ピクシブ百科事典

スピノサパー

すぴのさぱー

スピノサパーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。アメリカのハズブロ社から発売された際には「スピノスナッパー」という呼称が与えられている。
目次[非表示]

スペック

機体名スピノサパー
番号RZ-043(新)
所属ヘリック共和国(バトルストーリー)
分類スピノサウルス
全長11.5m
全高6.8m
重量23.0t
最高速度105.0km/h
乗員人数1名
武装
  • ストライククローx2
  • 88mmパルスレーザーガン
  • 180mmマルチプルランチャー
  • 115mmマシンガン
  • マルチプルオペレーションアームx2
  • レーザーチェーンソーx2
  • レーザーエクスカベイター(レーザーチェーンソーと互換)
  • 4連装インパクトビームキャノン(同上)


概要

ヘリック共和国軍が開発したスピノサウルス型ゾイドで、サイズは小型ゾイドクラスに相当。ネオゼネバス帝国のスピノサウルス型ゾイド・ダークスパイナーとは違い、前傾姿勢ではなく直立型の姿勢となっている。

ガイロス帝国軍の本拠地が存在するニクス大陸の険しい地形を切り開き、友軍の進軍を助ける為にヘリック共和国技術部が開発したゾイド史上初の戦闘工兵用ゾイドであり、スピノサウルスの特徴である背中の帆は展開式のチェーンソーになっている。

更に背中にマルチオペレーションアームという機構を持ち、専用装備を自在に換装できる事が最大の特徴である。先述したレーザーチェーンソーの他にも、シールド型ドリルといった工具を状況によって換装する事で様々な任務に対応することが出来る。戦闘能力も高く、各部に様々な射撃武装を備えているほか近接戦闘においても小型ゾイド同士の戦闘であれば後れを取ることはない。

バリエーションとして、工具の代わりに展開式の4連装インパクトビームキャノンを装備した砲撃戦仕様のスピノサパー4連キャノンがあり、味方の進撃ルートを確保した後にこの装備に換装して友軍をサポートする。この形態は主に対空攻撃に用いられる事が多く、ユニットの中央部にある自動照準機能付きの複合センサーで複数の敵機を捕捉して各砲身の射角を変えた一斉射撃を行う事が可能。

アニメにて

ワンドロ的なもの。その3


ゾイド新世紀スラッシュゼロ』第14話にて初登場。
神出鬼没の「ノコギリ男」を騙った強盗団が駆る機体として複数のスピノサパーが登場し、リノンを含む周辺の人々に恐怖を植え付けた。当然ながら、犯行に使われた凶器はレーザーチェーンソーである。
キャラクター性のモデルは13日の金曜日エルム街の悪夢のあいつら。

事件の真相に逆上したリノンや駆け付けたビットらにより5体すべてが撃破されたはずであったが、いないはずの白い6体目のスピノサパーと、その足元にいた少女がリノンに目撃された。
しかし、リノン以外にそれらを見た者は居らず、真相は藪の中である…

当回はシリーズ屈指のホラー&オカルト回でもあり、同じ幽霊にまつわる話でも、前作ハンマーヘッドの初登場回と「今作における最後の対戦相手と同じ声を持つ少年」とヘルキャットの霊魂の話とはかなり毛色が異なる。

バトルストーリーにて

ZAC2101年1月、共和国軍が駐留する西方大陸(北エウロペ大陸)のニクシー基地がガイロス帝国のモビーディック(ホエールキングの高高度飛行タイプ)から発艦した無人機仕様のザバットによる空襲を受けた際に4連装インパクトカノンを装備して迎撃にあたった。また、同年10月のニクス大陸における戦闘ではイグアンと交戦した場面も確認されている。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 スピノサウルス 工兵

関連記事

親記事

ヘリック共和国 へりっくきょうわこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スピノサパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1895

コメント