ピクシブ百科事典

デスレックス

さいきょうはかいこうてい

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

英表記DEATH REX
番号ZW12
所属デスメタル帝国(DEATH METAL)
分類ティラノサウルス
骨格分類2足巨大恐竜骨格
異名最狂覇壊皇帝
全長12.3m
全高5.6m
重量154.0t
最高速度247km/h
発掘地域ワイルド大陸 大火山デスロッキー
IQ98
本能解放技名ジェノサイドドドリル
搭乗者ギャラガー
ステータス
  • アタック:10
  • ディフェンス:10
  • スピード:9
  • スタミナ:9
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:10
武装
  • ウブラドリル
  • デスジョーズ
  • カイザーテイル
  • クラッシュクロー
  • 大顎
装備
  • 放熱ウイング
クラスXL
動力モーター
発売日2018年12月8日
価格6800円(税抜)
組立時間50分

概要

ティラノサウルス種の巨大ゾイド。
この世に一体しか存在せず、生態系の頂点に立つと言われる最も凶暴なゾイドの王。

「大火山デスロッキーのマグマ」の中で発見されたが、長きに渡り高温のマグマに浸かっていたにもかかわらず、溶けている部分は1箇所もなかったとされている。

能力を解放すると大顎が大きく裂けて通常の2倍近くに拡張され、更に頭部側面に折り畳まれている第二の顎「デスジョーズ」が展開されて、四つの巨大な顎を持つ異形の姿へと変貌。更に口腔内から粉砕ミキサー「ウブラドリル」が出現する。

本能解放技は大きく裂けた大顎とデスジョーズで敵ゾイドを上下左右から喰らいついて逃げられないようにし、口内のウブラドリルで敵ゾイドを木端微塵に粉砕し喰らいつくす『ジェノサイド ド ドリル』で、そして取り込んだ他のゾイドのエネルギー、能力を吸収していると言われている。
この名称は誤植ではないので注意して頂きたい(公式ツイッターでもお詫びと訂正のツイートがされていた)。

ゾイドの気配を察知すると興奮状態になり、暴れ出し、大きな顎で敵ゾイドに喰らいついてとことん破壊し尽くす。その戦闘力は本能極限解放したファングタイガーとも互角以上に戦い、瀕死に追いやったほど。
さすがにスピード重視のゾイドには及ばないものの、その巨体に対して意外と身軽さがあり、相手の攻撃を軽々と回避し、ジャンプしながら回し蹴りの要領で強烈な尾の一撃を繰り出す事もできる。
ゾイドワイルドより前の世代に登場したゾイドと比べれば小柄ではあるが、あらゆるゾイドの中でも高い生命力と戦闘力を誇っているといえるだろう。

アニメでの活躍

デスメタル帝国の帝王ギャラガーが乗るゾイドにしてアニメ版のラスボス。
初登場は第13話。

あまりの獰猛さと残忍さから普段は鎖で拘束されており、ギャラガーが外出する際にはその状態でコンテナに入れられてキャタルガで運搬されている。

クワーガの大顎を噛み切ったファングタイガー、粛清として部下や敵のゾイドを噛み砕いたガブリゲーターとは異なり、本当の意味でゾイドを捕食する恐るべき特性を持つ唯一の種であり、アニメでは自軍のラプトールの頭部を食いちぎっている。
しかも捕食したゾイドの遺伝子を取り込む事で、その遺伝子を持つゾイドはデスレックスに対し本能的な恐怖を抱くようになるという。

性質そのものもさることながら食欲も尋常ではなく、ファングタイガー戦の後は大人しくなるまでにラプトール1000体を軽く平らげた。

第20話ではワイルドブラストをした6体のゾイドが相手でも優位に戦い、ワイルドライガーをも片足で抑え込むパワーを発揮。暴走したアラシに対抗する形でギャラガーも遂にデスブラストも発動し、一歩も引かぬ戦いを繰り広げた。先にスタミナが切れたライガーに止めを刺そうとしたが、直前にパワーに耐え切れなかったキーが壊れてしまいそのフィードバックで昏倒、決着をつける事はできなかった。

その後はギャラガーが(おそらく気分転換で)街を制圧する際に強制解放状態にして暴れまわしてる事があるが、その都度キーは最後に砕け散る事を繰り返していた。

実はデスレックス自身のゾイドキーもちゃんと存在していたのだが、復元時にベーコンによって奪取されており、アラシを逃がすときに彼に託されていた事が後に判明。それに気づいたギャラガーはキーを取り戻そうと、本腰を入れた捜索を命じ始める。
ただしこのキーは本能解放ではなく強制解放させるものらしい。その為か他のゾイドキーと違いデスレックスの意匠がなく、デスメタルキーの原型のようなデザインとなっている。

そしてある人物を喰い殺したのが原因なのか人間も捕食するようになり、実際に不要と判断された戦闘員の一人が従えていたラプトールもろとも「処刑」という形で(直接描写こそ避けていたが)喰い殺されていた。

一応人間にも鉄分などの金属元素はあるが、金属生命体であるゾイドに比べるとその量は微々たるもので、おそらく滋養としての捕食ではなく単に"ゾイドとは違う食感を楽しむ為"にそうした可能性が高い。

はるか昔、現在よりも人とゾイドの関係が友好だったころに突如現れ、世界とゾイドの半分を滅ぼしたとされる。あらゆるゾイドや、当時はまだ存在していた大型の重火器を用いても太刀打ちできず人々は為す術がなかったが、奇跡的に発生した巨大な雷で機能を停止。人々は二度とデスレックスを復活させないために分解し、パーツは別々に埋められたが、現代にてデスメタル帝国により発掘され、ギャラガーの乗機となった。

この様な余りにも規格外な存在であることから、ゾイドに関して非常に博識なオニギリでさえ「神話の存在」としてその存在は半信半疑であった。

終盤においてデスレックスに対抗するため探していた古大秘宝Zの正体がデスレックス自身という驚愕の真実が判明する。

古文書によれば、
「ゾイドだけでなく人間も滅ぼしかけたデスレックスを大人しくする為に、(効果はないと分かりながらも)一人の人間を生贄に差し出すと、デスレックスと生贄の人間が究極の絆を結ぶという奇跡が起こり、デスレックスの圧倒的な力で他のゾイドを制圧して世界に平安が訪れた」
などと記されており、古文書に描かれていた絵にはゾイドキーも描かれており、形状と色がデスメタルキーのものとは異なり、簡略化されてるが赤が主体でどことなくデスレックスの意匠があるデザインをしている為、デスレックスと人間は解りあえる可能性があった事が判明する。

そしてワイルドライガーは、万が一デスレックスが悪しき者の手で暴走してしまった時のための安全装置的な存在であった事も判明した。

また古文書には「デスレックスを乗りこなせる者が王になれる」とも読み取れる一文があり、
ギャラガーはミミガー時代にムシ仙人に隠れてこの古文書や例の壁画を知り、デスレックスに執着するようになったと思われる。

49話にて遂にギャラガーがアラシからキーを入手し、それを持って真のデスブラストを行い圧倒的な力を持ってワイルドライガー達に襲い掛かる。
本来デスブラストには苦痛が伴うはずなのだが、まるで麻薬を打たれたかのようなその様はドレイクをして「喜んでいる」と言わしめた。

しかしワイルドライガーが覚醒状態になるとギャラガーが振り落とされ、単独でライガーと激闘を繰り広げる。
一時は自分の事を受け入れようとしているアラシの姿におそらくかつての相棒だった人間を重ねたのか彼の説得に耳を貸しキーが抜けかけたが、復帰したギャラガーが強引に差し戻し戦闘が続行されてしまう。

アラシとライガーを庇ったドレイクとラプターをデスジョーズで捕獲、ウブラドリルで葬り去ろうとしたが、
最後は二人を助けようとしたアラシとライガーの渾身のキングオブクローによって火山の火口へ突き落され、溶岩の中に再び沈められるのであった。

最凶の存在であると同時にその力からかつての相棒以外から恐れられ、時には単なる兵器として扱われたデスレックスは、見方を変えれば哀しい存在とも言える。
溶岩ですら溶けない身体を持つ為、邪な人の手が及ばない場所で誰にも邪魔されずに眠り続けている方が、デスレックスにとっては幸せなのかもしれない……。

キットについて

キットは『ゾイドワイルド』シリーズ初となる発光ギミックを内蔵。
スイッチを入れると歩行を開始し、口を開閉させながら尻尾を左右に振り、腕を振りつつ歩行する。数歩歩くと歩行を停止し、ワイルドブラストギミックが発動。

口が大きく開かれて口腔内が赤く光り、ウブラドリルが回転すると同時に頭部側面のデスジョーズが展開する。この動作を3回行うと再び歩行アクションに戻る。
自動でギミックを元に戻す特徴があるのは他にはグラキオサウルスがいる。

バリエーション

デスレックスオリジン

ニンテンドーSWITCH用ソフト『ゾイドワイルド キングオブブラスト』に登場する亜種。外装
は白く、原種以上の凶暴性を秘めている。

デスレックスバスター

Youtubeにて公開された田口清隆監督制作の特撮ジオラマ映像『ゾイドワイルドバトルウォーズ』に登場した改造機体。

ワイルド大陸から遥か遠く離れた東部の大陸にある共和国が保有する最新鋭機で、背部に大型の3連対ゾイドミサイルポッドを2基搭載しているのが特徴。

劇中ではトリケラドゴスカノン率いる王国軍のガノンタスプラス1個中隊をミサイル攻撃や格闘戦で瞬く間に壊滅へと追い込み、その後遭遇したコマンドライガーとも激しい死闘を繰り広げている。

デスレックス紫龍形態

紫色のデスレックス。キットはコロコロコミックの応募商品等として扱われている。

デスレックスM

現在入手不可。
ビーストライガーM」の裏のバトルコードで入手できたマクドナルドコラボゾイド
派手さと美しさを兼ね備えた、黄色のボディに赤の牙。そして何より大食いの機体。
ビーストライガーMがプロモカード故に「カードブースト」非対応なのに、
こいつはきっちり対応しており、バトルすれば必ず手に入る関係で、最もMAXブーストが容易なゾイドだった。

余談

ゾイドが他のゾイドを捕食するというのは『機獣新世紀ゾイド 公式ファンブック』内のバトルストーリーで繁殖能力を発現したデススティンガーの幼体が他のゾイドのゾイドコアをエサにしたり、キメラブロックスの他のゾイドを取り込み自己進化を引き起こす特性など近い前例がある。

が、原則として兵器として改造されたゾイドは摂食機能を持たない(改造前の野生ゾイドは草食性・肉食性の概念が存在している)。

漫画では“D”と呼ばれており、これは最初のゾイドアニメ『ゾイド-ZOIDS-』の原案に当たる漫画『機獣新世紀ZOIDS』における「とてつもないゾイド」(デスザウラーと推測される)と共通の呼称だが、狙ったものなのか偶然なのかは不明。

ただ、「デス(死)+ティラノサウルス・レックス」に由来した名前であることは共通している。またデスザウラーも上記の『ゾイド -ZOIDS-』ではあまりの危険性故に封印されていた他、モチーフもデスレックスと一致している。

ちなみにウブラドリルの「ウブラ」とは口蓋垂(つまりのどちんこ)の英語『uvula』から来ている。
ティラノサウルス型ゾイドは荷電粒子砲を搭載しているものが多く、本能解放技は「口内から荷電粒子砲あるいはそれに近いものでは」と考察するファンもいた。

関連動画



関連イラスト

デスレックス
紅蓮の破壊神


関連タグ

ゾイド ZOIDS  ゾイドワイルド デスメタル帝国 ギャラガー ティラノサウルス

デスザウラー バイオティラノ

関連記事

親記事

ゾイドワイルド ぞいどわいるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デスレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9053

コメント