ピクシブ百科事典

キングゴジュラス

きんだんのごじゅらす

キングゴジュラス=キンゴジュ=禁ゴジュ=禁断のゴジュラス
目次[非表示]

キングゴジュラスとは、禁断のゾイドである。

概要

第一次大陸間戦争末期、ヘリック共和国軍がガイロス帝国軍との決戦のために持てる力(グローバリー3号のクルーから提供された地球の技術含む)を全て結集して生み出した、ティラノサウルス型超巨大ゾイドで且つ、惑星Zi史上最大最強の戦闘機械獣。
「ティラノサウルス型」などと銘打っているが、実際は某東宝怪獣型にしか見えない…とか言ってはいけない(そのくせ玩具の旧版パッケージ箱裏にはティラノサウルスのイラストと解説が掲載されていたりするが)。

ゴジュラス同様格闘戦を得意とし、敵を捕らえて引き裂くビッグクロー、高速で振り回して相手をなぎ払うクラッシャーテイル、そして頭部の超高熱を発するブレードホーンとバイトファングで暗黒軍ゾイドを一方的に破壊する。
全身があらゆる敵ゾイドの攻撃を跳ね返すほどの非常に強力な重装甲で覆われており、デス・キャットの超重力弾砲やギル・ベイダーのビームスマッシャーにすら耐えうる堅固な防御力を誇る(リバースセンチュリーより、"グラビティモーメントバリア"を装備しているという設定が追加された)というまさにチートな性能を持つ。
さらに電子戦装備も充実しているだけでなく、水中でも活動可能で、水中戦に於いても威力を発揮する。
超重量級の機体ながら恐るべき機動力と俊敏性も併せ持っており、ギル・ベイダーなどの飛行ゾイドをジャンプして引きずり降ろし、時速400km/hを越える超高速ゾイドをも捕らえる。

しかし反面、未知の技術を利用したが為にパイロットのみならず生態系にまで悪影響を及ぼすと言われていた。
そして事実、パイロットのヘリックⅡ世は戦闘中性格が狂暴化していた

胸部中央部と左右に水平三連装で装備された「スーパーガトリング砲」はゾイド史上最強の火器であり、荷電粒子砲・レーザービーム砲・超電磁砲の三種類の武器を高速回転しながら一分間に3000発撃ち出し、全ての敵ゾイドを吹き飛ばす超兵器である。
また口内には3連ミサイルポッドの他、自身の咆哮を数億倍に増幅して発生させた超音波を放出し、対象敵装甲に共振現象を起こさせて粉砕する超音波兵器である「スーパーサウンドブラスター」を内蔵する。
玩具では非常にうるさいと評判であった。

共和国と帝国の決戦において、「最後の上陸部隊」として出撃。
初陣で、ギル・ベイダー派生機である「ガンギャラド」の部隊を要塞の外壁ごと一瞬で消滅させてしまった。
その後の無敵の進撃はとどまることを知らず、立ちふさがるガイロス帝国のゾイドを徹底的に血祭りに上げていく。
ガイロス帝国軍の親衛隊機デス・キャットの超重力弾砲にも耐え(重力コントローラーによって無力化したものと思われる)、圧倒的な火力と俊敏な行動で、ガイロス帝国軍を追い込んでいき、ガイロス帝国首都ダークネス(当時)へと迫っていた。
しかしその時、惑星Ziの月に接近していた彗星が衝突、月の一部が隕石となって落下し、それによる地殻変動によって中央大陸が三つに割れ、暗黒大陸の一部が海没した大異変が起こってしまい、両軍とも戦争継続不可能となってしまった。
隕石落下直後の最終決戦で、ヘリック大統領搭乗の本機がガイロス皇帝搭乗の最強改造ゾイド、ギル・ザウラー(デスザウラーにギル・ベイダーの翼とビームスマッシャーをくっ付けた改造機)と激突、死闘の末に勝利を収めた。

彗星「ソーン」と月の衝突による隕石とグランドカタストロフの発生で、戦闘は自然消滅。
ヘリック大統領は両軍に撤退を呼びかけながら降り注ぐ隕石の迎撃を行うが、遂に行動不能となり、本機の危険性を恐れた大統領によって放棄・爆破される。
「理由はあとで話す!コイツは存在してはいけないものだ!

しかし、両国の復興が進む中、帝国の科学者にしてかの「ギル・ベイダー」開発者のケネス・オルドヴァイン技術将校がキングゴジュラスの残骸に秘められた技術に注目。
「グラビティアタック」の「ヴァルガ」を皮切りに、新たな戦闘機獣を次々と開発・投入する。
共和国最強の希望は、帝国最悪の悪夢となって共和国に牙をむいたのである。

本製品を最後に旧ゾイドシリーズが終了した事と、かつてはゴジュラス基地を単機で壊滅させ「死を呼ぶ巨竜」とまで称されたデスザウラーも裸足で逃げ出してしまうほど、あまりにも強すぎる設定から(旧ゾイドやバトルストーリーとは異なるアニメのオリジナルデスザウラー「破滅の魔獣」は本機をも超える凶悪なチートだが)、一部では「隕石を呼んだ元凶」と言われたり、「キングゴジュラス=キンゴジュ」をもじって「禁ゴジュ=禁断のゴジュラス」などと揶揄される事がある。他に愛称として「王様」と呼ばれることも。

また、バトルストーリーでは「人を神、もしくは悪魔に変える最強のゾイド」と呼ばれている。


装甲巨神Zナイト

旧バトスト終了後、学年誌にて連載されていた装甲巨神Zナイトにも登場している(作品的にはパラレルという事になっている為に、新バトストやリバースセンチュリーと関わりは無い)。彗星「ソーン」の衝突及びグランドカタストロフの影響が正史より酷く、惑星Ziは消滅してしまったが、キングゴジュラスはそのまま宇宙を漂い続け、何万光年の距離を超えて地球に漂着した。

地球では、西暦2409年にグローバリー3号が惑星Ziよりゾイドコアを持ち帰って造られた「装甲巨神」及びそのデーターを元に生み出された「メタルフット」等の人型兵器が造られていた。
その500年後の2998年より「ブルースター連邦」と「キルナ軍」が戦争をしていた時代であった。

その最中に隕石が落下して調査に訪れたブルースター連邦軍の前に、隕石から現れたのがキングゴジュラスである(当初何故か恐竜の皮を被っていて読者にもキングゴジュラスだとは分からなかった)。惑星Ziでの決戦や宇宙での漂流や大気圏からの落下等のダメージもまるで無いが如く、ブルースター連邦の「ノーザグレイバー 」、「ディバイキング 」率いる高性能メタルフット部隊を蹂躙しまくり、最強クラスのメタルフットである「ソルセイバー」ですら全く歯が立たない程、相変わらずの強さを発揮した。
キルナ軍最強のメタルフット「デスバトラー」も戦線に加わるも戦況はまるで変わらず、どうにか火山にたたき落としても、表面の恐竜の皮が剥がれてキングゴジュラスの姿が顕になっただけという有様。最終手段として、封印されていた最強の装甲巨神「グレートZナイト」が解放され、更にソルセイバーと合体することで青い形態へとパワーアップした事で、ようやくキングゴジュラスは倒された。

戦闘でキングゴジュラスが倒された描写は後にも先にもこれぐらいである。
※注意 20年前の拙い記憶と僅かな文献で記述している為、記述に誤差や間違いがある可能性があります(補足希望)。



(シーザー・ザ・キングなどの動画等で知られる某氏の動画)

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 ゴジュラス 禁ゴジュ

pixivに投稿された作品 pixivで「キングゴジュラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19370

コメント