ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:速水奨

概要

髪が灰色で穏やかな顔付きをした帝国軍准将で、帝国軍所属のギレル中尉達を統括する立場に当たる。
年齢または後述の持病の件からか、前線からは引退したようだが、かつては飛行ゾイドに搭乗した(と思われる)凄腕のゾイドライダーで、傲慢かつ上司さえ見下すギレルが唯一尊敬する人物である。
更に、ギレルの口からかつては『黒い荒鷲』の異名を持ち、共和国軍に恐れられた歴戦の勇士であると同時に、命令違反の常習犯(それで昇進が遅れた)と、今のギレルを彷彿させる経歴を持った人物と判明、ギレルの事を気に掛けているのは、かつての自分と照らし合わせていたのかもしれない。

そして、帝国最重要プロジェクトである『ジェノスピノ復活プロジェクト』の重要人物でもあり、最重要ゾイドのジェノスピノのゾイドライダーにギレルを推薦、持病が悪化して倒れた後には、ギレルにジェノスピノを『戦争の抑止力となって平和を齎す使者』と信じている事を口にするが、そのゾイドの完全復活を目前に容態が急変、志し半ばで逝去してしまう……。

上記のプロジェクトは、シーガル准将が後任として受け持つ事になったが、シーガルは生前の彼を忌々しく思っていたのか、アルドリッジ少佐が搭乗するジェノスピノの共和国襲撃を計画、自らの関与を否定させる為、「ジェノスピノを暴走させた反逆者」として仕立て上げられてしまった……

しかし、生前の彼の人格者ぶりは、敵対している共和国にも知れ渡っていたようで、コリンズの汚名を灌ぎたいギレルが、ディアス中佐の許へ(自身のスナイプテラを彼に借用させる為に)投降した際、ジェノスピノの侵攻がシーガルの謀略だと聞いたディアス中佐が「やはりか」と納得していた程だった。

その後、ジェノスピノは共和国首都ネオヘリックの直前でレオや共和国軍、そして帝国軍の協力者の決死の戦闘により機能を停止。
協力者の証言により、シーガルが黒幕である事、そして彼の証言通りコクピットに乗っていたのは別人である事が判明。彼の話は真実であると証明され、コリンズの汚名は晴らされた。

余談

上記のゾイドを「戦争の抑止力」と呼んでいる事から、今まで出てきた帝国軍人達のような単純な軍拡主義者ではなく、「圧倒的な力で相手の戦意を消失させる」と言うスタンスを持っていたと思われる(とは言え、その考えも突き詰めれば痛い目に遭いたくなければ、こちらの言う事を聞けに過ぎないが)。
准将と言う立場であるものの、過去の経歴が原因で派閥としては脆弱なのか、あるいは彼が推薦していたギレルの人望の無さからか、自身の死後ギレルへの推薦を容易く揉み消されてしまった。

公式Twitterで公開されたシーガル准将の情報で「病に倒れたコリンズ准将」と記載されており、劇中で彼が息を引き取るシーンが描写されていない為、一部視聴者の間では「実は監禁されているのでは?」等の考察があったが、シーガルの口から「コリンズが死んでくれたお陰で(中略)」と発せられた上に、彼の亡骸を眠る墓標まで描かれた為に、残念ながら彼の死が確定してしまった。


関連タグ

ゾイドワイルドZERO 帝国軍(ゾイドワイルドZERO)
ジェミー・ヘメロス…荒鷲として先輩。平和主義なのも似ている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「コリンズ准将」の小説を見る

コメント