ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:増田俊樹

概要

本名はクリストファー・ギレル
目つきが鋭い帝国軍所属の軍人で、搭乗ゾイドは赤いスナイプテラ
単体で一師団を壊滅させる実力を誇る帝国軍のエースで、共和国軍の一師団を壊滅させた際に、夕焼けに佇むスナイプテラが真っ赤な血に染まったように見えた事から『赤き死神』と言う異名が付けられる事になる。

性格

一言で表すなら傲岸不遜そのもの
軍人である為、表面上こそは礼節を弁えてはいるものの、上記の類まれなる能力と、自身の実力に対する絶対的な自信からなる高いプライドを持っており、それ故に傲慢かつ自己中心的な物言いをする事が多い。
又、協力者のフランク・ランドから学の浅さを指摘された際には、聞き入れつつも愚痴を漏らす等、他者への配慮・協調性が著しく欠ける言動を多々見せる。

本編前から軍内部で色々と問題を起こしているらしく、劇中で

  • 自身より能力が劣る相手を平然と見下す
(格下のリュック隊長を(当人が居ない場とは言え)明らかに愚弄する)
  • 自身が礼するに値しないと思えば、例え階級が上であっても格下と見なす
(上司であるアルドリッジ少佐に対しても慇懃無礼に見下す)
  • 本編以前の過去にて無能と判断した上官を相手に(相手が先に手を出したとは言え)暴力沙汰を起こした」事で、上記の件を注意された際はあろう事か「殴りましたが1発ではなく2発です」と、自身の印象を悪くする訂正を臆面もなく言う始末(いかに事情があったとは言え、基本このような態度は軍人としては言語道断であり、彼一個人として見ても余程の事情がない限りは擁護も難しい)。

等と言った事が判明している。(本編以前から起こしているであろう、諸問題も含めれば相当な問題児である)
正直、これだけの事を起こせば良くても降格、悪ければ除隊処分されても不思議ではない

彼の上記の行動を客観的に捉えると、『個に依存した武力を尊ぶ偏った考え』を起因にしているように見え、それ故に軍人に必要な資質である集団的かつ大局的な視野及び、最低限の政治的な駆け引きへの意識が多分に欠けており、コリンズ准将の死後その後任に就いた、シーガル准将の謀略に為す術もなく翻弄されてしまうと、戦場以外では無能……は言い過ぎでも、お世辞にも誉められるべき要素が極めて少ない(後述のディアス中佐に頼る行為も、客観的に見れば帝国への裏切りそのものでしかなく、そのような行為を安易に選ぶ辺り、彼の政治絡みの才覚の無さを端的に示している)。

このように、軍人として見ると非常に問題のある難物であるが、その一方「一度自身が認めた相手に対しては敵味方問わず敬意を示す」、以外な一面を持つ。

特に、かつて共和国から「黒い荒鷲」と称されたコリンズ准将に対しては、多数居る帝国軍人の中でも、数少なく尊敬する人物と認識しており、
  • 彼から窘められると(多少は自分の意見を述べるも)それ以上の反論せず素直に謝罪する
  • 彼が持病で倒れた時は命令違反を咎められる覚悟で駆け付けては心配する
等と、上記の傲岸不遜の問題児からは、想像が出来ない程に尊敬している(現場での上司であるアルドリッジ少佐とは雲泥の差である)
コリンズ自身もかつての自分と今のギレルを重ねているのか、何かとトラブルを起こすギレルを多少諌めつつも軍人として評価しており、後にある最重要ゾイドのゾイドライダーに推薦される事になる。

他には、戦場で長きに渡って戦い続け、1度自身のスナイプテラに傷を付けた事のあるディアス中佐対しては、(一度も生身では会っていないにも関わらず)敵である共和国の軍人でありながらもコリンズ准将と同じく尊敬している
どれ程かと言うと、後述の事件で尊敬するコリンズ准将の汚名を晴らす為とは言え、本来味方である帝国では無く、敵であるディアス中佐に迷う事なく頼った程

他にも、下記の理由でジェノスピノの懐に飛び込む作戦を聞いた際にも「無謀でしかないが、ライガーのパイロットが自身と戦ったレオならば可能だ(意訳)」とレオの実力を信用していたり、脱走兵のバーン・ブラッドに対しても「優秀なライダーの情報は勝手に入ってくる」とした上で「お前の脱走は帝国にとって大きな損失だ」と、バーンの嘗ての上司と同様の評価している。

尚、彼が劇中で尊敬していると語った上記の二人は、能力もさる事ながら客観的に見ても人格的に尊敬出来る人物であり(コリンズ准将は共和国にも知られる程の穏健派、ディアス中佐はいわずもながら)、逆に彼が軽蔑しているアルドリッジ少佐やシーガル准将等は、お世辞にも尊敬出来る存在とは言い難く、軍人としては問題だがそう言った面に限っては、ギレル中尉は(結果論ではあるが)「人を見る目」自体は優秀であると言える(但し、既に延べている通り、ギレル自身も尊敬出来る存在とは言い難いが)。

更に、(一部を除いての)上司への態度こそ問題ながらも、意外にも軍の命令や任務自体には忠実に従っており、後述するシーガルの野望を止める為に共和国の捕虜となった際にも、ジェノスピノを止める為の情報しか提供しておらず、ジェノスピノ撃破後も(理由があったとは言え)帝国に処罰されると分かった上で帝国に帰る選択を取る等、帝国と言う国に対して非常に高い忠誠心や帰属意識を持っている

このように兵士としての能力自体は非常に優秀であり、同時に彼自身帝国に対し高い忠誠心を持っているのも事実である為、現在進行形で共和国と戦争中である帝国としては、貴重な戦力であるが故に如何に問題があっても切り捨てる事が出来ず、軍としては非常に扱いに困る人物でもある。

以上の事から彼を総合的に表すると、規律や規則を厳守する一介の軍人としては非常に問題があるものの、忠誠心や実力から一人の戦士としては優秀と言える為、良くも悪くも厄介者である。

劇中の活躍

初登場は第3話「飛べないライオン」より。
帝国の演習海域に誤って入ってしまったレオ達の頭上を、スナイプテラに乗りながら登場。
その後とある理由によりレオ達を拘束するべくビーストライガーと対峙した際は、スナイプテラの性能と自らの実力によってビーストライガーを圧倒。
共和国の横やりによって惜しくも捕え損なうも、レオとビーストライガーに初黒星を付ける

その後第6話にてジェノスピノの発掘護衛中に、再びレオ達と遭遇。
その後は戦闘になるが、この戦いでも見事勝利を収め、更に偶然にもビーストライガーを鹵獲する大金星を上げる(もっとも、次の第7話で自身が別の基地に移動した隙に、レオ達に奪還されてしまったが)。

その後、第9話では仲間の信号によりレオ達の居る、古い航空母艦へ向かい3度目の戦闘に。
その際もレオのビーストライガーを徹底的に追い詰めるも、レオ達の策に嵌った結果スナイプテラが損傷し撤退せざるを得なくなり、始めて黒星を付けられる。
だが、レオが上記の通り自身を追い詰めた際、自身の戦績を傷付けられた怒りや、格下と思っていた相手に返り討ちにされた戸惑い以上に、新たな好敵手が増えた事に歓喜の笑いを上げていた

そして、第11話にて遂にジェノスピノの最後のパーツが発見
ジェノスピノにより起きた思わぬ事故や、それに伴った共和国やレオ達との熾烈な争奪戦と言ったハプニングがあったものの、それらをものともせずに最後のパーツの回収を成功させ、遂に念願のジェノスピノ復活を果たした

ジェノスピノの復活を大いに喜ぶギレルであったが、ジェノスピノ復活の直前で自身が尊敬する数少ない人物である、コリンズ准将が病死したと言う信じ難い報告を受ける
更に、コリンズ准将の後釜となったシーガル准将の策略によって、自身が乗るはずだったジェノスピノのライダーの座を、よりにもよって(あくまでギレルの目から見てだが)自身より能力の劣っているアルドリッジ少佐に奪われると言う屈辱を受けた。

ジェノスピノの件は軍からの命令と言う事もあって、当初こそは大人しく従ったが、シーガル准将は本来戦争の抑止力とするはずだったジェノスピノを、あろう事か実戦に投入し共和国に進攻
挙句の果てにはコリンズ准将が死んだ事を良い事に、その行為を「好戦的で危険な思想を持つコリンズの独断」として、でっち上げられ自らの恩師が汚名を被せられてしまう

自らに屈辱を与えるばかりか、恩師であるコリンズ准将の思いを踏み躙り、あまつさえそれに泥を塗るシーガル准将の暴挙に、遂に堪忍袋の緒が切れたギレルは、1度コリンズ准将の墓参りを済ませた後に、共和国の陣地に独断で向かい自らの意思で投降し捕虜になった
コリンズ准将の汚名を晴らし共和国進攻を阻止する為、陣地に居たディアス中佐に今回の事件の真相とジェノスピノの弱点を伝えると共に、自身が乗ってきたスナイプテラを、捕虜から入手した鹵獲機として提供した

スチールエリアでのジェノスピノとレオ達の決戦では、ジェノスピノのゾイドコア破壊の為に持っていたデータを提供する等の、間接的なサポートを行い、更に作戦の大詰めでは(恐らくディアス中佐から借り受けたと思われる)キャタルガに乗って参戦。
ワイルドブラストを発動し、レオがジェノスピノの懐に入る為のビルを倒し、ライジングライガーがジェノスピノのゾイドコアを貫く一助となった。
決戦後、初めて生身であったレオ達と穏やかに談笑した後、半ば利敵行為同然の事をしてしまった事から、帝国に戻った後の身の振り方を慮ったディアスに共和国への勧誘を受けるも、自分は飽くまで帝国に忠誠を誓っている為これを断る。
そしてディアス中佐達に敬礼後、スナイプテラを返還され帝国へと帰還していった。

帝国に帰還したギレルは、敬愛するコリンズ准将の汚名を灌いだ事の報告をしに、彼が眠る墓標に来たがそこでランド博士と遭遇する。
ジェノスピノの発掘に協力したコリンズが死亡するや否や、シーガルに鞍替えしたランド博士の言動に怒りを覚えたギレルは、この場から去るように一喝したのだった。

余談

最初期から情報公開された軍所属の人物では、唯一名前と使用するゾイド以外の情報が公開され、更に帝国サイドで初めて担当声優が発表、フルネームも放送開始前から判明している人物である(但し、劇中ではまだフルネームは出ていない)。
OPではディアス中佐との間で、何らかの関係があると思わせるシーンがあるが、前述の件による物と判明する。

レオとの戦闘では2連勝しており、異名に恥じない実力を見せたが、実際の所「『射撃主体の空戦機』対『格闘限定の陸戦機』と、そもそも主戦場と主力武器が違う=相手の頭上からの攻撃が容易なスナイプテラが基本的に有利」な事を考慮すると、純粋に彼の実力なのかは少々の疑いが残る(シールドライガーVSセイバータイガーのようだったら、疑いを挟む余地はほぼなかった)。

ジェノスピノ撃破の為に捕虜となったものの、その際にもアルドリッジ少佐を扱き下ろす、ディアス中佐の腕を信頼しつつも「自分が乗ったジェノスピノには勝てない」と豪語する等、TPOを弁えずに「自分が誰よりも優れている」アピールを忘れなかったのは残念と言わざるを得ない

ジェノスピノ撃破後、レオ達と朗らかに談笑する様子は、今までの傲慢さを全く感じさせない、至って普通の好青年だった為、一部の視聴者から「違和感を覚えて仕方がない」と戸惑われている。


関連タグ

ゾイドワイルドZERO 帝国軍(ゾイドワイルドZERO)

フェルミ:搭乗ゾイドがプテラノドン型である悪役。ギレルとは似て非なる自己中心的な行動が目立っていた。


リョウ・ルーツ:問題が多い言動が目立つ軍人繋がり。但し、こちらは後に全うな軍人になる。

ギム・ギンガナム:『与えられた職分よりも、己の闘争本能を満たす事への興味が強過ぎる戦闘狂』繋がり、但し、こちらは敬愛すべき存在に自分達の職分を否定された故の暴走でもある。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギレル中尉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4023

コメント