ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:岸尾だいすけ

概要

ソフトモヒカンが特徴的な帝国軍所属の軍人で、使用ゾイドはキャノンブル。フルネームは不明。地球再生の鍵を握るサリー及びボーマン確保の任を受け、彼女を保護したレオ達を狙い、部下を率いてレオとビーストライガーを追い込む。

真帝国軍の台頭後はジャミンガの大量発生及び、タイムパラドックスによる歴史改編、Zフォーミング不全による地球壊滅を防ぐべく設立された戦略情報局・特務機動部隊に所属する。

性格

やや口の悪い好戦的な性格の持ち主。任務に忠実であるが、ゾイドは道具と言う認識しかなく、襲ってきたジャミンガを排除した後に足蹴にする、(歯向かったとは言え)民間人のレオを部下に始末するよう命じる、不完全状態のライガーに負けた部下に罵声を浴びせる等、敵に対しては非情、味方に対しても厳格な態度が目立つ。

一方で、ランド博士シーガルの反乱にて共和国軍との共同戦線の際には、オメガレックスの砲撃で負傷した共和国軍兵士に肩を貸して助けてやったりと、人間としては決して冷酷でも非道と言う訳でもない。

加えて、作戦に個人的私情は持ち込まない方でもあるようで、これまで散々と敵対していたレオと共に、アルドリッジ捜索を命ぜられた際には大人しくそれに従い、アルドリッジの逃走を手助けする為に現れた、スピーゲルが駆るドライパンサーの攻撃からレオを守り、アルドリッジを捕り逃した時には「全ての責任は自分にある」とレオを庇う等、職業軍人としての責任感は相応に強い。

但し、己の実力に対する自負からか、キルサイスに誘拐・連行されそうになったボーマン博士の救出に採った行動が、キルサイスに破壊しない程度に射撃し、その衝撃で博士を拘束から解放すると言う、下手すれば救助対象が命を落とし兼ねない、危険極まりない方法(実際、救出は成功したものの、砂漠とは言え約10メートル上空から落下した為、博士は脚を負傷してしまった)だったりと、目的の為なら躊躇なく強引な手段に出る所は相変わらずである。

余談

リュック役の岸尾氏は『ゾイドワイルドZERO』の出演声優陣の中では、ゾイドアニメシリーズ出演経験者枠に入り、そして、『ゾイド-ZOIDS-』の主人公バン・フライハイト役として知名度を挙げた声優である。

但し、バンはゾイドを生き物として大事にする善人共和国側だったのに対し、リュックの方はゾイドを単純に兵器としか扱わない人物で、帝国に属する軍人である等、ゾイドに対しての価値観・ポジションは真逆のキャラと言える。

どちらかと言うと、緑髪である点や帝国兵士である事、世界を守る為の特殊部隊に主人公達と共に配属された事、つっけんどんで主人公を名前で呼ばない場面もある事、バッファロー型のゾイドに搭乗すると言う点も含め、ポジション的にはトーマ・リヒャルト・シュバルツに似ている部分もある。狂言回しで憎めない部分もあるトーマを、より尖らせたキャラクターとも言え、当初はレオ達を突け狙う強敵ポジションだったが、合同軍結成後は多少問題点はあるが、頼りがいある協力者ポジションとなる。

隊長と言う階級から、他の帝国軍人との上下関係は長らく不明(少なくともシェル軍曹よりは上)であったが、23話でギレル少佐の命令に対し、まだ中尉と認識していた時は拒否しようとしたが、少佐と判明するや渋々ながらその命令に従った事から、曹長以上~大尉以下クラスの階級の持ち主と考えられる。

更なる余談だが、ゾイド同様にリアルロボット及び、戦争を題材としたロボットアニメジャンルの代名詞である『ガンダムシリーズ』では、演じた声優が後の作品で悪役サイドのレギュラーキャラを演じるパターンはよくあったりもする。

尚、初代アニメのヒロインフィーネ役の大本眞基子女史も、『ZERO』にジーン・エレシーヌ・リネ役で出演しており、2人が揃って出演した回ではEDでのキャスト表記も隣り合わせと言う、妙に気の利いた感じの演出が取られていた。

関連タグ

ゾイドワイルドZERO 帝国軍(ゾイドワイルドZERO)
キャノンブル

リュック(ゾイドフューザーズ):シリーズ内での名前被り

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リュック隊長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4103

コメント