ピクシブ百科事典

ゾイドブロックス

ぞいどぶろっくす

『ゾイドブロックス』は、タカラトミーの玩具『ゾイド』におけるシリーズの一つにして、同シリーズに登場する兵器の名称である。
目次[非表示]

概要

1999年より再開したゾイドシリーズ第2期から登場し、細かい設定の違いはあれど『ブロックをボディの基礎にする』という共通の特徴を持つゾイドの総称。

従来の動力稼働ゾイドと異なり、5mm径のジョイントブロックによる「組み替え」「無稼動」「変形」「合体」を基本構想とし、ゾイドシリーズはかねてから改造遊びを推奨していたが、若年層ユーザーから改造における難易度の高さを訴える声が多かったことから企画された。
シリーズの途中からは既存の動力稼働ゾイドとの連動も加味され、ブロックス用の5mm軸マウントを採用した商品も発売された。

身体の各部や武装パーツを自由に組み替えて楽しむ組み立て式のブロック玩具であり、単にブロックやパーツを組み替えて遊ぶだけでなく、組み替えたパーツを既存のゾイドのカスタマイズパーツとして装着する事も可能。従来のポップアップキットの売りの一つだった歩行・走行ギミックはディメトロプテラレオゲーター等のTB8シリーズを除きオミットされたが、低価格かつカスタマイズの自由度の高さからライト及びヘビーユーザーの心を鷲掴みして数多くのゾイドブロックスのゾイドが発売される事になった。

余談だが、ゾイドブロックスが発売される以前からアタックゾイドやSSゾイドのような動力を持たないゾイドのキットは存在している。

アメリカでは、『Z-Builders』(ズィービルダーズ)の名前でハズブロより発売されており、同社オリジナル製品も数点がリリースされ、日本でもごく一部の製品がイベント会場限定品として発売された。

なお、バトルストーリーにおいては人工ゾイドコアを持つ新機軸のゾイドという背景設定を持ち、当初は西方大陸の企業により開発されたというアナウンスがなされていたが、後にその製造元は東方大陸ZOITEC社へと設定そのものが変遷した。


ゾイドブロックス一覧


ブロックスゾイド

(当該記事を参照)

キメラブロックス

(当該記事を参照)

バラッツ

機獣創世紀ゾイドジェネシス』放送時に発売されたブロックスで、旧ゾイドシリーズに登場したアタックゾイド(コマンドゾイド)のような位置づけの1人乗りの超小型ゾイド。使用するブロックはネオコアブロック1つのみとなっている。商品は開封するまで中身がわからないブラインドボックス形式であり、パーツはあらかじめランナーから切り離されている。シークレットとしてクリア成型のギラフソーダが混入されていた。

劇中では主に作業用として用いられていたほか、フィラソードがムテキ団の乗機として登場した。

ゾイド・ザ・ワンブロックス

ゾイドワンブロックス亀&ヤドカリ


その名の通り単体のコアブロックにデフォルメ調のゾイドの手足を取り付ける事で完成するシンプルな構成のブロックス。ブラインドボックス形式とカプセルトイの二形態でそれぞれ異なるラインナップが発売されている。

カプセルゾイドブロックス

なまえのないかいぶつ


ユージン(現:タカラトミーアーツ)より発売されたカプセルトイシリーズ。既存のブロックスに比べてデザインはより有機的となり、ラインナップも植物や二足歩行型ロボットといった既存のゾイドシリーズの枠に捉われない独特のものとなっている。

コアブロックのデザインは従来のものと異なっており、本家ブロックスにはない十字型のジョイントや球形のブロックなどもある。

ネオブロックス

ブロックやパイロットフィギュアの形状が一新された新規格のブロックス。従来のブロックスの問題点でもあったジョイントの保持力の低さは解消されたが、ブロックの形状が変更された事で組み換えの自由度は低下してしまっている。

ストーリーは「ビース共和国」と「ダイナス帝国」の二つの国家による戦争を扱ったものに変更されたが、登場人物や物語などはシリーズが終了しても一切明かされることはなかった。

レジェンドブロックス

ゴジュラスアイアンコングといった歴代のゾイドをネオブロックスの規格で再現したもの。ネオブロックスのパーツを用いたチェンジマイズも可能。パイロットのフィギュアは旧ゾイドシリーズと同様にメッキ加工されている(ヘリック共和国:金・ゼネバス帝国:銀)。

カスタムブロックス

ガーニナルだよっ


バラッツと同様に1つのコアブロックに各種パーツを組み付けていくランナー切り離し済みの低価格帯のアイテムだが、バラッツと異なるのはパーツの組み換えによってネオブロックスの武器として装着可能な点である。ブラインドボックス形式ではない為、欲しい種類を選んで購入する事が可能だった。

元々カスタムブロックスは『ゾイドジェネシス』シリーズにて発売される予定だったが、諸事情によりネオブロックスシリーズにて発売される事になった。

関連リンク


関連タグ

ゾイド ZOIDS 合体 ブロック
ブロックスゾイド キメラブロックス

プルガサリ…人工的に生み出された金属生命体繋がり。

関連記事

親記事

ゾイド ぞいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾイドブロックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7048

コメント