、地下神殿エリアから突如出現したゾウ種のゾイドで、進化ゾイド兵器ゾイドのどちらにも属さない謎の存在。

眼がZ-Oバイザーのような物に覆われているが、細かな単眼が並んだ独特の眼となっている。
さらにボディ自体もボーンフレームが無く、骨格とアーマーが合わさったような独特の四肢を持つ。外装全体には血管にも似たリアクターラインが走り、その内部を毒液バイオアシッドが流動、明滅している。リアクターラインは出力の上昇などにより強く輝くという。

これまでも偶然発見した人類によって幾度か発掘が試みられたが、作業中にバイオアシッドの毒によって命を落とす者が続出し、「禁忌のゾイド」と恐れられた。そのため当機の復活は断念せざるを得ず、発掘を完了させた者はいないという。

開放技は進化開放でも兵器開放でもなく、(原始開放(ゼロブラスト)と呼ばれる独自のもの。
ゼロファントスの原始開放技は、現代の重火器に匹敵する破壊力を持つA-Zスリングボムをスリングボムマガジンから取り出し、パワーノーズを用いて投擲する『破滅爆裂弾(ディゾルボム)。』
A-Zスリングボムにはバイオアシッド製と思われる猛毒が蓄積されており、その毒を散布して敵を腐食させる。

キットについて

ボーンフレームが存在しないという設定を反映してか、骨格形態が存在しない。特徴的なリアクターラインは、塗装により再現されている。
起動すると鼻や耳を動かしながら歩行を行う。原始開放は手動で行う。鼻を持ち上げるように変形すると背中のユニットから爆弾を捕球し、前方に投擲する。マガジンの装弾数は4球なので、歩行を続けると連続で4球まで投げることが可能。

余談

公式冊子の『オペレーションZマニュアル Vol.1』で先行公開された。

紫と白のカラーリングは、旧シリーズにおける暗黒軍仕様のゾイドのカラーリングを反転したものになっているが、意図的なものかは不明である。

ボディの両サイドには地球由来ゾイドのような肋骨のモールドが存在し、キャノンブルと似た形状をしているように見える。
ただボーンフレームを持たないボディは旧シリーズの多くのゾイドに近いと言える。

遠距離戦闘が可能なゾイドは、設定上ではゾイドワイルド第1期の頃から存在していた。ただし実際にギミックとして飛ばせるようなパーツは付属しているものはおらず、このゼロファントスにて初めて付属することとなった。
キットにおいてもこれまでアイアンコングサラマンダーのように砲弾やミサイルの発射を再現できるゾイドはこそ存在していたが、このゼロファントスはゾイドとしては初の“物を投げる”ギミックを搭載しているのが大きな特徴となっている。

ゼロファントスという名前は、エレファンタスのメカボニカ時代の名前であるメカファントスと似ている。ゼロ→原点回帰という意味で捉えればどこか意味深なネーミングである。

関連タグ

ゾイド ゾウ

エレファンタス/ゾイドマンモス/ツインホーン/エレファンダー/パワーマンモス・・・同じゾウ科モチーフのゾイド

関連記事

親記事

ゾイドワイルドZERO ぞいどわいるどぜろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロファントス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242

コメント