ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:堀内賢雄

概要

フルネームは「ジョナサン・ヴィンセント・シーガル」
眼の周りがやや黒ずんでいる人相をした、老体の帝国軍准将(現在では階級を事実上剥奪されており、元准将と呼ばれている)。
コリンズ准将の後任として、ジェノスピノ復活プロジェクトのトップとなった帝国軍准将で、穏健派のコリンズとは異なり、共和国への侵略を目論む過激派思想の持ち主で、彼とは対立していた模様。

見た目と比例するように共和国軍ギャレット少将からは、「」と皮肉られており、自身が推薦させたアルドリッジ少佐が搭乗するジェノスピノによる進撃を「コリンズが搭乗している」と偽った上に、「彼は「狂犬」と呼ばれる程の強硬派」「帝国の意思に背いて暴走している」等と嘯き濡れ衣を着せるが、コリンズが人格者である事は共和国にも知れ渡っていた為、彼の言い分は元より信用されていなかった。

後にジェノスピノの無断使用及び、それによる無差別破壊、共和国との緊張を強め、帝国国民の不安煽動等による、複数の罪状で軍法会議に掛けられ、階級剥奪の上で禁固500年の極刑に処されたが、「ランド博士は何故罪に問われない?」と尋ねその答えを聞いて以降、連行される直前まで鷹揚とした態度を崩さず、それ所か退廷の間際に今回の件は勝ちさえすれば、私は英雄になれていた筈だが?(要約)」と平然と宣っている。

その余裕は決して虚勢や負け惜しみ等ではなく、ランド博士の手引で釈放された後、オメガレックスの復元作業が行われているラプス島でランド博士と合流、帝国軍内の同志を集めて完全な帝国への反逆に打って出る。

オメガレックスの復元が間もなくとなるや、共和国・帝国問わずに電波ジャックを実施しハンナ・メルビルは前皇帝の娘である!」「自分達こそ真帝国である!」(何れも要約)と、声高に自分達の正統性を喧伝した。

ネオゼネバスシティ侵攻戦では、ランド博士が駆るオメガレックスの攻撃により、王城の防備に綻びが発生した所で、メルビルのスナイプテラに搭乗し潜入。
城内の防衛戦力を無力化した後、フィオナ女王陛下が居る謁見の間に向かうと、オメガレックスの戦闘力を見せ付け首都防衛に従事する帝国軍人の命を盾に、無条件降伏の調印を迫った

しかし、真帝国の最大戦力・オメガレックスが沈黙、フィオナからの無条件降伏が不可能になってしまった為、武力行使の兆候が確認されれば、即座に王城の破壊=フィオナ殺害を宣言、親フィオナ派の帝国軍への無条件降伏に作戦を変更した。
だが、ギレルと共にスナイプテラで王城に侵入したレオの奇策で、フィオナ達の許へ到着を許してしまい、更にメルビルも彼等を援護したのも重なって、フィオナが救出されてしまう。
最後の悪足掻きさえも失敗したシーガルだったが、フィオナ救出の為に孤軍奮闘するメルビルの前に、自らの専用機と見られる金色のキルサイスに搭乗して現れるや、マシンブラストを応用したと思われる機構・『耐Bスーツ拘束ユニット』で彼女を失神させた状態でスナイプテラに乗り込み、真帝国の同志と共に王城から脱出するのだった。

無事に真帝国の基地に帰還したシーガルだったが、真帝国の要たるオメガレックスは損傷が激しく、更に修理を行えるランド博士は行方不明の身となった為、博士の助手として行動を共にしていたメルビルに修理を要求するも、心変わりしたメルビルに拒否され、オメガレックスは事実上使用不能となる。加えて正規軍に反撃も始まり、次々と占拠していた拠点を奪回、あるいは包囲されてしまい身動きが取れない状態に陥る。

そんな中、本拠地である秘密基地に突如ジャミンガの大群が出現。未知の能力で警備を突破し、司令室まで入り込んできたジャミンガの中で、リーダーらしき個体が人語を用いてシーガルに交渉を迫り、向こうの「我々ニ協力スルナラバ、無敵ノゾイド戦力ヲ与エル(要約)」との言葉を飲み、彼等への協力を決意するのだった。

以降はジャミンガの群れと同盟じみた関係となるが、この混乱の隙にメルビルに逃げられてしまい、彼等にメルビルの奪還を重ねて要求するも、向こうは飽くまで『自らの主の復活』を第一義にしている為、真帝国の意向を半ば無視・独自の行動を採っており、「戦略的ニ我々ニハ不必要」「我々ニハアノ御方ガ居ル、唯一無二ノアノ御方ガ」(何れも要約)と突っぱねられている。

メルビルの奪還に失敗した挙げ句、彼女がレオ達に確保され、そのメルビルを介して自分達の拠点が共和国・帝国合同軍に知られて連合の調査部隊を差し向けられた際には、ジャミンガを操る者が発生させた濃霧、更にアルドリッジとスピーゲルが連合部隊を撹乱している間に、オメガレックスを連れて本部からの脱出に成功、そのまま行方を眩ませた。

起死回生を賭けて再出撃させたオメガレックスも連合軍に再び敗れて鹵獲され、いよいよ追い詰められたシーガルであったが、協力者達が蘇らせたランド博士が駆るゼログライジスの一方的な蹂躙が始まると、今度こそ真帝国の勝利を確信するも、ゼログライジスがこれまで奪った両軍のゾイドを一箇所に集めて破壊し、その残骸からゾイド因子を貪る光景を目の当たりにする。
直後に目の前にジャミンガの主が姿を現し、「地球を強きゾイドだけの星にする(要約)」と宣告され、事実上彼女らに裏切られる。どうにか生き残ろうと、人間の利用価値を説きながら交渉を開始する……が、それを向こうが聞き入れるはずもなく、危うく殺されそうになるもスピーゲルの機転でその場から逃走、アルドリッジが使っていた改造ファングタイガーに搭乗し(搭乗させられ)、どうにか真帝国基地から脱出した。

無事にジャミンガの襲撃から逃れたシーガルは、北極に潜伏。そこで何時の間にか入手していた最後のリジェネレーションキューブを隠しており、それを材料に合同軍に通信を送って交渉を開始。
「リジェネレーションキューブを渡す代償に、罪状の撤回及び、合同軍最高司令官の地位を要求」したシーガルに対し、合同軍は当然だがその要求を黙殺しレオ、リュックバーン、ギレル達を含めた部隊でシーガルが潜む基地に奇襲を行い、キューブの奪取を計った……が、それを読んでいたシーガルは待ち伏せ工作を仕掛け、相手が罠に掛かった所でスピーゲルに基地を爆発、自身は金色のキルサイスの搭乗してキューブを内包したコンテナと共に離脱した。

近場に立てたゲルで夜を明かす中、スピーゲルから「何故、反乱なんて事を考えた?」と問われた為、「私は惑星Zi時代の強い帝国に憧れていた。その頃の帝国を取り戻したかった(要約)」と吐露した。
その翌日に合同軍の使者としてハント大佐達が現れてキューブの実在を確認したハント達が取り出した(現皇帝のものと思われる)親書から「罪状の撤回による無罪放免。但し、軍への復職は不可(要約)」を告げられ、その代わりにキューブの引き渡しを求められる。
自身の要求をほぼ蹴られてシーガルは落胆、堪らず笑い出した後に激昂し交渉は事実上決裂。地球の危機の状況下に及んでも尚、自らの考えに拘泥する醜態を晒し、遂にスピーゲルからも三行半を叩き付けられ、更にキューブの気配を察したイレクトラが差し向けた、ジャミンガの群れとゼロファントスの急襲に遭う。

この混乱の中でキルサイスに搭乗してコンテナと共に1人離脱を図るが、キューブを狙って有象無象に沸くジャミンガに対し「貴様等さえ居なければ!!……私の『真帝国建国』の夢が……貴様等さえ居なければ!!……」と憎しみから狂ったように暴れた。
だが、遂に自らの野望が潰えたと察したシーガルは、内装されたタイムボムを起動させキューブ諸共自爆しようとした……が、寸前でメルビルが駆るスナイプテラのアブソルートショットが直撃し、破壊された乗機がコンテナから落下したと同時にタイムボムが起爆して機体は爆散。だが、コックピット部分はメルビルに回収されて幸か不幸か、自身は生存しそのまま再逮捕された。

性格

抑揚のない淡々とした語り口調ながら、その胸中は口調と裏腹に極めて好戦的な野心家。
劇中でも類を見ない程の陰湿狡猾策士で、「ゾイドは道具」の認識が蔓延る帝国軍人の中でも、「部下さえも道具」と言わんばかりの冷徹な性格の持ち主。

生前のコリンズを嫌悪していたようで、彼の死後は前述の通り、プロジェクトのトップの座を奪っただけに飽き足らず死人に口なしと切り捨てた上、自身の暴挙を上記の通り「コリンズの暴走」と偽って、その罪を擦り付ける等の卑劣な行為にも出ている。
また、ランド博士からリジェネレーションキューブの話を聞いても、然程気に留めずジェノスピノの侵攻にのみ注視し、ディアス中佐の策で動きを止めたジェノスピノに対し、自身の計画の失敗だけを恐れる=ライダーの心配は一切していない等と、鉄血思想に偏るブラック上司でもある(但し、部下への関心が皆無な訳でもなく、オメガレックスに搭乗したメルビルの変調を、ランド博士にそれとなく警告した……が、前述の事情から“自分達の旗印が亡くなる”事態への注意勧告と推測され、彼女だからこその配慮が真相だと思われる。事実、上記のジャミンガ大挙の際、基地から脱走しようとするメルビルを発見するや、「形だけとは言え、旗印を失う訳にはいかない(要約)」と発言、彼女の脱走を阻止しようとした)。

但し、コリンズ准将が死ぬ寸前まで牽引していた『ジェノスピノ復活プロジェクト』を彼の死後、即座に“後任”と形で奪う、ギレル中尉(当時)のジェノスピノ搭乗権限を剥奪し、アルドリッジ少佐にそれを委譲させる等、権謀術数に関し極めて秀でた才と、上記の謀略を即座に実行出来るだけの人脈を併せ持っている。
更に上記の極刑に処された際も、一向に動じずにやり過ごす様子から、「死ななければ幾らでも復活出来る」と割り切る、ランド博士と合流した際にフィオナ女王陛下とのモニター越しでの謁見にて「裏切る意思はありません、私は帝国の為に動いているのです(要約)」と、脱獄しても尚動じず帝国への帰属意識を嘯く、首都侵攻戦の敗北した中、フィオナ救出の支援をしたメルビルに上記の制裁を与えつつ、王城から脱出している等、異様なまで冷徹な思考をも見せる(但し、流石に収監直後は落胆したり、ランド博士の身に起こった変化には動揺を隠せなかった他、オメガレックスの修理が出来ない状況に、思わず一般将兵に対し「能無し共が」と吐き捨てたりもした)。
更に、オメガレックスの試運転によってか、彼に賛同する帝国軍人が決起・合流している、強硬派兵士から「閣下」と呼ばれている等の事実を合わせ、前皇帝の実子のメルビルを差し置き、真帝国の実質的な指導者と断言できる。

また、帝国首都への侵攻戦に当たり、メルビルが提案した「オメガレックスの武力による和平交渉」に対し、「我々はゾイドによる武装蜂起した以上、もう後には引けない(要約)」と、(やや詭弁めいているものの)シーガルなりの矜持や信念を持っている風にも察せられる。

以上の事柄から、今までの帝国軍人に見られた“単純な軍拡主義者”とも、“立身出世だけを望む俗物とも簡単に片付けられない、複雑怪奇な面も持ち合わせ、その腹の底はまるで深淵のように計り知れない……と思われたが、メルビル及びランドの離脱、オメガレックスの喪失等の不利が続いてヤケになったか、元々それが本心だったかゼログライジスの圧倒的な力を目にして、「メルビル無き今、わたしこそ真帝国の皇帝だ!!(要約)」と叫ぶ等、これまで以上に感情的で身勝手な言動に走っている(流石のスピーゲルもこれには呆れたような表情を見せており、以後は彼に対する態度が露骨に変化している)。

しかし、上記の通り過去は「先代皇帝とその時分の雄々しい帝国に憧れ、帝国軍人になった(要約)」とする真っ当な帝国軍人であり、その深層はアルドリッジと同じである。

だが、耐Bスーツなしのゾイドの搭乗に有り得ない程に狼狽する、イレクトラに操られるゾイドの攻撃に、自身が搭乗するファングタイガーが耐えた時は大声で喜ぶ、スピーゲルに「何時もの悪知恵を(以下省略)」と言われ「悪知恵だとっ!?」と憤慨する等、イレクトラの裏切り以降は、キャラ崩壊が起こったようにも見えないでもない。

余談

堀内氏は『ゾイド-ZOIDS-』でムンベイの元恋人のマクマーンを演じている。

彼自身のゾイドライダーとしての実力は不明だが、准将の地位に至る過程が戦績や武功ではなく、政治的な権謀術数によるものだとしたら、丁度ギレル中尉と真逆の人物造形の存在となる。
但し、上記の通りキルサイスやファングタイガーを操れる事実から、ライダーとしてそれなりの技量を有していると思われるが、寄る年波のせいか耐Bスーツがないと被弾時等の反動に体が保たないようである(まぁ、当然であるが)。

関連タグ

ゾイドワイルドZERO 帝国軍(ゾイドワイルドZERO)
キャビアトリュフ前作における似たような性格をした悪役かつ策士。但し、彼等はシーガルと違い、一応は現場に出ていた等の相違点がある。

外道 吐き気を催す邪悪 小悪党

ギュンター・プロイツェン:但し、アニメ版に限定する。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジョナサン・シーガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6900

コメント