ピクシブ百科事典

スナイプテラ

あくまのつばさ

玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名スナイプテラ
英表記SNIPTERA
番号ZW29
所属帝国
分類プテラノドン
骨格分類2足飛行恐竜骨格
異名悪魔の翼
全長8.9m
全高4.0m
重量45.4t
最高速度538km/h
発掘地域大陸北東部 山岳地帯
IQ101
兵器解放技名絶対狙撃(アブソルートショット)
搭乗者ギレル中尉(ZERO)、大空イルカ(2)
ステータス
  • アタック:6
  • ディフェンス:5
  • スピード:10
  • スタミナ:8
  • IQ:7
  • ワイルドブラスト:8
武装
  • A-Zスナイパーライフル
  • フォースバレルガトリング×2
  • ドラム式ミサイルランチャー
  • スマートボム
  • カッターウイング
装備
  • ジェットエンジン
  • センシングビジョン
  • スコープクレスト
クラス
動力モーター
発売日2019年9月
価格3500円
組立時間-


概要

空中からの狙撃を得意とする帝国軍のプテラノドン種の中型ゾイド。4足歩行と飛行を使い分けて移動することが可能。従来のプテラノドン種は軽量化された骨格構造により、空気の流れに乗って滑空するように飛行していた。しかしスナイプテラは帝国軍によってジェットエンジンが装備されて飛行性能が大きく上がった他、細い骨格を補強するように改造が進められている。

飛行時は左右のウイングの内側に装備したフォースバレルガトリングとドラム型ミサイルランチャー、また喉奥に内蔵されたA-Zスナイパーライフルによる攻撃を行う。

兵器解放技は、フォースバレルガトリングとドラム型ミサイルランチャーによる牽制射撃で敵ゾイドの動きを封じた後、A-Zスナイパーライフルで敵ゾイドを空中から仕留める『絶対狙撃(アブソルートショット)』。

キットについて

キットはM型のモーター駆動。通常時では現実の蝙蝠のように翼を地面につける姿勢を取って歩行するが、飛行形態に変形させると翼を上下に動かしながら胸部のミサイルランチャーを車輪代わりにして走行する。
さらに兵器解放ではスコープになっているトサカを前に倒し、口を開いて中のスナイパーライフルを引き出す事でスナイパーモードへと移行する。

余談

  • 『ゾイドワイルド』における飛行ゾイドとしてはカブタークワーガに続いて3種類目となり、初の昆虫以外のモチーフ且つモーター駆動のゾイドになる。また、モーター駆動の翼竜モチーフゾイドとしてはストームソーダー以来(偶然か否かシリーズ番号も同じ「29」である)。ちなみに月刊コロコロコミックでは応募で限定カラー版を入手できる。
  • ちなみにこれまで電動およびゼンマイ駆動式の翼竜、鳥類型の飛行ゾイドは数多くリリースされて来たが、そのほとんどが地面に足をつけて歩行するものばかりだったのに対し、このスナイプテラは足を完全に地面から離して走行する事もできるというゾイドシリーズでも珍しい可動スタイルなのが最大の特徴。他にこれと同じ動きをするゾイドといえばせいぜい最初期に出たペガサロス(と海外限定のグラビティープテラ)くらいである。


関連タグ

ゾイド ゾイドワイルドZERO 翼竜 プテラノドン

関連記事

親記事

ゾイドワイルドZERO ぞいどわいるどぜろ

兄弟記事

コメント